2013年に行われたリゾーピア箱根の大リニューアルの目玉は、何といっても露天風呂の新設を含む温泉大浴場の刷新である。「早雲の湯」と名付けられた新大浴場は、以前がどうだったかを思い出せないほど、まったく新しい施設として生まれ変わっていた。

もともと露天風呂はなかったのだから、広々とした湯船が取れているとはまったく期待していなかったのだが、冒頭の写真のように、普通にゆったりとした露天風呂に仕上がっていて驚かされた。渓谷に面した箱根離宮のような開放感は望むべくもないが、以前を知るものとしては「いやぁ、結構頑張ったねぇ」と言いたくなる。

以前は受付もない無人の殺風景な浴場だったが、エクシブライクに銘板が付き、受付で部屋番号を告げた上でタオルを受け取るというおなじみのスタイルが導入された。

カギの付くロッカーも装備されたし、パウダースペースもしっかりと取られている。

内風呂も洗い場も狭苦しいという印象はまったくなく、週末の宿泊だったが混雑もなく快適に利用することができた。某エクシブよりもずっとエクシブらしい浴場である。

さてリゾーピア箱根というと、2種類の泉質が楽しめることが特徴だった。その特徴はそのまま引き継がれているのだが、入浴してみて感じたのはそのお湯の変化だった。

以前は、単純硫黄泉の「強羅温泉」と硫酸塩泉の「早雲山温泉」の2種類の浴槽があり、前者は加水して掛け流し(循環・ろ過なし)で、後者は加温のうえ循環ろ過装置を通じて供給されていた。無色無臭の早雲山温泉に対して強羅温泉は軽く硫化水素臭があり、「掛け流し」であるという刷り込みもあって、かなり「温泉感」のあるお湯だった。

ところが今回のリニューアルではその温泉感が消えてしまっていた(いや、久々の利用だったので、お湯が変わったのはもっと前だったのかもしれない)。

リニューアル後は、露天風呂が早雲山温泉(硫酸塩泉)で、内風呂が強羅温泉(ナトリウム-塩化物泉)である。源泉が井戸レベルでわずかに変わっており、泉質表示も変更になっていた。

取材メモを付きあわせて比較してみると、強羅温泉についての知覚的試験が、以前は「微白濁硫化水素臭」だったのが、現在は「無色透明微硫化水素臭」となっている。また現在は、内風呂も露天風呂も、加温のうえ循環ろ過装置を通じて供給されるようになり、掛け流しではなくなった。

僕は温泉に関してはずぶの素人なので、硫黄臭がすると単純にありがたい感じがするわけで、少々残念な気がしないでもないが、それはマイナーな問題だろう。この大浴場のリニューアルは大変素晴らしく、箱根にありながら肝心のお風呂が弱点であったリゾーピア箱根は、その弱点を克服して広くお薦めできるホテルに変貌したと言えると思う。

3 コメント

  1. リゾーピア箱根は素晴らしくパワーアップされたんですね。
    圏央道が来年には八王子から海老名まで開通すると今住んでいる埼玉からのアクセスの飛躍的に改善されます。

    年間2枚もらえるサンメンの無料宿泊券と、三大連休の宿泊権利を使って
    夏の海水浴と花火大会のリゾーピア熱海と、妻がお気に入りのロサージュがある那須(ロッジ棟)、
    それにパワーアップされたリゾーピア箱根をどう”未来をデザイン”するのか、難しい?楽しみが増えました。

  2. リゾピ箱根シリーズの素晴らしいレポをありがとうございます。
    リニューアル後は行けずじまいでしたが、もう既に何泊かしたような気分です。

    お風呂は、「少々残念な気がしないでもない」とおっしゃっているところをみると、硫黄臭さえ消えてしまったということでしょうか。
    ちなみに、リゾピ箱根の強羅温泉は、以前も夜入ると無色透明なのに、朝一で入ったら白濁している、なんてことがありました。
    白濁加減は、時間によって変わるといいますし、以下の方のレポにあるように、強羅温泉では、「微白濁」とうたっていても、完全な無色透明に見えることがあるようです。
    http://www21.ocn.ne.jp/~spa-mich/todofuken/kanagawa/078_yoshihama.htm

    ただ掛け流しでなくなったことは、効用とかにどんな影響を与えるかわかりませんが、気分的な満足感は損なわれた気がしますね。

  3. 熊さん、たたおさん、こんばんは。

    リゾーピア箱根のリニューアル、そして昨年導入された会員向け特典(特に夕食時のワンドリンクサービス)によって、サンメンバーズの価値は大きく向上しましたね。

    お湯に関してはぜひ行った方にレポートを寄せていただきたいのですが、僕が利用した時には硫黄臭はほとんど感じられなくなっていました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here