(結論)トーキョーベイの景観はヒルトンお台場が優勝

ここ数年、都市型リゾートホテルの研究を自分なりにしてきたわけですが、それが高じて実際にそんなロケーションの中に住むようになってしまったので、その過程で得た研究成果について記事にしてみたいと思います。言いたいことはタイトルで書いてしまいましたが、トーキョーベイの景観を楽しむなら、ヒルトン東京お台場が優勝です。

冒頭は8階の814号からの景色で、カテゴリーとしては「スーペリアデラックスルーム」になります。お台場のヒルトンはカテゴリー分けが複雑で、値段の高いお部屋が景色がよいと一概に言えないんですが、ポイントだけ説明すると、20番のお部屋が一番景色がよいと言われています。

このホテルは海に向かって円形に配置されているので、お部屋によってかなりビューが異なりますが、レインボーブリッジの見え方や距離感はこのホテルがベストだと感じます。

ヒルトン東京お台場の後ろには、グランドニッコー東京台場があり、場合によってはこちらのホテルを利用することもありますが、一般に、海沿いの立地でバルコニーにも出られるヒルトンお台場に軍配が上がるのは必然でしょう。

続いて、反対側の汐留サイドのホテルをチェックします。コンラッド東京からの眺めは過去記事を見てください。このホテルからのベイビューは、まぁ一般によい景色と思いますが、もっと海に近い場所にもホテルがあるので、ベストとは言い難い。

というわけで、汐留側でより海に近いホテルをチェック、というわけで、やってきました「インターコンチネンタルホテル東京ベイ」。

アクセスは、ゆりかもめの竹芝駅から直結です。自分は一時、IHGにシフトして行こうかと考えていましたが、このホテルに行ってみてやめることにしました。何というか、共有スペースにゆとりがなくて、コスパの悪いホテルのように思えてしまったんですね。

ホテル前広場からのトーキョーベイの景色はこんな感じ。

ちょっとレインボーブリッジまで距離があって、海っ端で街の要素もないので景色としては物足りないです。

最後におまけですが、竹芝には竹芝桟橋に隣接して「アジュール竹芝」という、ビジネスホテル(と言って差し支えないと思います)があります。ここの10階からの景色がこちらです。

まぁやっぱり、ちょっと迫力には欠けますね。

まとめると、竹芝のホテル群からは、リゾート感よりも、むしろすぐ向かいの月島埠頭の「倉庫感」みたいなものが感じられてしまって、今ひとつな印象でした。むしろ汐留まで下がって、都会に身を置いてベイビューを眺めるコンラッド東京の方が景観に魅力があるかな、という感じで。

後は有明の東京ベイコート倶楽部ですか。こちらのホテルについてはよくわからないので(汗)コメントは差し控えます。

関連記事


Speak Your Mind

*