今週末は「シルバーウイーク」と呼ばれる秋の大型連休で、土曜日から水曜日まで5連休になる。前回は2009年がこの日並びで、次回5連休になるのは2026年になる見通しだ。そんなわけで僕もこの週末、予約を入れておいた複数のホテルに連絡を入れて、人数やレストランなどの予約を確定する作業を行っていた。

そこでびっくりしたことが1つ。リゾーピア箱根には2つのレストランがあるが、アラカルト料理は以下の5品に限られるのだという。

リゾーピアはレストランでの浴衣着用がOKということで、アラカルトを中心に軽めの食事でお酒を楽しむ、というスタイルでここのところは利用してきた。今回もそうしようと、事前にアラカルトのメニューを送ってもらったのだ。しかし、さすがにこれは間違いだろうと、再度確認の連絡を入れた。

ところが、やはり間違いではなかった。2つあるレストラン、「樹林」でも「はな」でも、この5品しか提供しないのだという(ちなみにメニューにはないが、「ご飯セット」はあるそうである)。

夏休み期間の「アラカルト切り」が話題になったが、それ以外の期間においても、事前の告知なしにこのような極端なメニューの絞り込みが行われていることには、驚きを禁じ得ない。

10月1日からはエクシブも含めて全てのリゾートホテルでメニューの再編・値上げが行われる。10月以降のアラカルト料理はいったいどうなってしまうのだろうか。

(関連)resortboy’s blog – リゾート会員権ブログ – エクシブ、サンメンバーズの全レストランで料金改訂
(関連)resortboy’s blog – リゾート会員権ブログ – ついに来たアラカルト切り

5 コメント

  1. 最初から1泊2食のパッケージを提供するというのならともかく、ルームチャージ制なのにアラカルトをほとんど廃止するというのは矛盾しているような気がします。
    このシルバーウィークでの他の施設の運用も知りたいですが、夏期の状況で苦情が出なかったはずがないのに、こういうことをやってしまうというのは、一体何なのでしょう。
    客単価の増加やらコストを抑えるという目的ははっきりしてるように思えますが、そもそもどういう施設をあるべきものとして考えているのか、そこにものすごいブレがあるのではないか、安直な発想で決まってしまっているのではないかという強い危惧感を覚えてしまいます。

  2. resortboyさん、こんにちは。
    先週末、蓼科に行って夕食にルッチコーレと翠陽を利用しました。
    アラカルトメニューの品数が6月時点と比較してルッチコーレが25品→21品、翠陽が62品→45品と
    いずれも減少していました。
    特に翠陽に関しては半数近くのメニューが10%~25%値上げされてました。

    今後他のエクシブでも、こういった傾向が続くのでしょうか。

  3. matyさん、kazuさん、コメントありがとうございます。このシルバーウイークに、どのような対応が各ホテルで取られているのか、とても興味深く、見守りたいと思っています。僕も2つのホテルをはしごするので、それぞれの様子はまたレポートしたいと思います。

    それにしても、エクシブ蓼科の翆陽のアラカルト値上げ&品数減はショックだなぁ…。他の施設も同様かと思うと、じんわりとガッカリ感がこみ上げてきます。

  4. 皆様、こんにちは
    まだこんな事が続いているのですね。
    昨日箱根離宮一泊してきました、和食の花暦を利用で、、若干の値上げはありましたが、アラカルトメニューは、今まで通りでした。
    参考になるかですが、ベラビスタの軽食メニューに、日替わりパスタ、ピザ2~3種類、サラダなど、通年やってるみたいです、夕食時間中でも食べれます。
    シルバー中、箱根離宮は特に変わりなかったと思います。
    残念なお話ですが、大変参考になります。
    変わったとこと言えば、警戒レベルが下がったからですか、かなり混んで来ましたね。

  5. mbsさん、情報ありがとうございます。ベラヴィスタでは、夜も軽い食事ができるんですね。ビュッフェだけではないのは朗報です。ピザとビールがあればそれだけで十分って時もありますからね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here