客入りの復調目立つヒルトン、ステイタス維持を23年3月まで延長

皆さん、こんにちは。相変わらず果てしない手続きと向き合いながら暮らしていますが、ワンオペ父さんにそこそこ大きな家(関係者が多いという意味)の手仕舞いはインパクトが大きいですね(汗)。あまりブログに時間が取れないのですが、こればっかりはおろそかにできないので、軽い話題で更新継続しようと思っています。

さて、2021年のシルバーウイークが終わりました。18日土曜日は雨でしたが、その後は秋らしく爽やかな天候で、特に3連休後半の20日、21日は気持ちのよい晴れやかな陽気に誘われて、観光地の人出も多かったようです。

冒頭の写真は、コロナ禍の真っただ中でオープンした「メズム東京」がある「ウォーターズ竹芝」の、「水辺の広場」での1枚です。撮影はその陽気のよかった20日の夕方です。この場所の詳しい説明は、公式サイトに案内があるのでそちらをどうぞ。

竹芝の新デートスポット、「ウォーターズ竹芝」水辺の広場をご紹介 | レポート・コラム | イベント&ニュース | ウォーターズ竹芝 -WATERS takeshiba-

左下にコンテナ状のものが見えますが、これは人気漫画「ONE PIECE」の100巻発売を記念して9月17日から昨日26日まで行われていた記念展示で、コンテナを6台使用した「超巨“大海賊百景”」(5×18m)です。

(公式)ONE PIECE 大海賊百景

本題は、ここから見えるホテルのことです。この水辺の広場の向かいには浜離宮恩賜庭園があり、そこに面してヒルトン系の「コンラッド東京」が建っています。

Photo by resortboy

こちらの写真はメズム東京から撮ったものです(撮影時期は今年の春です)。メズム東京については機会があればこの一帯の再開発と併せて記事にしたいと思いますが、いつになることやら。マリオット傘下の「オートグラフ コレクション」に加わっている高級ホテルで、事業主体はJR東日本系の日本ホテルです。

(公式)メズム東京、オートグラフ コレクション: 2020年4月27日オープン

(開業時の報道発表資料PDF)JR 東日本グループの日本ホテル株式会社がマリオット・インターナショナルと初提携「メズム東京、オートグラフ コレクション」2020年4月「WATERS takeshiba」に開業

中央奥にある湾曲した建物が売却が決まった電通本社ビルで、その左隣がコンラッド東京がある東京汐留ビルディングです(ホテルは28~37階)。

驚くのは現状のコンラッド東京の集客力です。19日の18時20分の撮影がこちらです。

Photo by resortboy

ベイビューの客室はほとんど明かりが点いていて、満室状態です。緊急事態宣言下での9月の連休にここに来ている人は、仕事でも観光でもない人たちがメインであると推測します。ヒルトン・オナーズ(ヒルトンのロイヤルティプログラムの名称)の力強さをまざまざと見せつけられました。

現在、ヒルトンの高級ラインであるコンラッド東京の室料は「格安」と言える水準であるのが、会員を惹き付け、この盛況を生み出している要因なわけですが、その背景に思いを巡らせると、複雑な心境にかられます。

国内の有名ホテルチェーンは同様の「武器」(強いロイヤルティプログラム)を持っておらず苦しんでいるばかりですし、またコンラッドとしても、現在のような廉価販売は不本意であるでしょう。さらに、相対的にこのサイトで主に取り上げている会員制ホテルは割高感が目立ってしまっています。

ロイヤルティプログラムはアップグレードという「伸びしろ」がなければ存在できないですし、そうしたアップグレードに足る多彩な客室を持つシティホテルは、宴会など料飲部門の不調で、実際には一番苦しい業態でもあります。ともあれ、ロイヤルティプログラムというものの使いみちについて、「稼働率」だけでなく、総合的に研究して類型化する必要性を感じます。

(と、学者でもない自分がここで力んでも仕方ないのですがね)

そんな中、ヒルトン・オナーズの現在のステータスが、2023年3月31日まで無条件で延長されることが発表されました。2019年の実績で確定していた2020年のステイタスが、無条件で2年延長になったことになります(2020年にダウングレードされるはずだった人の場合は、そのダウングレードが免除されたので、都合3年間の延長です)。

あら、新しいクレジットカードを作る動機がまた伸びちゃいましたね。

(公式)ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレスのカード新規ご紹介|クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

ステイタス延長以外にもいろいろなコロナ禍対応の措置が発表になっていますので、詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。自分はそろそろHPCJの更新時期なんですが、さて、どうしようかな…。高級ホテルがこれほど長きに渡って安くなってしまうと、憧れや非日常感がなくなってしまって、別にいいや、となってしまうのが辛いところですね。

(公式)Hilton Travel Flexibility and Safety Standards

ともあれ、ロイヤルティプログラムについて、ウィズコロナの時代にどうあるべきなのか、実務家の見解をいろいろと取材してみたいものです。写真が雄弁に物語っているように、客室稼働率の面においてはその強さを見せつけているのが今ですが、果たして今のような価値を長期的に維持できるものなのでしょうか。

ところで、そのロイヤルティプログラムの使いこなしをライフワークとして取り組んでおられる畏友、舟橋栄二さんの新刊(電子書籍)が出ました。

B09GN879DN

ホテル上級会員の世界: マリオットのプラチナに憧れ ヒルトンのダイヤに目がくらんだ シニア男性の夢物語

舟橋さんが夢中で取り組んできた「ホテル上級会員の夢物語」の総集編と言える内容です。詳細をぜひ、上記Amazonのページにてご覧ください。

1 comment

  1. resortboyさん、私の新著の紹介ありがとうございました。

    今、東北地方を「仙台→盛岡→十和田湖→弘前→秋田」と周遊旅行中です。旅から旅へ、リタイア後は好きな旅をして旅行記を書き、それをブログや本にして出版する、という旅人生をしています。

    私は昔から豪華な旅に憧れていました。しかし、平凡な元教員の私では“高額”旅行は無理です。そこで必死に考えたのが「安くて豪華な旅」の追求です。その結果、会員制リゾートクラブから出発して、豪華客船クルーズの旅、マイル利用の国際線ビジネス・ファーストクラスと続きました。そして、最後に高級ホテルの上級会員に行き着きました。

    マリオットやヒルトンの上級会員になることによって今まで体験したことのないようなラグジュアリーな世界を見させて頂きました。私は自分のリタイア後の人生がこんなにも豊かになるとは夢にも思いませんでした。その軌跡を今回の著書『ホテル上級会員の世界』では書きました。興味のある方は御覧ください。

    funasan(舟橋栄二)より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です