ホーム エクシブ初島クラブ

エクシブ初島クラブ

2,100円でセグウェイ体験

写真はワイキキのクヒオ通りでの1枚ですが、今日はハワイの話ではありません。エクシブ初島クラブのグラウンド「フィールド」で、セグウェイ体験が明日20日からはじまります。料金は2,100円とお手ごろ価格です。

ビールが一番おいしい場所

昨日6月30日から、エクシブ初島クラブの夏がはじまった。例年通り、6月の最後の週末から屋外プールがオープンしたのである。残念ながら初島クラブのプールにはビーチバーはないけれども、お腹を空かせて前半回の翆陽へと行こう。西陽が落ちれば、1日で一番、海がきれいな時間だ。

夏休みのランチ事情

グランドエクシブ初島クラブのロビーには、こんなふうにランチのお知らせが並んでいる。左がロビー下階の「オセアノ」、真ん中が最上階の「翆陽」、右がバスで行く海沿いの「ポルト」の案内である。

初島アドベンチャーSARUTOBI(サルトビ)

明日から海の日の3連休。エクシブきっての海のリゾート、エクシブ初島クラブに行かれる方も多いだろう。そこで昨年の夏にオープンしたアトラクション施設「初島アドベンチャーSARUTOBI(サルトビ)」をご紹介しておこう。

4~7月の平日は全タイプRC差額なし

前回の記事では、少々セコい初島クラブの活用について触れてみたが、別にお部屋でしみじみとコンビニ食をいただかなくても、正攻法にお得なプラン情報が飛び込んできた。4~7月のエクシブ初島クラブでは、平日はプラン利用で全タイプルームチャージ差額なしである。

桜SAKURAプラン

エクシブを利用するようになって今年で7年目になるが、まだまだ知らないことがあると思わされた。皆さんご存知のある掲示板で知ったのだが、オーナーまたは配偶者が1人でプランを利用する場合、スタンダードグレードならいつでもルームチャージ差額なしだと思っていたが、そうでないケースがあるのだという。

大晦日、恐怖の館内放送とその顛末

前回の記事に続いて、大晦日のエクシブ初島クラブの話をしよう。実は僕は「大晦日アウト」だったのである。ここ数年、エクシブで年越しをしてから高速を飛ばして帰京し、親族が集まる新年会に夕方から参加しているのだが、今年は会には朝から出て、夕方には引き上げようということにしていたのだ。

波乱の年越し

エクシブ初島クラブで何より恐ろしいのは「船が出ないこと」。なんと今年の年末年始は、大晦日と元日に低気圧の強風が初島を襲ったのだった。大晦日の熱海港にはイル・ド・バカンス2世号と3世号が並んで停泊。そう、よりによってこんな日に船が出ないのである。

熱海&初島 さがみ滞在プラン

エクシブ初島クラブから季刊誌が届いて、この夏のプランの詳細が明らかになった。今日はその中で目を引いた「熱海&初島 さがみ滞在プラン」について紹介する。1泊目はリゾーピア熱海、2泊目に初島クラブに宿泊する連泊プランである。

ランチ半額券で飲茶セット

エクシブ初島クラブでは、オーナーに「ランチ半額券」を出してくれる。これは初島クラブのオーナーでなくても、どのエクシブを所有していても発行される。これを使うとその名の通り、滞在中一回のみだが、ランチが半額になる(ただし飲み物は対象外)。

お部屋で眺める夕焼け

エクシブ初島クラブ、熱海棟6階のお部屋から夕焼けを眺める。エクシブにはいろいろな楽しみがあるけれど、お部屋からの景色が最高!という点では、関東圏のエクシブでは初島クラブに勝るものはないだろう。海と夕陽に抱かれて缶ビールを傾けるひと時は、まさに至福である。

「お魚くわえたドラ猫」の撮影術

エクシブ初島クラブに向かう送迎バスを港で待つ間に、ついにその姿に遭遇した。反射的にサザエさんのテーマがアタマの中で鳴り響き、カメラを構えてシャッターを切った。もう少しマシな構図も取りたかったが、近くにいたエクシブのお姉さんがケータイを構えて脱兎のごとく猫を追いかけていったので、ぴゅーっと逃げていってしまい、この1枚しかシャッターを切れていない。

プールの見える部屋

エクシブ初島クラブのガーデンプールの今年の営業期間は6月28日(土)から9月15日(月)までと、例年通りの期間設定だ。早くも夏本番という初島クラブだが、他のエクシブと違って、プールが見えるお部屋は驚くほど少ないことに気づく。

13時までお部屋を使う方法

エクシブのチェックアウト時間は一般に11時だが、初島クラブは例外的に一般客も12時となっている。オーナー特権で1時間の延長があるのは他のエクシブと同様で、オーナーであればお部屋は13時まで利用できる。たった1時間の違いだが、とてもゆとりを感じることができてありがたい。

金券ショップはワンダーランド

ある日の夕方、僕は新橋の駅前にいた。新橋を訪れるのは数年ぶり。目的は金券ショップをめぐって近況を探ることだった。新橋こそは金券ショップの聖地である。駅前のSL広場の横にある「ニュー新橋ビル」にはざっと10件ほどの金券ショップが入居しており、金券ワールドの奥深い世界を堪能できる。

朝焼けの初島

初島は周囲約4キロという小さな島で、巨大なリゾートホテルであるエクシブ初島クラブは島の3分の1ほどを占めている。熱海から伊東にかけて、国道135号線や伊豆スカイラインを走っていると、いくつか初島がきれいに見えるポイントがあって、つい足を止めてカメラを向けたくなる。

初島クラブでウィルコムが使える

多くの方にはどうでもいいニュースかと思うが、個人的には大ニュース。ついにエクシブ初島クラブでウィルコムが使えるようになった。たまたま今度行く予定のスキー場でウィルコムが使えるかを調べていたら、「エリア改善情報」のページで「エクシブ初島」の文字が僕の目に飛び込んできたのだ。

マリンスパあたみ

エクシブ初島クラブに向かう船が出る熱海港のそばにあるプール&温泉施設が「マリンスパあたみ」だ。流れるプールに本格的なウォータースライダー、25mのスイミングプール、眺めのいい屋上プール、水着で利用する健康温浴施設、それに大浴場とレストランを備える、大型のスパ施設である。

ウェルカムフルーツ

エクシブのスイート以上のグレードを利用すると、お部屋にはウェルカムフルーツがサービスされることがある。フルーツの内容はホテルによって異なり、りんごやバナナなどが丸ごと盛られていることが多いが、エクシブ初島クラブの場合は、写真のようにマリンリゾートらしく切り分けられた状態で用意される。

ファミリースプリングプラン

早いもので今週末あたりからはお子さんが春休み、というご家庭が多いだろう。春休みといえば、エクシブ初島クラブの「ファミリースプリングプラン」が思い出される。今年も3月17日から31日まで、土日も使えるプランとして設定されている。

初島からの富士

実は初島からは海越しに富士山を眺めることができる。夏場はどうしてもガスっぽくて見えないことが多いが、空気が澄んでいる冬場はかなりの確率で見ることができるだろう。

アジューロ

エクシブ初島クラブのディナーバイキング会場は、最上階にある「アジューロ」。やたらとお部屋が大きいエクシブ蓼科やエクシブ山中湖のコンベンションホールと比べると、こじんまりとした会場だ。

マリン&スノー

峠道に広がる雪渓。路肩にクルマを停めて、子どもたちとしばしの雪遊びを楽しむ。とはいえ、今日はそれが目的ではない。向かう先は海の向こうにぽっかりと浮かぶマリンリゾート、初島だ。

サンセットクルージング

エクシブ初島クラブでは、通年でクルージングプログラムを開催している。クルージングといえば、なんと言ってもロマンチックなサンセットクルージングに人気がある。料金は大人1名3,150円だ。

リゾートクリスマス

この週末、各地のエクシブではクリスマスイルミネーションの点灯を祝うイベントが開催された。これに引き続いて12月25日までは毎年恒例の「リゾートクリスマス」のシーズンとなり、各エクシブそれぞれに宿泊プランやイベントが催される。

Latest Stories

ヒルトン深圳蛇口南海のエグゼクティブラウンジ

ヒルトン深圳蛇口南海のエグゼクティラウンジについて紹介します。最上階の一つ下の15階にあって、とても眺めがよく、広々として開放的なラウンジです。チェックイン後のアフタヌーンティーと、カクテルタイム、そ...