東急ハーヴェストクラブは、エクシブと違って、どこの施設を購入するかが非常に重要だ。エクシブと東急ハーヴェストクラブの予約の取り方について、簡単に比較してみよう。写真はハーヴェストで最も人気の高い施設の1つ、東急ハーヴェストクラブ箱根甲子園のエントランスである。

常に1年前からの交換予約が可能なエクシブと違って、ハーヴェストクラブの予約は通常は2カ月前からとなる。またエクシブの場合、1カ月前から「フローティング」となって権利日の種別(ゴールド、レッドなど)に関わりなく予約できるようになる。対するハーヴェストクラブには、これと似た概念として「ホームグラウンド券」(購入施設の利用券)と「相互利用券」(契約以外の施設の利用券)の違いがあり、この券面の違いに関わりなく予約できるようになるのは10日前からである(10日前を「枠開放日」と呼ぶ)。

またハーヴェストクラブの場合、特定期間(年末年始・スキーシーズン・ゴールデンウィーク・夏季)には、ホームグラウンド施設で優先的に予約抽選が行われ、相互利用についてはホームグラウンドの受付終了後となる。

ハーヴェストクラブには1室10口の会員権と、1室12口のものがあるが、1室10口の場合、年間36枚発行される利用券(1泊に1枚利用)のうち、21枚がホームグランド券で、相互利用券は15枚である。このようにホームグラウンド、すなわち購入施設の利用に重点が置かれているから、購入施設の選択にはエクシブよりずっと慎重さが必要だ。

このため、人気の高いハーヴェストクラブの施設には、リゾート会員権としては珍しく、販売価格よりも流通価格が高くなる現象が見られることがある。実際に取引が成立したかどうかは知らないが、東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢でそのような値付けがされているのをとある業者のサイトで見たことがある。ハーヴェスト旧軽井沢の夏の人気は非常に高く、完売物件でめったに流通物件が出ないという事情があり、言い値だったのかもしれないが、半値が当たり前のエクシブの仲介会員権と比較して、その違いに驚いたものだ。

なお、ホームグランド券も、休前日と特定期間を除けば、相互利用券として使うことができるから、平日利用に関してはこの限りではない。

(関連記事)遠くのエクシブを買ってよいものか?

2 コメント

  1. こんにちは、今年6月にハーベスト蓼科を購入しました。相互利用の件ですが、相互利用は枠が少ないですが、2ヶ月前から予約でき、真夏の伊東についても2週間前の予約でも相互利用で真夏に2度予約できましたので、ピーク時期の週末以外は相互でもホームでも大きい差は無いと思います。

    値落ちの件ですが、購入時に様々な会員権を検討しましたが、ハーベストは会員権の値落ちが少ないのが安心でした。半額どころか3分の1、4分の1になる他会員権に比べ、当初10年間は減価償却での差額で東急が買取る制度があるので、減価償却以下に下がらないシステムです。
    エクシブもかなりの頻度で私のところにセールスに来ますが、あれだけの訪問販売にかける営業マンの経費が、新規会員権価格にかなり上乗せされている気がします。RT社直に買えば予約に便宜をと言う営業マンですが、中途退社が頻繁なようで期待はできない気がします。
    ハーベストは、母体の大きさからか、ハーベスト側からセールスかけることがほとんどありません。黙っていてあれだけの売れ行きですから恐れ入ります。
    とは言え、エクシブも気になります。いい物件があれば来年にでも購入しようか検討中です。

  2. NAくん、はじめまして。コメントありがとうございます。ハーヴェストの会員さんでいらっしゃるのですね。

    価格下落については、その通りですよね。リゾート会員権は、家庭の事情などで意外と短期間で使わなくなったり、利用ニーズが変わったりしてしまうので、ハーヴェストの買取制度は高い安心感があると思います。逆にエクシブは値落ちが激しいので、流通物件、仲介物件に買い得感があるわけですが。

    会員権は買ってから利用するのがもちろん楽しいですが、買うまでのワクワク感も大きな楽しみですね。エクシブ購入のために、このブログが少しでも役に立てば、うれしく思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here