伊豆スカイライン、玄岳インターチェンジの話をもう少ししたいと思う。この写真はその玄岳インター近くの景色である。秋も深まったこの時期の様子だが、それなりにリゾート感のある風景ではないか。この池は「氷ヶ池」、そして右奥に見えるのが、かつての玄岳ドライブインである。

ここに見える景色の中に、今を去ること45年前、草原には観光牧場が広がり、池ではボート遊びができたと聞いたら、驚くのではないだろうか。

今では廃墟となったこのドライブインは、かつてロープウェイの駅であった。ここは熱海からロープウェイでアクセスできる「高原」の観光地だったのだ。

ロープウェイはどこから伸びていたのだろう。話がややこしくてマニア向けだがご容赦いただきたい。

星野リゾートが「リゾナーレ熱海」として営業しているホテルは、かつて「あたみ百万石」という総スイート仕様のバブリーなホテルだった。そのホテルは「熱海サボテン公園」という施設の跡地に立ったのだが、そのサボテン公園とこの玄岳ドライブインを結んでいたのが「熱海高原ロープウェイ」であった。

クルマで熱海新道を通ってみればわかるが、実にスケールが大きい。比較のためにデータを現在の北八ヶ岳ロープウェイ(旧ピラタス蓼科ロープウェイ。以下ピラタスと呼称)と比べてみよう。

ピラタスの全長は約2215メートル、高低差約466メートルだ。対する熱海高原ロープウェイは、全長が約2678メートル、高低差約375mであったという。ピラタスと同じか、またはそれ以上のスケールであり、その巨大さがわかるだろう。しかも、ピラタスは現在でこそ101人乗りだが、1992年以前は40人乗りだった。対する熱海高原ロープウェイは、オープン当時世界最大の定員121名だったというのだ。なんという夢のある話だろう。

そんな世界最大級のロープウェイを掛けてこの地を「熱海高原」として売りだそうとしたのは、熱海でお土産物を販売していた「みその商店」というお店だったという。当時の伊豆箱根における開発ブームのすさまじさや、熱気が伝わってくるではないか。

1967年に開業したこのロープウェイだが、巨額投資が仇となってわずか3年で運行を休止した。玄岳ドライブインは2004年ごろまでは営業していたようだが、現在は廃墟となっており、廃墟マニアの定番スポットとなっている。

エクシブ伊豆に伊豆スカイライン経由で行くことがあったら、きっとこの特徴的な建物が目に入るだろう。そんなとき、近くにあるパーキングにクルマを止めて、草原越しにこの氷ヶ池や遠くに見える富士山を眺めて、50年前の人々が「幻のロープウェイ」に見た夢を重ねあわせてみてほしい。

4 コメント

  1. resortboyさん、皆さん、こんばんは。

    HVC天城高原の大浴場から見る朝の富士山、夜の熱海や沼津の夜景、伊豆の真ん中の高台に佇んで見る美しい景色に魅せられ、何度も通いましたが、その途中で休憩に立ち寄ったのが、ここ「玄岳ドライブイン」でした。その後、閉鎖されているのを見た時には、寂しかったし、でも、そもそも「ドライブイン」という言葉自体が死語になりつつある現在、仕方がないものと諦めたものです。

    私は廃墟マニアではありませんが、廃墟は、かっての栄華やロマンの残骸であることが多いため、過去のリゾートを振り返って妄想する際に、避けて通れるものでなく、ちょっと気持ちが悪い場合もありますが、サイト「廃墟検索地図」は、お気に入りの中で、頻繁に使用させてもらっています。
    玄岳ドライブインは、伊豆スカイラインを通る人々にとって、誰の目にも飛び込んでくる建物にて、まさに廃墟の定番スポットになっていて、ググれば容易に多数ヒットしますが、ありそうでなかなか、熱海ロープウェイの全貌を記すサイトは出てこないのですが、2005年から昨年2011年の6年の歳月をかけ、合計37回もの記事で、大反響を呼んだブログがありますので、リンクさせてもらいますから、ご興味の在る方はご覧ください。
    <あのコルトを狙え>最新記事
    http://blog.goo.ne.jp/saiun4gou/c/34a7e95228771dd2f291f0ae04824bca
    (右のカテゴリ分けから入ると、「熱海ロープウェイ」から、全部の記事を読めます。世の中には、探究心あふれる上に、
    こうして、ブログの記事にまとめるという、すごい人がいるものだと感心します。)

    なお、ロープウェイ始発は、かっての熱海サボテン公園、現在のリゾナーレ熱海のところになるわけですが、この部分の
    開発については、いつか、私が語る時が来るのかも知れません?(爆)

  2. ずきさんすさん好みの話題でしたね(^^) 「あのコルトを狙え」は僕も愛読していて、いつかこの記事のような写真を撮りに行きたいと思っていたんです。このサイトを運営していた彩雲さんは、現在、ブログを休止されていますが、復活を心待ちにしています。

    僕も廃墟ファンではぜんぜんないのですが、リゾートホテルなんていう廃墟予備軍をネタにしているので、どうしても避けては通れません。最近記事にした、熱海新道や玄岳のあたりは「今、ここにある未来」という感じで味わい深いです。

  3. はじめまして。
    小生のブログを取り上げて頂き光栄です(汗)
    何気に「熱海高原ロープウェイ」で検索していたら辿り着きました。

    「幻のロープウェイ」いい言葉ですね♪
    動いている動画を見てみたいです。

  4. 彩雲4号さん、はじめまして。コメントいただけて光栄です。ブログ再開されたんですね。これからも、愛読させていただきます!

    ブログ再開のお祝いに、幻のロープウェイに乗りながら富士山を望む、ってなイメージの1枚を。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here