ベイコート倶楽部

夏休みのベイコート利用は穴場だった?

お盆に東京ベイコート倶楽部を利用された方のお話を聞いて、「そういえば、何かDMが来ていたな」と思い出して、資料を引っ張り出してみた。まったくノーマークだったが、土曜日に宿泊して連泊すると、金曜日か日曜日のルームチャージが半額になる「Stay Package」というのが用意されているのを知った。

ビジネス利用してみる?

早いもので今日で11月も終わり。この週末は、エクシブから東京ベイコート倶楽部への乗り換え営業が最後のラッシュを迎えていたころだろう。聞けば、エクシブの下取りによる乗り換えが大規模に行われるのは、今月末、つまり今日までということで、社内通達が出ているらしい。

融合に向かうエクシブとベイコート

東京ベイコート倶楽部の利用規約が変更になる。これまで、ベイコートとエクシブは別のカテゴリーの会員権として位置づけられてきたが、ベイコートの販売不振、そして新規エクシブ物件の計画凍結などの事情から、まずはベイコート側をエクシブと融合した会員権としてプチリニューアルするようだ。

中国料理 眺遊楼(CHO-YU-RO)

東京ベイコート倶楽部のレストランを紹介するシリーズの最終回は中国料理レストラン「眺遊楼(チョウユウロウ)」である。ベイコートのレストランの中ではもっともリーズナブルで、夕食コースは9,000円(税込サ別)からだ。エクシブの翆陽がそうであるように、広東料理をベースにしたモダンな中国料理が楽しめる。

mal D’amour(マルダムール)

今週は東京ベイコート倶楽部の施設についてどんどん紹介することにしよう。今日はフランス料理の「mal D’amour(マルダムール)」。こちらはディナーのみの営業で、中学生未満は利用できない。コースは13,000円(税込サ別)からだ。

日本料理 時宜(ZIGI)

東京ベイコート倶楽部には4つのレストランがあるが、一般利用もできるイタリア料理を除けば、一番人気があるのが日本料理の鉄板焼きカウンターのようだ。7席のカウンターが2つで、目の前には美しい夜景が広がる。稼働率の低いベイコートでもここの予約はなかなかとりづらいようだ。鉄板焼きのコースは13,000円より(税込サ別)。

MADISON LOUNGE(マディソンラウンジ)

早いもので東京ベイコート倶楽部が開業してもう1年半以上にもなる。ようやく現地を訪れる機会を得たので、内部の施設を順次紹介していきたい。今日は24階のバーラウンジ「MADISON LOUNGE(マディソンラウンジ)」。

東京ベイコート倶楽部体験宿泊キャンペーン

明日からゴールデンウィーク後半ということで、当サイトの更新も5日ほどお休みである。その間、どんな記事をトップに掲載しておこうか悩んだが、ここはリゾートトラストを応援する一環として、現在行われている「東京ベイコート倶楽部体験宿泊キャンペーン」について、改めてご紹介することとしよう。

ベイコート倶楽部からの手紙

つい先日、東京ベイコート倶楽部からの絵はがきが届いていた。ラミネートを開いてみると、そこには総支配人名で、エクシブ会員にベイコートの利用を促す文面が現れた。これにはいささか驚くとともに、リゾートトラストが直面している困難な状況を伺い知ることになった。

ベイスイート ツインルーム

昨日開業した東京ベイコート倶楽部。ルームチャージが一番安いのは、会員で18,000円(ゲスト27,000円)のベイスイートのツイン、もしくはダブルのお部屋。そのベイスイートのツインルームを紹介しよう。

東京ベイコート倶楽部、開業を正式発表

3月18日付けで、この29日に開業する東京ベイコート倶楽部のオープンが正式に発表された。また同日付けで、同倶楽部のホームページもリニューアルされた。報道発表資料から、気になる部分をピックアップしてみよう。

東京ベイコート倶楽部を見に行く

日曜日の午後、家族とライブを見に有明に出かけた。そうだ、有明といえばベイコートがあるじゃないか、というわけで、家族にお茶をさせている間に近くまで行って写真を撮ってきた。

Recent Stories

ピラタス蓼科スノーリゾートのリフト券

久々に、エクシブ蓼科とピラタス蓼科スノーリゾートの、冬の黄金コンビを利用してきました。ゲレンデに面した宿からスキーやスノボを楽しむ主義の方には、ホテルからクルマで10分かけてスキー場に行くなんてナンセ...