中止になった修学旅行。代替の旅行を引率してきた

この連休は天候も良く、世界中で新型コロナウィルスの感染が深刻化する中、日本ではなぜか「大丈夫だろ」的な雰囲気が主体的になっていたような気がします。人のことは言えませんが、自分もこのチャンスを捕らえて…

エクシブ伊豆に見るレストラン運営の終着点

エクシブ伊豆は一番人気のないエクシブです。2018年4月から2019年3月までの1年間の室稼働率は30.6%で、エクシブやベイコートの中で最下位です。ちなみにブービー賞はエクシブ淡路島で、その次(下…

エクシブ伊豆の「和朝食ブッフェ」の問題点

エクシブ伊豆の応援記事を書いている中で、個人的に気になることがあって、問題点を指摘する記事を1回はさみたいと思います。それは日本料理レストラン「黒潮」で提供されている「和朝食ブッフェ」に関する個人的…

エクシブ伊豆応援企画 – 1 アクセス編

思うところあって、エクシブ伊豆の応援企画を何本か書いてみようと思います。「見捨てられたオールドエクシブ」の代表格とも言えるエクシブ伊豆ですが、腐ってもエクシブであり、ナントカは使いようというわけで、…

エクシブ伊豆で9,000円の2食付きプラン

エクシブ伊豆で明日19日から、9,000円の2食付きプランが登場します。夕食がステーキだけ(サラダ、スープ、ライス、コーヒー付き)という割り切ったメニューですが、悪くないと思います。このようなローエ…

エクシブ伊豆、30周年の現実

というわけで、あまり気が進みませんが、明らかになりつつあるエクシブ伊豆30周年のリニューアル内容について、現在わかっていることを、僕の取材内容に加えて、コメント欄でいただいた情報も加味してまとめてみ…

2017年末のエクシブ伊豆に思う

例年のように年末の休暇をエクシブ伊豆で過ごしました。1年ぶりの滞在となりましたが、いろいろと驚くことがありましたので、備忘録的に綴ってみたいと思います。

Goodbye ラペール

エクシブでは2017年の10月にコースメニューの改定が行われて、各レストランで洋食を中心に存在していたいわゆる「ショートコース」が一斉に廃止になりました。廃止時の価格は4,000円++(税サ別という…

ローエンド和食「凛」がよかった件

年末のエクシブ伊豆、日本料理「黒潮」でいただいたカジュアル料理「凛」のコースを紹介します。久々に美味しかったな、という印象を持ったコースでした。6,000円のローエンドコースで食材としては豪華ではあ…

エクシブ伊豆のお正月2017

2016年の年末は例年通りエクシブ伊豆に滞在しました。今年は曜日の関係で昨年より短く2泊3日でのステイとなりました。まずは例の件から報告します。

カジュアルコース 「ポムロール」

エクシブのレストランでは昨年の10月にコース料理の価格改定があった。ローエンドのコースは3,500円から4,000円(税サ別。以下同じ)に値上げされたため、僕のようなコスパ至上主義の人にとっても「ロ…

朝食を3連チャンしてみたら

エクシブでは、連泊のときに同じレストランを利用すると、同じ朝食メニューでも2日目は違う内容に変えてくれる。では3日連続だったらどうなるのだろうか。1日目はデフォルト、2日目は連泊メニューで、以降それ…

沖縄料理「ちゅらさん」

エクシブ伊豆から歩いて行けるお食事処というと、国道135号線からエクシブに向かう上り坂の最後のあたりに「酒世魚 (しゅっせうお)」という店があったくらいで、ちょっとほかには思いつかない。その酒世魚は…

エクシブ伊豆のお正月2016

2015年の年末は例年のようにエクシブ伊豆で過ごした。昨年は中学受験生がいたし、今年は大学受験生がいるので、特に何をするということもなく、ただただお天気がよくて暖かな伊豆高原でお部屋から海を見て過ご…

神祇大社

お正月にエクシブに滞在して初詣に行く。そんなシーンを考えると、一番ぴったり来るのはエクシブ伊豆である。何しろ最寄りの大型神社「神祇大社」まで、簡単に歩いて行くことができる。

深刻な伊豆への渋滞 根府川の信号設置が原因

熱海や伊豆高原などの身近なリゾートが、今年は意外な理由で危機にさらされている。従来から国道135号の渋滞がこの地域にアクセスする際のネックだったが、交通整理を目的に設置された信号があだとなって、休日…

エクシブ伊豆から南伊東へ

エクシブ伊豆からクルマで片道30分かけて南伊東の回転寿司に行く。そのことにどれほどの意味があるのかは、人それぞれだろう。少なくとも、僕にとっては年に一度は訪れる場所であり、かつ、その実行にはかなりの…

エクシブ伊豆のお正月2015

ここのところ我が家の年末年始休暇は、年末に伊豆箱根方面(老人を連れて暖かく)、年始に長野方面(スキー旅行)、という感じの2部構成にすることが多いのだが、今年は諸事情あって年始ツアーはやめ、年末の伊豆…

洋風茶碗蒸しが復活した「凛」

裏ブログをご覧の方にはリアルタイムでお伝えしているのだが、老人の介護やらここには書けない仕事のことなどでやけに忙しく、iPhoneやAndroidをハックしてストレスを発散するという、謎な日々なので…