ゴールデンウイーク中、箱根山の火山活動が活発化し、大きな話題となった。気象庁は6日、噴火警戒レベルを「レベル2」に引き上げ、火口である大涌谷周辺の立ち入りを規制した。

リゾートトラストは宮ノ下にエクシブ箱根離宮、強羅にリゾーピア箱根を擁している。また東急ハーヴェストクラブは仙石原に箱根翡翠と箱根甲子園を持つ。

箱根は日本で最も人気のあるリゾートエリアであり、この地域に施設を持たない会員制リゾートはないと言っていいほど。それだけに箱根山に噴火の危険があるというニュースは大きなインパクトを持って伝えられている。

一口に箱根といってもエリアは広い。今回の立ち入り規制は大涌谷の噴煙地(冒頭の写真)付近のごく一部に対するもので、箱根の他の地域が危険とみなされているわけではない。以下は6日時点での規制状況を図示したものだ(出典:箱根町)。

内容としては、1と2が5月4日に発令され、3~5が6日に追加された。

1 大涌谷自然研究路の閉鎖 
2 ハイキングコースの一部区間の閉鎖
3 県道734号線の大涌谷三差路から大涌谷方面への通行禁止
4 箱根ロープウェイの全線運休
5 姥子~大涌谷間の自然探勝歩道の閉鎖

リゾートホテルとの位置関係についてチェックしてみよう。上述したホテルは、大涌谷からはある程度の距離が離れているが、「噴火時にも安心」と言えるほど離れているわけではない。

一番遠いエクシブ箱根離宮で大涌谷から直線で約3.7キロ。箱根翡翠と大涌谷が約3.1キロ。リゾーピア箱根と大涌谷は一番近くて約1.9キロだ。

昨年の御嶽山の噴火に伴う噴石は、火口から少なくとも約1キロ離れた場所まで飛んだとされており、気象庁は当時、半径4キロ程度の範囲に対して噴石の警戒を呼びかけていた。気象庁の噴火警戒レベルは、御嶽山噴火時はレベル1であり、噴火後でも3だった。

(参考)気象庁|9月27日に発生した御嶽山の噴火について-御嶽山の噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げ-

こちらの図がその噴火警戒レベルの解説である(出典:気象庁)。

長期化すると、一部地域では温泉供給への問題も出てくるだろう。大涌谷では「造成温泉」と言って火山ガスの噴気を井戸水に溶け込ませて温泉を作っている。仙石原のリゾートホテルで見られる「にごり湯」はこうしてできている。大涌谷は「温泉工場」であり、造成には析出した湯の花による目詰りを取り除くなどの日々のメインテナンスが欠かせない。

(参考)resortboy’s blog – リゾート会員権ブログ – 大涌谷温泉はどうやってできるのか

このようなデータから考えると、今時点での判断としては、なかなか箱根で休息を取る、というのは精神的に厳しい気がしている。僕は6月に箱根行きを計画していたが、こうした事情から取りやめることにした。9月にも予約しているが、変更を検討しなければならないかもしれない。

リゾートトラストだけでなく、箱根一帯の観光業への影響は少なくない。リゾートとはリスクの反対概念であるからである。御嶽山の記憶が鮮明に残る今、やっかいなことになったものだと思う。

[2015年6月4日追記]

神奈川県とウェザーニューズが共同で、大涌谷からのライブ配信をYouTubeで開始しました。カメラは箱根ロープウェイ大涌谷駅にあります。以下がそのライブ動画です。高感度カメラで24時間監視されるため、夜間でも見られるということです。

[追記終わり]

[2015年6月30日追記]

小規模ながら噴火が確認され、噴火警戒レベルがレベル3に引き上げられました。これにより、大涌谷周辺は入山規制となりました。

・県道の早雲山・姥子間を規制
・姥子、上湯場、下湯場、箱根早雲郷別荘地の一部に対し、避難指示

神奈川県の箱根山の大涌谷で、29日に確認された新たな噴気孔の周辺に火山灰などが積もっていることが確認され、気象庁は「ごく小規模な噴火が発生したとみられる」と発表しました。そのうえで、箱根山では今後、大涌谷周辺の居住地の近くまで影響を及ぼす噴火が発生する可能性があるとして、噴火警戒レベルをレベル2からレベル3に引き上げ、警戒を呼びかけています。

via: 箱根山 噴火警戒レベル「3」に引き上げ NHKニュース

[追記終わり]

[2015年6月30日追記]

神奈川県から立入規制エリアの地図が発表されていました。リゾーピア箱根(早雲山の駅から右手に伸びるケーブルカーで、早雲山から1つ目と2つ目の駅の間にあります)は、こうして見ると規制エリアにかなり近いですね。

[追記終わり]

11 コメント

  1. 5日早朝、遠くから聞こえるド~ンという音と、突き上げるような揺れで目が覚めました。仙石原では少なくとも3回は有感地震がありました。
    万一のことを考えて、11時のチェックアウト時間を待たずに早々に東京に戻りました。
    そう言えば、今回の箱根翡翠の露天風呂はかつて経験したことのないほど白濁が強く、底には手ですくえるほどの泥状物が溜まっていました。何か関係があるのでしょうか??
    それにしても箱根に行けなくなると困ります。24時間で出来る、日常のストレス解消をどこで図れば良いのでしょう・・

  2. 私もリゾーピア箱根に宿泊していましたが、音と窓ガラスの振動という今までに経験したことのない状況に、不安感がピークに達し、朝食もキャンセルして東京に戻りました。アジサイの頃には沈静化している事を祈るばかりです。

  3. 5日の17時頃にロープウエイに乗り大涌谷を見下ろしリゾーピア箱根に入りました、特に変わった事は無く夕食を食べていた時21頃に地面を突き刺すような振動が一回有りました、そのほか揺れを感じた事はありませんでした、6日の朝六時頃に箱根町の緊急放送と携帯電話へ
    噴火警戒レベル2への引上げの警告が下記通りありました
    箱根町役場からお知らせします。
    大涌谷周辺の皆様の対し、気象庁の箱根山火口周辺情報発表に伴う避難指示を発令します。
    本日6時0分、気象庁は箱根山の火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを2に引き上げました。
    今後、火山活動が活発化する可能性があるため、火口周辺の立ち入りが規制されます。
    自動車を運転中の方は、慎重な運転を心掛け、大涌谷から遠ざかる方向に避難してください。
    (神奈川県箱根町)
    以上の噴火警戒レベル2の案内が入り驚きましたが、特に変わった事もなくチックアウトの12時までのんびりしていました、ほとんどの方が早めのチックアウトをされ車は数台しか残っていませんでした。

  4. tri-Gさんこんにちは。hideさん、nakaさん、いらっしゃいませ。現地からのコメントをありがとうございました。やはりかなりの揺れがあったんですね。

    昨日は小田急や藤田観光など、「箱根銘柄」が株価を下げた、といった報道がありました。これから団体客のキャンセルなど、影響がどんどん広がってしまいそうです。長期化しないことを願うのみですが、こればかりはまさに神の領域ですね。

    箱根噴火警戒で「修学旅行先」変更検討 千葉の各小学校「危険な場所連れて行けない」 – 産経ニュース

  5. resortboyさん、皆様こんにちは
    今日も良い天気で、新緑の綺麗な季節になりましたね。
    そんな思いから、箱根に出かけて来ました、そこそこ人はいるものの、やはり空いてますね。
    ただ山のホテルのつつじが見ごろか、芦ノ湖近辺は賑わっているみたいですね。
    帰り道がてら、大涌谷の通行止めのT字路を、左強羅方面に下りた道沿いに、ハザードを点けて停車している車が多数。、すると右の斜面の草木の間から、まるで山火事でもあったみたいに、モウモウと湯気がたちこめているを見て、ちょっとただ事ではないように思いました。
    それからもう少し下りた山の中腹から、かなりの勢いで蒸気が噴出している姿も見え、その勢いと、シューと言うかなり大きな音も聞こえます。
    とはいえ、あまりにもいい天気なのに、怖いような?新緑の木々と青空に、鳥の囀りが聞こえたりで、う~ん!?
    でもやっぱりこの状況、しばらく続くのではないかと思いました。
    大きな災害が無いことを祈ります。

    帰り道箱根離宮に寄って、ランチを食べながらスタッフに聞いたところ、建物の揺れは、ほとんど感じないとのこでした。

  6. 昨日、伊豆箱根富士の黄金ルート旅行から帰ってきました。
    東名高速からも大涌谷の噴煙は確認されました。
    箱根離宮に入ったのは警戒レベル2に引き上げられた翌日の7日でしたが、mbsさんの記述とおり、建物の揺れなどは全くなく、新緑は目にまぶしく鳥のさえずりはのどかそのもの。
    テラスでのんびりしていたら、響いてきたのは報道機関のヘリコプターの音、噴火の瞬間でもねらってのことか(?)、しばらくホバリングしたあと、戻っていってくれたのでやれやれでした。
    温泉も空いていて、いつもより静かでかえってラッキーなどと思っていた私は楽観的すぎるのでしょうか。
    いちばん驚いたのは、夕食に寿司カウンターの遅い時間帯を予約していましたが、いつもは満席の華暦のホールには、男性がたったひとりぽつんといらしただけ・・・
    「今日は早い時間帯にお客様が集中しましたので」と寿司コーナーのスタッフさん、そして今朝は早速、箱根離宮予約フロントから、箱根離宮は安心ですよ~という内容の「はこね不定期通信・号外」が届いておりました。
    意見や感じ方は分かれるところですが、私は今のところ今後の予約をキャンセルするつもりはありません。

  7. mbsさん、blueroseさん、コメントありがとうございます。今回の火山活動活発化を好機と見る報道も出始めました。

    「箱根」今が狙い目のワケ 温泉街は噴火“圏外”&お得な特典も (日刊ゲンダイ) – Yahoo!ニュース

    僕はこの週末、こんなものが売られているのを見ました。今後、大量のおみやげ廃棄物が出るんだな、とちょっと気になったのでした。

  8. 先週の平日に箱根離宮で2連泊してきました。
    メンバーは、80歳を超える義母を含めて大人4人です。
    2日目の午前中に仙石原で2度、午後宮ノ下で1度、3日目の午前中に小涌谷で1度、ドン!という短く小さい振動を感じました。それ以外はいたって静かで、行った先からは水蒸気は確認できませんでした。
    台風一過でお天気も良く、新緑も美しく、観光地はどこも空いていて、とても気持ちよく過ごせました。
    「深川の雪」も近くから遠くから、何度も見て堪能できましたし、オリエント急行のお茶はは2組のみというゆったりしたものでした。
    ホテルのスタッフも皆さん良くしてくださって快適以上の滞在でした。
    ただ、帰ってからわかったのですが、母は避難に備えて腰ベルトに現金をしのばせていたそうです。
    それなりの覚悟だったのだなあ、と。
    何かあっても水蒸気噴火ならそんなに広範囲の被害ではないだろうとは考えていましたが。無事帰ってこられてよかったねと毎日言っています。
    そうそう、黒たまごが心残りだったのですが、元箱根港の売店で濃い茶色の「薫製たまご(温泉卵の味になる塩付き)」というのを見つけて買ってしまいました。お味はそれなりでした。

  9. 私も週末の箱根離宮に行ってきました。空いているかもという予想に反して駐車場もレストランも風呂も混んでいました。
    岡田美術館を再訪して気づいたのですが、博物館の展示品と違って、展示品がすべて新品のようにきれいです。傷物が見当たりません。そういう蒐集方針だったのでしょうね。もちろん、中には修復したものもあるのでしょうが、「深川の雪」を含めて、修復の跡は私の目ではわかりません。
    芦ノ湖の遊覧船は人影まばらでした。こちらへの出足はやはり火山活動の影響を受けている感じがしました。

  10. ルビーさん、シルバーユーザーさん、箱根の様子をありがとうございます。以下の統計を見ると、地震の回数自体は落ち着いてきているように見えますね。

    データ出典:神奈川県温泉地学研究所

    その一方で、今度はエクシブ軽井沢に近い浅間山の火山活動が活発化してきているという報道もこの週末に相次ぎました。

    浅間山でも火山性地震が増加「ガス噴出の恐れ」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

    我が家の中学生の林間学校がこっち方面なので、ちょっと気になっています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here