コロナを克服したニッポン?

飛び石の4連休をお過ごしの方もいらっしゃるかと思います。この土日は絶好の行楽日和で、僕も「小さな旅」という感じで少し足を伸ばして1泊2日の旅を楽しんできました。相変わらず仕事と実家の片付けに忙殺されているのですが、計画的に旅を組み入れてガス抜きしないと、精神が死んでしまいますので…。

(いただいているコメントに返答できていなくて申し訳ありません。もうちょっとで事態が収拾できるかと思いますのでご理解くださいませ)

滞在したホテルの話は(いつものように)また書きますが(いろいろ調査して書くので時間がかかってしまう…)、この土日に驚いたことについて書き記しておきます。

冒頭の写真は、旅の帰りに立ち寄った南船橋駅の駅前の様子です。

この駅は線路(京葉線)を挟んで、ららぽーとTOKYO-BAY(船橋ヘルスセンターを祖先に持つ由緒正しきエンタメスポットです)とIKEA Tokyo-Bayがそれぞれ駅前に立地しているという、買い物星人にとっては極めて重要な場所なんですが、それはともかく、それらのスポットに向かうクルマの渋滞が、写真のように実にすごかったです。

それだけでなく、ららぽーとは送迎バスも長蛇の列で満席、中に入れば飲食店には長蛇の列で、もうニッポンはコロナを克服したんじゃ?と思わずにはいられません。どこに行っても人の波です。

Photo by resortboy

この2年で混雑への耐性が低まってしまったのを割り引いて考えても、彼の地ではロックダウンが実施されているというのに、ニッポンのこのフリーダムさは何なの(スゲェ)と思わされるわけです。

Photo by resortboy

IKEAに向かったのはもう夕暮れどきでしたが、ごはん時ではないのにも関わらず、レストランはほとんど埋まっています。人混みを歩いて疲れたので、まぁビールでも飲みましょう。

Photo by resortboy

あれあれ、泡だけしか出ないよ…。あんまりIKEAでビールを飲む人はいないんですかね…。

ところで、この日は成田空港から京成線に乗ってららぽーとに向かったんですが、こちらは同じ日の数時間前の成田空港の様子です。相変わらず人が全然いないです。お店もやっていません。

Photo by resortboy

復活したところは完全復活、復活できないところは完全終了。そんな2極化を目の当たりにした秋の1日でした。

ところで、IKEAに行ったのは、実家を片付けてリフォームして、賃貸に出そうかなと思っているからなんですね。そのための情報収集はとってもはかどったのですが、たくさん歩いたのでちょっとお疲れです。

Photo by resortboy

IKEAには要所ごとに(?)「おつかれパンダ」(これは僕が勝手に呼んでいる名称で、クラーミグとかジュンゲルスコグ、というのが正式名)がいて、それらを見つけて癒やされるのが好きです(謎)。

Photo by resortboy

みなさんもIKEAに行ったら、このお疲れパンダを見つけて、癒やされてください。

Photo by resortboy

(公式)KRAMIG クラーミグ ソフトトイ, ホワイト, ブラック – IKEA
(公式)DJUNGELSKOG ジュンゲルスコグ ソフトトイ, パンダ – IKEA

Photo by resortboy

いつもクルマで行っているIKEAですが、電車で行くのもいいですね。渋滞を気にせず、スウェーデン料理とともにお酒も飲めますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です