この記事へのコメント欄を、エクシブ箱根離宮とリゾーピア箱根に関してのフリートークの場としてご利用ください。こんなことがあった、行ってどうだった、行く前の疑問などなど、皆さまからのコメントや口コミをお待ちしています。

なお、以下にはエクシブ箱根離宮およびリゾーピア箱根の公式ホテルブログの最新記事各5本を常時掲載しています。忙しい業務の合間をぬって現場から発信されているホテルブログを応援したい方も、ぜひこの記事へのコメント欄をご利用ください。

6 コメント

  1. resortboyさん、みなさん、こんにちは。
    箱根離宮-蓼科間の移動。

    私は、大阪在住なのですが、箱根離宮と言うと蓼科とセットになってきます。
    45歳で仕事をたたみ、小さい時の夢だった観光バスに10年乗りました。
    その時に移動に使用していたルートで、今も箱根に行くとドライブがてら
    通ります。

     箱根離宮より前の道路を右に折れ、宮の下交差点を138に方に入り後は
    道なりに東富士五湖道路に入ります。
     富士吉田ICで降りて、左に曲がり、東富士パノラマラインの下を抜けて
    また道なりに進みます。河口湖大橋を渡って、137をのぼると富士見峠と
    言う左側に車を停めれるスペースがあります。ここよりが非常に富士山が
    綺麗に見れる撮影スポットです。また道なりにまっすぐ進むと、中央道の
    一宮御坂に到着します。

     私のお気に入りのルートです。

  2. makunoutibentouさん、こんにちは。話題提供ありがとうございます。

    以前、エクシブ蓼科からエクシブ山中湖に移動するとき、このルートの逆パターンで走行したことがあります。ちょっとなつかしさもあって、Google Mapにルートを作ってみました。こんな感じですよね?

  3. その通りです。
    なんど大型バスで通ったかわかりません。
    富士吉田では、熔岩焼きを食べてました。

  4. 上のgoogleマップにて河口湖の北岸を通って県道719号線に至る別ルートが有りますが
    そのまま進むと新設された中央道笛吹八代インターチェンジに繋がります(ETC専用インター)
    富士五湖方面の抜け道でもありますのでシーズンの混雑時など甲府、長野方面からいらっしゃる方にお勧め出来ます

  5. フドウさん、コメントありがとうございます。Google先生に素直に聞くと、むしろそちらの道を案内されるような感じですね。途中の山梨県道36号の走りやすさはどうですか?

  6. 県道36号についてですが

    県道719号線から笛吹八代ICへのルートはトンネルを抜けてから暫く峠道ですが道幅は十分でセンターにキャッツアイも埋め込まれているので冬季や速度の出しすぎに注意すればミニバンなどの車種でも問題なく通行可能です
    XIVに慣れた方ならばイメージとしてはXIV蓼科~XIV軽井沢間の国道299号やピラタス蓼科に向かう途中の道をイメージしていただくと解り易いかも知れませんw
    同乗者が車に酔いやすい場合はキツイかも知れませんね

    芦川渓谷沿いに走って国道358号線に抜けるルートの方は平坦な道ですが集落を抜けた辺りから道幅が狭くなってしまうので大型車は注意が必要です
    またこちらのルートも冬季は凍結や積雪などに対する注意が必要です

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here