高校入試のはじめの一歩。単語+計算+漢字

自宅ちゃんが高校に入ってはじめての年末、ということで、大掃除をしながら教材の処分などもしています。

学院長は教材マニアなため、あらゆるジャンルの膨大な教材の在庫があり、一部は転売などもしようかと思いますが(貴重な古い過去問など)、面倒くさいので順次捨てていこうと思っています。

そんな中でも、紹介する意義のあるものは写真を撮ってブログに掲載してみようかな、なんて思ってこの記事を書いている次第です。

今日は、「高校入試のはじめの一歩」と第して、英単語と計算(一行題)、それに漢字のドリルはどんなものを使っていたのかを紹介します。
[Read more…]

中学受験産業の源流

この写真は、都内某所に保管されている解体新書です(たぶんこれは展示用のレプリカで、モノホンはもっと厳重に保管されているのだと思いますが)。この解体新書によって、それまで医師のカンやコツ、経験といったものに依存していた日本の医学は一気に進化していきます。

中学受験を考えるときに、「私立の中高一貫校は”中学受験産業”の上に乗っかって存在している」という事実を忘れてはなりません。一部の名門校を除いては、「中学受験産業」がなければ私立中学は存在し得ないし、その逆もまた真です。賛否はともかく、文科省の決めた学習指導要領とは別の枠組みの「教育みたいなもの」が存在しています。

話を解体新書に戻しますが、解体新書によって医術は医学となりました。いまでは日本のどこに行っても標準的な医療サービスが施されますが、その源流は解体新書にあるでしょう。中学受験も同じです。日本のどこに行っても、標準的なカリキュラムが存在し、標準的な「教育みたいなサービス」が受けられますが、その源流はどこにあるでしょうか。

それは四谷大塚の「予習シリーズ」です。

中学受験産業の勃興は昭和30年台にさかのぼります。昭和20年台後半に日進(日本進学教室)が小学6年生向けのテスト会として立ち上がったのが中学受験産業の嚆矢ですが、それを大きく発展させたのが、後発の四谷大塚でした。

昭和29年の設立当初の四谷大塚は日進の二番煎じでしたが、昭和30年台前半に転機が訪れます。四谷大塚の日曜テストの上位を品川区の「大井第一小学校」の生徒が独占するという現象が現れたのです。

その背景には、同小学校の教師、迫田文雄(敬称略)の存在がありました。

迫田は公立小学校の教師でありながら私塾を開き、また、驚くべきことに当時の大井第一小学校の彼のクラスの授業は、すべて中学受験を軸に進められていたと言います(大井第一小学校の同窓会報で確認)。

この現象に注目した四谷大塚は迫田を教務部長としてスカウト。そして彼を中心に昭和35年(1960年)に「予習シリーズ」を完成させます。

中学受験を目的にカリキュラムを整理してまとめあげたテキストの誕生です。

金持ちだったり勉強が特別できるという「特殊な6年生」が受けるテスト会、という中学受験のありようを、5年生からの2年間で誰でも結果を出せる中学受験産業という姿に前進させたのは、まさにこの予習シリーズの完成がそのはじまりでした。

どうしてこんな、大河ドラマみたいな話を書いているかというと、現在も書店で販売されている市販教材には、いまだにこの予習シリーズの影響を色濃く残しているものが存在するからです(今や古くて見向きもされないような部類に属するとしても)。いいか悪いかは個別の判断に任せますが、学院長は、そうした広義の「予習シリーズファミリー」こそが、中学受験テキストの王道だと考えているわけです。

断言しますけれど、「中学受験は新傾向問題に合わせた柔軟なカリキュラムや教材が大切」とった言説を目にしたら、それは塾から金をもらっているヤツと思って間違いありません。

というわけで話は、迫田が四谷大塚を退職して昭和50年代に立ち上げた塾である秀優舎、そして迫田が学研と作った「応用自在シリーズ」について進んでいきたいのですが、まぁいつ書けるかな。

学院長ブログは、こんな記事を書くためにいちいち解体新書の写真を撮りに行ったりしているので、恐ろしく手間と時間がかかるのですよ。

というわけで続きます。

参考書・問題集の選び方 – 1

本題に入る前に、バックグラウンドとなる考え方について書きます。まず、少し長いですが、引用します。

それで、中学でプレスリーに狂う。レコード全部集めてね。歌詞覚えて、飽きたから、作曲家別リスト作ったの。(中略)で、リーバー&ストーラー、こいつら「監獄ロック」「ハウンド・ドッグ」「冷たい女」――いい曲作るわけ。と、63年、新曲「ボサノバ・ベイビー」出たでしょ? レコード屋行く……シングルを見る……リーバー&ストーラーって書いてある。これはぜったいいい曲だ!(笑)ハズレなかったよ。一挙にそっちの世界へ言っちゃったんだね。

あと、なんといってもニール・セダカだね。あのとき、いい曲――「悲しき慕情」とか「かわいいあの娘」なんか見ると、作者”セダカ/グリーンフィールド”のあとに”アルドン”って書いてあるのよ。出版会社の名前。で、「ロコモーション」見ると”ゴーフィン/キング、アルドン”。「恋はボサノバ」見ると”マン/ウェイル、アルドン”。なーんかあるぞ、と思ったの。で、今度は出版社!(笑)出版社で曲を見る。アルドン系――あ、これはいい曲だってね。これもハズレなかった。

引用元:宝島1981年7月号、大滝詠一ロングインタビュー「ポップスは天然色」

このサイトに迷い込んだ方々へ

時は流れて2017年。このサイトは2~3年以上も放置状態となっておりますが、どこで見つけたのか、日々、多くの方にアクセスしていただいているようです。やはり中学受験の親御さんは迷える子羊なのですね。というわけで、未更新記録更新中でごめんなさい、の意味も込めて、現況についてメモっておきます。学院長の近況報告も兼ねて。
[Read more…]

2015年度、サピックスの圧倒的な合格実績

リゾート学院の生徒も無事に2015年2月の入試を突破し、去る3月上旬には都内某所で「今宵限りのリゾート学院ライブ!」が開催されました。このサイトでは、そのライブ講演の内容を元にしたコンテンツを順次掲載していく予定です。
[Read more…]

「朝セット」と6年後期の時間割

リゾート学院は開校7年目になり、学習メソッドもかなり安定しています。今日はその概要として「朝セット」とは何か、そして6年生後期の時間の使い方について説明します。
[Read more…]

大手の模擬試験は前日申込で

9月から12月にかけては、大手塾主催の模擬試験が月イチペースで開催されます。リゾート学院では難関校にフォーカスしているので、ここで取り扱うのは、サピックス、日能研、四谷大塚の3つです。
[Read more…]

過去問管理の具体的な方法

9月以降の学習のメインとなるのは過去問です。過去問に関してはいろいろな考え方があり、宗教戦争のようなもので正解はありませんが、リゾート学院の考え方は「9月以降の学習はすべて過去問」というかなり割り切ったシンプルなものです。
[Read more…]

リゾート学院の夏期講習(算数)

早いもので夏休みもこの週末で終わりです。リゾート学院の夏期講習も終わるわけですが、今年の生徒にはまったく指導をしませんでした。果たして秋以降、大丈夫なんでしょうかね。ともあれ、算数の夏期課題について今日はお話しましょう。
[Read more…]

リゾート学院の夏期講習(国語)

リゾート学院では伝統的に国語に力を入れていません。理由はいくつかありますが、そもそも学院では学習がすべて自習ですから、ある程度の国語力があるというのが前提になっているという、構造的な理由が大きいです。
[Read more…]