リッツカールトンの隣でお屋敷ディナー

夏休みを利用して京都に行ったので、忘れないうちにいくつか記事を書いておきます。せっかくの京都旅行なので、いくつかのホテルを見て回りました。その中に「ザ・リッツ・カールトン京都」がありました。

Photo by resortboy

このホテルは、かつての「ホテルフジタ京都」の跡地に積水ハウスが建てたホテルです。泊まってはいないので、内部については以下の記事をご覧ください。

(参考)『ザ・リッツ・カールトン京都』を徹底取材!ここにはまだ見ぬ京都の魅力と伝統が詰まっていた|東京カレンダー

敷地面積は約6,000平米、延床面積約24,700平米。エクシブ京都八瀬離宮と比較するとかなり小さいのですが、エクシブのスケールが異常と言った方がいいと思います(エクシブは敷地4万平米以上、延床約4万平米弱です)。ちなみに、エクシブもリッツ・カールトンも日建設計と大林組が設計と施工を担当したところが共通しています。

リッツの立地を示すために、Googleマップから画像を引用します。二条大橋のすぐ脇、鴨川沿いの絶好の立地です。

(画像出典:Google)

さて、例によってここまでは前振りで、今日の記事は上記画像のリッツの隣のブロックにある「がんこ 高瀬川二条苑」の紹介です(上記Google画像の赤いピンの位置)。

Photo by resortboy

このお店は、慶長16年(1611年)に豪商、角倉了以(すみのくらりょうい)が建てた別邸の跡地に建つお屋敷レストランです。「高瀬川源流庭園」と呼ばれる庭園が魅力で(以下は食事をしたテーブルからの撮影です)、夏は川床も出しています。

Photo by resortboy

実は川床料理でも、とこのエリアに向かったのですが、時節柄あまりお客さんもおらず、またお天気も悪かったので、お庭を見ながら食事をすることにしました。

Photo by resortboy

夜は4,000円~10,000円くらいのレンジで各種和食コースを提供しているお店ですが、コロナ禍の影響でしょうか、幅広いお客さんにリーチするために、しゃぶしゃぶの半額フェアが開催されていました。

Photo by resortboy

通常、3,980円の「近江牛しゃぶ」のセットが半額で1,990円でした。豚しゃぶなら1,000円を切っています(いずれも本体価格で、別途消費税とサービス料10%)。もうこれで行くしかないですね。座席もお庭を望むベストの位置にご案内いただきました。

Photo by resortboy

あんまり安くて申し訳ないくらいだったのですが(何しろ、ここはリッツの隣の鴨川のほとりにあるお屋敷ですよ)、きれいなお庭を見ながら、夕暮れ時に変わりゆく景色を楽しみつつ、普段はあまり食べないようなきれいなサシの入ったしゃぶしゃぶを満喫しました。

Photo by resortboy

お食事が済んだあと、お庭に出て「高瀬川の源流」を味わいました。高瀬川は、江戸時代初期に、前述の角倉了以が物流用に作った運河なのですが、この建物のすぐ脇の二条大橋の下流側で鴨川から取水して、この屋敷を通ってから木屋町通り沿いに流れていきます。

Photo by resortboy

このお店の玄関の向かいから高瀬川がはじまる感じなわけですが、すぐ近くには以下のような高瀬舟(水運に用いる船で、高瀬川の名も高瀬舟に由来する)の復元があり、当時を偲ぶことができます。

Photo by resortboy

というわけで、リッツにお泊りのBonvoy系の方や単にリッツの見学に行くホテラーの方は、ぜひこちらのお店にも足を運んでみてください。最寄り駅は地下鉄の京都市役所前で、同駅には「京都ホテルオークラ」が直結です。

がんこ 高瀬川二条苑
〒604-0922 京都市中京区木屋町通二条下ル東生洲町484-6
075-223-3456

(公式サイト)お屋敷・高瀬川二条苑 | がんこフードサービス

4 comments

  1. resortboyさま
    リッツカールトンのセレブな体験かと思いきや、すごくコストパフォーマンスのよい耳寄りな情報でした^^こんなに素敵な場所で半額のしゃぶしゃぶとは・・。これは行くしかないですね。京都に行く機会があったら、半額でなくてもぜひ行ってみたいと思います。いい情報ありがとうございます。

    また、エクシブ京都八瀬離宮はそんなに広いのですね!エクシブのスケールの大きさがよくわかるお話でした。いつか予約が取れたら行ってみたいです。

  2. 行ったことあります。高校の同級生たちと京都探訪したとき、がんこと聞いて、京都まで来て「焼き肉屋かよ」と思ったら立派な庭のある料亭で驚いた覚えがあります。12~13人のグループだったので、小さいお座敷に通されて、舞妓さんの踊りを見ながら食事しました。食後、お庭を散策しましたが、とても広くて手入れが行き届いていました。

  3. みるしょこらさん、足立さん、コメントありがとうございます。がんこは京都駅ビルにも入っている和食チェーン店で、また僕も混同していましたが、コロワイド傘下の焼肉チェーン「味のがんこ炎」のイメージもあって(別の会社)、「?」という感じでしたが、利用して大正解でした。

    もらってきたパンフレットによると、懐石料理と組み合わせた場合、45,000円で舞妓さんを手配できるということです(2021年現在)。

    それから、記事への情報追加ですが、同店は10%のサービス料がかかります(上記、舞妓さんの料金は税サ込です)。本文にも追記しておきます。

  4. リッツ京都、2年前に泊まりました。
    「こんな所にもがんこがある」と話しながら前を通ったのですが
    なかなかの庭ですね、ここにすれば良かった…
    リッツの和食処は低い階にあり、窓の外はそそり立つ石垣。
    ちょろちょろっと木が植っているだけでした。
    (石垣マニアなら「おおっ」となるのでしょうが…)
    接客サービスもバーのスタッフが一番良くて
    (これで分かるかな?ご察しください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です