実は今週は持病の検査のために入院をしていた。ほんの3日ほどだが、病院にこもっていろいろな検査をして過ごしたのだが、意外にも実に快適であった。ストレスの多い現代において、仕事や家族から離れ、静かに自分のからだと向きあうということは、もっと多くの人が意識的に行った方がよいのではないか。そんな風に思えた。

特にそう感じるのは食事である。僕は病状から食事に制限があるわけではないのだが、病院の食事というのは1食あたり600とか700キロカロリーに抑えられている。そういう食事を何日かするだけで、あるべき食事のイメージがからだに染みこんできて、自然と日々の食生活の大幅なズレを意識させられる。

たった3日ほどでも、胃が小さくなる感覚があるし、これは食事のことだけでも1年に一度くらい、こうしたリセットの機会を持つべきだな、と感じた。

そう思っていたら、「自宅入院ダイエット (集英社新書)」という本が出ていることを知った。

糖尿病患者向けの治療メソッドとして、1~2週間の「教育入院」というのがあるそうなのだが、それを発症後に行うのではなく、生活習慣病の予防の一環として自宅で行うことを提案している。簡単に言うと、糖尿病治療食の「宅配システム」を自宅で使ってはどうか、という提案だ。

実は入院しながら僕も同じことを考えていた。エクシブなら1年前、東急ハーヴェストクラブなら2カ月前から計画的に予約が入れられる。この仕組みを使って、リゾートに「入院」してしまうのだ。

あらかじめ予定を決めて仕事の都合も付けてしまう(なにしろこれは「入院」なのだ)。そしてリゾートに3日なり4日なり滞在して、例えば糖尿病治療食のようなストイックな食生活でひたすらに休養するのである。

上記の書籍で紹介されている糖尿病食は冷凍宅配のものだが、調べてみるとニチレイフーズが常温保存できるレトルトの糖尿病対応食をバリエーション豊かに販売している。例えば以下のようなもので、Amazonや楽天で簡単に手に入る。

ニチレイ カロリーナビ7食セットD
ニチレイ カロリーナビ7食セットD

これをホテルに持ち込んで、3~4日間読書三昧の時間を過ごせば「リゾート入院」または「リゾートデトックス」が一丁上がりである。

残念ながらエクシブに調理器具はないしお部屋代もルームチャージで高く付くのであまり現実的ではないが(まぁトラベル用の機器で湯せんぐらいは許されるかもしれない)、ハーヴェストならこの写真のような電子レンジのあるお部屋もあるし(写真は東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢アネックス)、多くは電子レンジが設置されたコーナーがある。それにルームチャージだから、3~4泊しても1人なら懐も痛まない。

僅かな投資でからだを見つめ、また、家族や自分を見つめる機会としても、心もからだも疲れている中年のオジサンには広く薦められる方法なのではないだろうか。

22 コメント

  1. resortboyさん、思わず笑ってしまいました。7月にニチ○○のセット取り寄せして我が家にあります(爆)
    私のダイエット用に買ったのですが、ほとんど減りません。←体重ではなくて商品が。
    (ジムからもおすすめの商品です)

    家にいるとどうしても料理を作ってしまうのでなかなか自分だけこれを食べる気にはなりません。(味はクリームシチュー系はまずまずですが、ハンバーグはぼそぼそしてるかな。味は薄めで美味しければ、早く食べおわりますが、なかなか飲みこめないものもあるので食事のペースがゆっくりになるという効果はあります)どう書いてよいのやら。

    でも不便な山にでもこもっていれば役立つかもしれません。
    賞味期間も2年くらいあるので災害とかの非常食にもなるかな、と今は食べずにとっておこうかな、、、、と思ったり。

    家で3日、これ食べて運動してたら理論的には、ダイエットに最適なんですけどね。家だと家族の食事作って自分だけこれ!というわけにいかなくて。。。私の意思が弱いのかもしれないです。m~m。
    お正月明けの胃もたれ状態がもし、きたとしたら、この出番もありまそうです。

    病人連れてお出かけの時にも便利です。
    ただ、家族は道連れにできないので一人入院でしょうか。ちょっと寂しくないかしら。。。。ずっとじゃないから、たまには、健康な方もこんな体験もよいかもしれません。

    レンジのあるところなら、可能ではありますね!

    ぜひ、チャレンジしてください!(笑)
    いろいろ使えそうです。わがままいわなければ(^_-)-☆

  2. はい、中年のオジサンです。(笑)

    ご無沙汰しております。
    最近は仕事が忙しく、土日もなかなか休めません。^_^;
    (と言いながらもブログを読ませて頂いております)

    さて、記事を読んでいて思い出したのですが・・・

    私も今までに6回程の入院と手術(1回)をしました。
    期間も2週間~2ヵ月程度と、短期での入院経験は無いのですが
    3日という日数は自分の内外をリセットするのに丁度良い日にち
    ではないかと私も思いました。

    今まで何度と無く入院して参りましたが、最初の3日位は
    色々な物事を考えたり、たまの休養と思い入院生活を多少
    楽しむ感も有ったのですが、それも5~6日も経つと今度は
    「もうそろそろ退院したいなぁ」と言い始め、その度に
    人間(私?)って本当に勝手な生き物だなぁと思っておりました。

    でもこれがリゾートホテルだったら・・・施設が充実している
    施設でしたら館内で殆ど事足りてしまいますし、気が向けば
    外出も自由ですし、またハーヴェストでしたら食事も外食する事が
    多いので、かえって低カロリーで美味しい物(ココが重要?)
    を持ち込んで部屋で食事する方が手間いらずで良さそうですね。

    仕事が余りに忙しいと、
    「あぁ、またチョッとだけ入院したいなぁー・・・」なんて
    入院常習者(苦笑)だけに不謹慎な事を考えたりしてましたので、
    是非これは実践してみたいです。

  3. まだ、二箱しか食べてなかったので気になってたチキンカレーセット、夕食の支度しながら(爆)食べてみました。

    金時豆は、甘さ控えめで良いですよ。
    チキンカレーもハ○○の?レトルトのカレー○シェみたいでマイルドでご飯なしで食べられますよ。私は、OKです(笑)今日は、お鍋なのでもう一つついてるポトフは遠慮したのでわかりません。

    カレーもチキンカレーだけ今食べましたが、ボンカレーとか食べる方は、問題なく食べられますよ。これで3箱なので、まだ、中華は未体験です。和洋中そろってますので、3日ならよりどりみどりです。

    ゆっくり味わって?よく噛んで食べて、これですませられればお手軽にカロリーオフするには、よいのではないでしょうか。

    私は、これに、夕食とケーキも食べるので(わけあって(^_^;))確実に今日は、カロリーオーバーですが(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

  4. お友達のブログで教わったみかんだれをカルビに付け込んでいて、カルビ丼もあるのでした(^_^;)

    はい、静かに体と向き合う為にカルビは、私は、1枚にしておきます。
    もちろん夕食後は、歩いてきますよv(*^_^*)v

  5. >それは、現代版の『湯治』ですね・・・・。 に、思わず、エクシブ琵琶湖でつくっている 一人旅プラン をうっとり思い浮かべました☆

    ちゃんと、自分を リセットする、自分のエネルギーをチャージする時間を持つことは大切ですよね。

    社会で厳しい責任を背負っている男性は、もちろんのこと、「家庭」という名の職場と、憩いの場が同じ女性たち(ある意味24時間、365日職場で暮らしているんですからね~☆)も、一人になって ゆっくり自分を休める時間が必要なのだと思います(^_^)☆

    昔、学生時代に読んだ リンドバーグ婦人(アン・モロウ・リンドバーグ)の著書「海からの贈物」新潮社 に、すべてを(人も、物も、家事、一切の仕事も)街においてきて、何もないすっきりとした海辺の小屋で、一人で過ごす毎年の1週間のことが 美しい文体で綴られていました。

    その頃は、下宿先のアパートで一人で勉強をしていたためか、この本の意味していること、価値が分かりませんでしたが、今、それなりの年代になると、大切なことを教えていてくれたんだなと、気がつきました。

    ついでですが、養老孟子氏の著作の中で、「海でもいい、山でもいい、空でも、星でも、草木でもいいから、自分の視界に何一つ人工物(人が作ったもの)が、入らない時間を持つと 脳が休まるんだよ」という意味の言葉がありました。
    振り返ってみると、リゾート会員権を取得した背景(無意識層?)には、心(と脳)からのこんな要求があったのかもしれません。

    いずれにしても、 リゾート会員権は、心・脳 や身体の健康に 上手に役立てることができそうですね~☆

    追伸:琵琶湖の一人旅プランは1泊2食付でお得な金額でしたが・・・エクシブのお料理食べちゃうと・・・カロリーの方は高いかな。心と脳は満足しそうですが!

  6. うううん☆リゾート入院いいですね☆
    自然たっぷりなところで日常を離れてひとり心身のリフレッシュをはかりたいものです。。。

  7. はじめまして。年老いたおじがオーナーのため、エクシブを使う機会に恵まれてはいるものの様子がわからず、権利の使い方について苦慮しています。いろいろネットでしらべているうちにこちらにたどりつきました。大変参考になるサイトですね。ありがとうございます。今、疑問に思っていることがあり、もしご存じなことがあれば、アドバイスをいただけるとありがたいです。
    ①昨年度、おじは2~3日ぐらいしか宿泊しておらず、ほとんどの権利を消失しています。本年度はまだ半分の権利を残しています。使い損なった占有日の権利は、スペースバンクにもあずけておらないため、このままだと12月31日で消失する運命なのでしょうか?なんとかして、来年度に持ち越すことはできないでしょうか?たとえば、「H22年8月9日占有日(ゴールド)の権利でH22年11月27日(土)の交換(フローティング予約)を申し出て、不成立ならば、H23年の12月末まで使用期限が延長できる」とかこんな都合のよい制度はないでしょうか?
    ②まぐれ的にスペースバンクにあずけてあった2009年の権利を使って、11月X日に(日曜日)夕飯つきでフローティング予約が許可されました。しかし、ワンダーネットで確認してみると、2009年の権利はまだ消化の記載がありません。今年度の未使用になった権利で12月中の平日に夕食付きでフローティング予約がOKになった場合も権利は残ったまま、2010年12月に消失するのでしょうか?

    突然で申し訳ありませんが、何か予想がつきそうなことがありましたら、ぜひアドバイスいただけるとありがたいです。今後もいろいろと参考に寄らせていただきたく思います。

  8. resortboyさんがお忙しいようですので代わりに知っている限りで解答いたします。
    1)H22末までの権利はH23末まで有効です。ただしSBでなければFLのみです。

    >H22年8月9日占有日(ゴールド)の権利でH22年11月27日(土)の交換(フローティング予約)を申し出て、不成立ならば、H23年の12月末まで使用期限が延長できる

    結局そういうことになりますがSBになっていなければFLのみです。

    2)これは明文化されていないローカルルールによるもので、解答はRT社に問い合わせるが正しいかもしれません。

    方法としては
    1)ワンダーネット会員のようですので電話でワンダーネット事務局で確かめる。
    2)本社営業若しくは各営業所に電話で確かめる。
    3)全会員にはそれぞれ契約施設に担当者が必ず決められていますので、契約施設に電話をして自分の会員番号にどの担当者が付いているのか聞いて、その担当者に電話で確かめる。

    といったところでしょうか。一応3)が推奨です。実のところ私自信も不明なことは上記の方法で電話で確認しています。
    間違いがありましたらどなたか訂正をお願いします。

  9. 軽井沢さん、ありがとうございます。
    オーナー事務所に電話をしてみたところ、どうやら担当営業マンさんは辞めてしまったようです。私がオーナーではないので、どこまで口をはさんでよいものやら・・。でももったいない話でしょう。毎年ほとんど使っていませんよ。いちかばちか、今年の未使用分を交換に出してみて、不成立を狙えば、来年の12月まで期限が延長できるのであればそれは朗報です。交換成立してしまったら、キャンセルして流してしまうしかないですね。箱根離宮あたりの交換不成立を狙ってみます。ありがとうございました。

  10. 皆さんこんばんは。仕事に遊びに忙しくて亀のようなレスで失礼します(^^;

    チョコたんがまさにユーザーさんだとは! 普通にイケるってことですよね。僕もリゾート入院のときには試してみよっと(笑)。

    さて、ギャバさんはじめ、みなさんにリゾート入院のコンセプトにご賛同いただき、うれしく思います。「リゾート入院」っていう新書を出して一山当てたいと思います。さっそく作ってみました。以下に…。

    リゾート入院 3日間で健康を取り戻す奇跡のプログラム | エア新書

    るるるさんには、珠玉のコメントをいただきました。「海からの贈物」、ぜひ読んでみたいと思います(吉田健一訳で)。

    養老孟司さんの言葉も、まったく同感です。そういうところに子どもを連れて行くのが僕の父親としての役目だと思っています。

  11. どうしたらよいものやらさん、いらっしゃいませ。少々多忙でスルーしてしまってスミマセン。

    軽井沢さんにはフォローいただきありがとうございました。

  12. resortboyさん、みなさん、こんばんは。
    このシリーズですが、(積極的に食べたいと思うものではありません)

    不思議な事に元気な時は、食べてもいいかな、とも思うのですが、熱を出して食欲のない今、これをみても困ったことにますます食べたくない、食欲減退してしまうのです(^_^;)
    美味しいものなら食べたいのですが。とほほ。

    つまり、健康な方がこもってリゾート入院で使うのは賛成しますが、具合の悪い時、食欲がなくてこまってる方には向かないかな、と一言付け加えておきます。それから、量が少ないので、よく、噛んでお召し上がりください。

  13. resortboyさん、皆さん、はじめまして。funasanと申します。

    リゾートクラブネット経由でresortboyさんのサイトに来ました。
    内容豊富でおもしろい議論をなされていますね。

    私はresortboyさんが「リゾート入院 3日間で健康を取り戻す奇跡のプログラム」を出版されたと思ってアマゾンやヤフーで検索したのですが‥‥?
    架空本でしたね。非常におもしろいテーマですので私も追求したいと思います。

    実は私のお気に入りの「ホテルアンビエント蓼科」の隣に「リゾート入院 3日間で健康を取り戻す奇跡のプログラム」を実践している施設があります。「ファスティングアリーナ蓼科」です。

    ファスティングアリーナ蓼科は絶食プログラム実践施設で、女神湖畔のリゾートに宿泊しながら絶食指導を受けることができます。
    「多忙・ストレス・飽食の現代社会。風光明媚な湖畔に宿泊して絶食しながらデトックス(体内浄化・解毒)を行う。そして、回復期には近くの自然農園で栽培された無農薬野菜を中心とした軽い食事をする。」
    ただし、かなり高額で1名でプログラムに参加する場合、最短の2泊3日コースで5万円近くかかります。

    私は1人で蓼科のコテージに泊まって、貧弱なベジタリアン的な料理を自分で作って、結果的にデトックス、ダイエットしてリゾート滞在することがあります。安くて健康的です。リゾート入院は奥の深いテーマですね。

    今後ともよろしくお願いします。

  14. funasan、いらっしゃいませ。コメントいただけて光栄です。ご著書も持っていますよ。こちらこそよろしくお願いします。エア新書の件では失礼しました^^;

    ファスティングアリーナ蓼科のご紹介、ありがとうございます。実は東急ハーヴェストクラブ天城高原でも「軽断食プログラム」というのがずっと用意されています。

    料金は
    ¥39,900 2泊3日プラン
    ¥82,425 5泊6日プラン  
    という感じで、やはりかなりしますね(料金はハーヴェスト会員価格)。

    宿泊プラン詳細|天城高原「軽断食プログラム」|東急ハーヴェストクラブ

    以下に受託会社のサイトがあります。

    ホテル滞在型 軽断食プログラムのご紹介 |Medical Alliance Naturopathy

    というわけで、いっしょに本を書きましょうよ(いやマジで)。

  15. resortboyさん、私の本を購入して下さってありがとうございます。

    以下、私の「リゾート入院」の考察です

    多くの会員制リゾートクラブはルームチャージだけでロングステイできるので、やろうと思えば「自己流プチ断食プログラム」ができます。

    例えば、ホテルアンビエント蓼科に連泊して「ファスティングアリーナ蓼科」と似たプログラムを自分で実践する。東急ハーヴェストクラブ天城高原に連泊して「軽断食プログラム」の物真似をする。プチ断食ならキッチンがなくてもいいでしょう。エクシブでも可能です。

    デトックスや断食の効果は既に実証ずみですので、その他、

    風光明媚な豪華なリゾートに滞在し
    ①温泉三昧で体を温めれば免疫力がアップし万病に効く(石原結實、齋藤真嗣の本参照)。
    ②リラックスして副交感神経を刺激すればリンパ球と顆粒球のバランスが改善され生活習慣病(ガン、糖尿病、アトピー等)に効く(安保徹の本参照)。
    ③観光旅行は一切せず、部屋やラウンジ(ハーブティー注文はOK)で読書、思索し「自分の人生を見つめ直す」

    →リゾートを後にする頃には心身共に驚くほど若返った自分に気づく(どこかの宣伝文句??)

    ただし、本気で断食をやろうとすると危険ですので、「いい加減ダイエット」で十分だと思います。いずれもルームチャージだけでリゾートに滞在するので格安に仕上がります。しかし、リゾートクラブにとってはドル箱のレストラン利用がなく「歓迎したくない客」になりそうですね。よって、クラブに礼儀を尽くして「平日連泊プチ断食プログラム」ぐらいがよろしいかと‥。問題は「食べる喜びを拒否できるか?」

    生活習慣病に悩まされている中・高年にとっては「可能性のある試み」だと思います。大げさに言えばリゾートクラブ利用法の変革です。

    resortboyさん、いかがでしょうか?

  16. funasan、こんばんは。

    > 大げさに言えばリゾートクラブ利用法の変革です。

    リゾートクラブの紋切り型の提案に屈せずに、長年にわたってリゾート会員権を楽しむには、こうした新しい切り口を自分自分で見つけていく、というのが楽しいですね。

    funasanは海外の一人旅やひとりコテージなど、本当に深い楽しみ方をなさっている第一人者ですね。僕なんかまだ「ひとりエクシブ」すら経験がないんですから。

  17. resortboyさん、おはようございます。

    私は子育て真っ最中の時は「リゾートライフ」には無縁の人間で、
    子育てが終了し早期退職をする時期にリゾート会員権に目覚めました。
    よって、皆さんより周回遅れの参加です。

    しかし、子供や仕事に左右されない分、自由にリゾート会員権が利用でき、休前日の短期豪華旅行とは一味違ったリゾートライフ(1人旅、平日のロングステイ等)もアレンジできます。皆さんの子育て終了後や退職後のリゾートライフの参考にでもなれば幸いです。

    今日から、アメリカ(ラスベガス)に行ってきます。RCI海外交換利用で「ヒルトン・バケーションクラブ・ラスベガス・オン・ザ・ストリップス」に滞在してきます。(1人旅)ヒルトンの1ベッドルームコンドミニアムに1週間滞在して交換利用料31500円は激安です。しばらく妻と別れて独身になります。若き感性(若き野獣?)がよみがえってきます。

    では、また。

  18. funasanさん、はじめまして。くちびるせんせいと申します。
    私も、海外RCIを何度か使いましたが、現地での交通はどうされていますか?
    私は海外ではレンタカーを使うことが多いですね。
    RCI交換費用と同じぐらい(3万円/週)ぐらいかかりますが
    現地で遊ぶのに不可欠だなと思っていますが。

    RCIレンタカーなしで遊べるのはオアフ島ぐらいじゃないでしょうか?

    ラスベガスで、どういうふうにすごしたか教えてくださいね。

  19. kuchibirusenseiさん、はじめまして。

    昨日、帰国しました。

    kuchibirusenseiさんも海外RCIをよく利用されていますね。アスレさんのホームページで旅行記を拝見しました。

    海外RCI利用の場合、現地での私の移動方法は
    ①空港からリゾート施設までのアクセス→一般のバス、ホテルシャトルバス、タクシー
    ②周辺観光→現地のツアーに参加
    ③リゾート施設の内外その他近場→自転車を借りてサイクリング、又は限りなく歩きまわる

    実は、私は車の運転があまり好きではないので、海外でのレンタカー利用は未経験です。それに、今まで(海外RCI利用の場合)全て1人旅でした。よって、コスト的にも高くつくので避けてきました。でも、夫婦や家族で周辺観光を沢山する予定なら断然、レンタカーが有利でしょう。

    ラスベガスは何でもありでしたね。私はもっぱら「巨大なホテル巡りと連日連夜のショー見学」です。宿泊したヒルトン・グランド・バケーション・ラスベガス・オン・ザ・ストリップ(下記)はなかなか良かったですよ。フルキッチン付の1ベッドルームスイートで67㎡もあります。詳しい旅行記はフォートラベルにこれから載せていきますのでお暇な時にご覧下さい。

    http://www1.hilton.com/en_US/hi/hotel/LASVSGV-Hilton-Grand-Vacations-Suites-on-the-Las-Vegas-Strip-Nevada/index.do;jsessionid=80368256CC11E55FA4FF996F9C55DE76.etc31?brand_id=HI&brand_directory=/en/hi/&xch=782069148,55RLGVDDRYTZ0CSGBJT3EWQ

  20. funasanさん、長旅どうもお疲れ様でした。
    一人でRCIコンドミニアム利用ですか。ちょっと贅沢ですね。フルキッチンも手持ち無沙汰じゃなかったでしょうか。ラスベガスならバフェが無料のところも多いですし。
    海外のリゾートにはフロント近くにたいていツアーデスクがあり、それを利用すればレンタカーなしでも遊べるというわけですね。

    ただ、海外RCIリゾートを試してほしいのは家族で行って現地の生活を体験してみることですね。
    スーパーに行って現地の食材で自炊というのが私たちのパターンです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here