ホーム エクシブ鳥羽&アネックス

エクシブ鳥羽&アネックス

グランドエクシブ鳥羽 最新ニュース&フリートーク

この記事へのコメント欄を、グランドエクシブ鳥羽(エクシブ鳥羽本館、エクシブ鳥羽アネックス、エクシブ鳥羽別邸)に関してのフリートークの場としてご利用ください。こんなことがあった、行ってどうだった、行く前の疑問などなど、皆さまからのコメントや口コミをお待ちしています。

最新機器に入れ替わったフィットネスクラブ

エクシブ鳥羽のフィットネスクラブは、このホテルで一番眺めのいい場所にある。だからこそ、今回のリニューアルでどのような扱いになるのかが心配だった。最近のリゾートトラストは、収益源とならないこうしたフィットネス施設を作らない。エクシブ那須白河に至っては買収したホテルのプールを潰してエステにしたくらいだった。

メインダイニングを張る「黒」の迫力

「グランドエクシブ鳥羽」を構成する3つのホテルには、すぐには数えきれないほどのレストランが存在するが、シグニチャーレストランとしてホテルを代表するダイニングとして位置づけられているのが、フランス料理の「ラペール」である。

アンチエイジング「翆陽」のキラキラ感

エクシブ鳥羽本館のリニューアルについてご紹介するシリーズ。今日は中国料理の「翆陽」だ。この翆陽、もう何度目かのリニューアルになる。およそ30年前のオープン時のことは知らないが、僕が会員になった10数年前はシノワーズヴィヴィエという「海鮮中華レストラン」であった。

エクシブ鳥羽本館 ルームタイプのまとめ

エクシブ鳥羽本館には全部で207室あるが、ルームタイプは料金の同じものをひとまとめにしても実に9種類もある。そこで、2016年の大リニューアルを踏まえて、これらを総ざらいしてみよう。

鳥羽本館のリニューアルルーム – 2

前回に引き続いて、エクシブ鳥羽本館のリニューアルされたお部屋について紹介する。今日ご紹介するのは「和モダンルーム」だ。

鳥羽本館のリニューアルルーム – 1

エクシブ鳥羽本館南棟のお部屋に入ってみると、その変わりように誰もが息を飲むに違いない。ラタンを基調としたかつての鳥羽本館の内装は一新され、白黒のモノトーンを基調としたスタイリッシュな空間に生まれ変わっている。

鳥羽本館が変貌した理由

読者の皆さんは開業したばかりの鳥羽別邸についての話題を知りたいとお考えと思うのだが、なにしろ僕は宿泊していないので表層的な話しかすることができない。別邸についてはしばし、いちはやく宿泊された方々のコメントに期待することにして、僕は大きく変貌を遂げたエクシブ鳥羽本館について、詳しく見ていきたいと思う。

開業間もないエクシブ鳥羽別邸に行ってきた

2016年3月27日に、エクシブとして24施設目となる「エクシブ鳥羽別邸」が開業した。エクシブとして初の「和風」ホテルである。これに伴って既存のエクシブ鳥羽本館では大幅なリニューアル工事を敢行。3つのホテルを一体として「グランドエクシブ鳥羽 ホテル&スパ・リゾート」と称する一大ホテルコンプレックスが誕生した。

30年を経て「グランドエクシブ鳥羽」へバージョンアップ

3月27日の「エクシブ鳥羽別邸」の開業に合わせ、既存のエクシブ鳥羽(本館)とエクシブ鳥羽アネックスを合わせた3つのホテルは一体となって「グランドエクシブ鳥羽 ホテル&スパ・リゾート」としてリニューアルオープンする。

エクシブ鳥羽別邸が販売開始

リゾートトラストは2016年3月に開業予定の「エクシブ鳥羽別邸」の販売を開始した。それに合わせて特設サイトをオープンしたので、そこから同施設の内容をまとめてみる。冒頭の写真は現状のエクシブ鳥羽。画面中央に半島状に土地が突き出しているが、その左側の入江で建築が開始されている。

ベランダでバードウォッチング

エクシブ鳥羽のコテージ棟に滞在して気付くことのひとつは、鳥たちの鳴き声がかなり聞こえるということである。それもそのはずで、コテージ棟のベランダに出てみれば、建物を取り囲むように木々が植えられている。

エクシブ鳥羽のお正月2011

年末の伊豆に続いて、年明けに訪れたのはエクシブ鳥羽。お正月の鳥羽に行くのは会員になって8年目にしてはじめてである。エクシブ発祥の地であり、またアネックスと合わせて全400室を超えるエクシブ最大級の施設で迎えるお正月には、少なからず期待をして遠路はるばる出かけたのであった。

コテージ棟をどう使うか

エクシブ鳥羽本館には、2つのビルからなる本棟のほかに、コテージが1号棟から8号棟まである。本棟から海に向かって右側に3、4、5、6号棟があり、左側に1、2、7、8号棟がある。今日はこれらのお部屋について、主にスタンダードの権利を使ううえで考えてみよう。

オールドエクシブに創業時の心意気を見る

初期型のエクシブが今も輝きを失っていないのは、バブル前後に企画されたという時期的なものもさることながら、リゾートをライフスタイルの中に位置づけるという当時の意気込みが、施設というハードを通して今に伝わっているからである。

シノワーズヴィヴィエが翆陽に

エクシブ鳥羽とエクシブ白浜の海鮮中華レストラン「シノワーズヴィヴィエ」が、この春からブランドを「翆陽」に統一した。制服やファブリックが変更になっているが、基本的にはブランドだけの変更のようだ。

志摩スペイン村を格安に楽しむ

ファミリーでエクシブ鳥羽に行くなら、ぜひ訪れたいテーマパークが「志摩スペイン村(パルケエスパーニャ)」だ。当然、家族全員で行くことになるだろうから、出費もそれなりだ。ぜひとも計画的なコストカットの工夫を事前にしておきたい。

お財布にやさしいプチデザート

こういうことを言うと身も蓋もないが、僕がエクシブを愛しているのは「コスパが高い」からである。もちろんそれは「気分の問題」であり、冷静に考えればそんなことばかりではないのだが、先日の鳥羽では、久々にそのコスパのよさにグっと来たシーンがあった。

志摩国の一の宮、伊射波神社へ

そんなわけでまったくの偶然から、志摩国の一の宮、伊射波神社(いざわじんじゃ)を訪ねてみることにした。最初にネタバレしておくと、ここは全国の一の宮の中でも、有数の「参拝しづらい秘境の神社」なのであった。

安楽島海水浴場

以前から、エクシブ鳥羽のすぐそばに海水浴場があることがわかっていた。しかし、地図を見てもよくわからず、実際に行ったことがなかった。今回、夜行で鳥羽に来たものだからまだ時間は朝の6時台。ホテルに行くわけにもいかないので、気になっていた海水浴場のことを思い出し、そこでお弁当を食べることにした。

ライトな野菜料理コースが食べたい

エクシブには基本的に「ごちそう」しかないので、ダイエット中の身であったりすると滞在は厳しいものになる。意に反した食事をするほかないケースも少なくないだろう。しかしレストランによっては低カロリーコースが用意されていることもある。

夜行で鳥羽へ行ってみよう

今年のゴールデンウィークは鳥羽に行ってきた。1年前からの計画だから春先のアクシデントは織り込んでいるはずもなく、ロングドライブにはいささか躊躇もあったが、幸いなことに体調も良好だったので思い切って夜行で行くことにした。

伊勢湾フェリーでイルカウォッチング

東京からエクシブ鳥羽に行くのに便利な伊勢湾フェリーだが、「ETCで高速1,000円」の制度により旗色が悪い。しかし、年に一度の家族旅行で鳥羽に行くのなら、ムリをしてでもフェリーを利用する価値があると思う。島々の間をぬって進む船旅の旅情ももちろんだが、運がよければ伊勢湾フェリーからはイルカが見えるのである。

コテージ棟Fタイプ

エクシブ鳥羽本館、コテージ棟Fタイプのお部屋である。コテージは全部で8棟あって、その1階に2室ずつ、合計16室あるタイプだ。コテージ棟は最上階以外はすべてスタンダードグレードだが、本館のスタンダードに比べて少し広く、ルームチャージも本館が8,000円なのに対して、コテージ棟は9,000円となっている。

大家族

エクシブは宿泊前になるとガンガン電話をかけてきてレストランの席を埋めようとするが、別に現場が地元のお店に否定的というわけではない。地元のオススメを聞けば丁寧に教えてくれるから、堂々と聞けばよい(教えてくれなかったら末期的だ)。

それはそうと、エクシブ鳥羽でお薦めのお店として紹介されて訪ねたのが「大家族」である。

Recent Stories

東京オフ会#4、12月14日に開催します

早いもので、年末までの予定がだんだんと埋まるような、そんな季節となりましたね。というわけで、さっそくですが、東京オフ会#4のご案内です。このオフ会(勉強会)がどういうものなのかについては、前回の告知記...