ではお待ちかねの、お食事の紹介である。Dグランデ蓼科のレストランは写真のようなスペース。夕食は決まったコース1種類の決め打ちで、選択の余地はない。僕が宿泊した際には中華料理のコースだった。朝食に関しては、チェックインの時に、和食か洋食かをチョイスできる。

以下、夕食をノーカットで全編ご紹介する。なお、スープとデザートを除いては、2名分の分量である。

冷菜四種盛り合わせ(花オクラの甘酢漬け、小海老としめじの和え物、フカヒレのゼラチン寄せ、馬刺しの葱山椒ソース)

特選蓼科牛と茸彩々炒め

大正海老の青じそ風味

北京ダック

カサゴの唐揚げ黒酢ソースがけ

キヌガサ茸入りスープ

野沢菜とジャコの炒飯

パンプキンココナッツプリンとジャスミンティー

いやはや、ボリューム満点の夕食である。久しぶりにお腹の皮が突っ張るようなディナーであった。お味の方については好みがあるので細かな論評は控えるが、素材に関しては申し分ないものを感じた。ただし味付けは総じてかなり濃い目で、ビールのお供としては最高だが、薄味が好みの方にはちょっとキツかったかもしれない。総評としては、東急クォリティといって差し支えないと思う。

では次に、朝食についてもご紹介。

まずは洋食。コーヒーやお茶、牛乳にジュースはドリンクコーナーからのセルフサービスであった。メインのプレートは、着席してからアツアツのものを出してくれる。スクランブルエッグはバターが濃い目で、いかにもホテルってな感じの味付け。

こちらが和食。

こちらは普通に最高であった。何が最高かというと、ご飯が炊きたてであったことだ。エクシブなどの大型ホテルでは、どうしてもあらかじめ炊いておいたご飯をジャーに入れて供する、ということになり、せっかくのご飯がヨレヨレの状態で出てくる。エクシブではご飯そのものを美味しいと感じることはほとんどない。

ここDグランデ蓼科では、夕食は18時、朝食は8時からの一斉スタートとなっており、ヨーイドンで全員が同時に食べ始めるルールとなっている(掛け声はありませんが)。時間の融通はまったく利かない。そういう意味では保養所仕様なのだが、そのおかげで、炊きたてのご飯にありつけたのであろう。

お金の話をするのは無粋かもしれないが、これをご覧になって皆さんどう感じるだろうか。リゾートトラストだったら、夕食は6,000円か7,000円、朝食はリゾーピア相当として1,500円程度の値付けになるのではないだろうか。そう考えると、リフレッツ倶楽部料金である8,925円とは、リゾートトラスト流に言えば、ほとんどお食事代だけということになる。

費用面に関してこの続きは詮無いので書かない。お料理のチョイスができないという不都合はある(チョコたん情報によれば、連泊するとハーヴェストクラブ仕様の和食になったりするらしく、同じ料理が続いたりはしないようだ)。時間も選べない。しかし、そうした仕様に利用者が「合わせる」「偶然を楽しむ」ことができれば、なかなか素晴らしいではないか。

6 コメント

  1. 初めまして。まーしーと申します。
    実は同じ日にDグランデ蓼科に泊まっており、
    思わず書き込みをさせていただきました。
    (食堂入り口付近におりました団体です。その節はお騒がせしてすいませんでした。)

    Dグランデ蓼科ですが、
    施設の清潔さ、部屋の広さ、お食事のボリュームなどを鑑みると
    8925円は非常にお値打ちではないかと思いました。

    10室の割に大浴場もしっかりしていましたし、
    各室とも眺望が別荘地にむかって抜けていて、
    当日の好天で景色も夕日もとても綺麗で皆大満足でした。

    個人的に感心したのは、従業員の方がとてもしっかりしていたことです。
    フロントの方が食事のサービスもしていることは驚きましたが、
    その分小さな会話におもてなしの心遣いを感じることができました。

    来月中旬は箱根にも滞在する予定です。
    紅葉もなんとか間に合いそうですので、今からとても楽しみにしています。

  2. まーしーさん、はじめまして。実際に泊まられた方のコメント、このブログの読者の方にも参考になると思います。ありがとうございました。

    お泊りのお部屋からは眺望もよかったんですね。僕の泊まったお部屋からは、木がさえぎってそれほどでもありませんでした。多分、入り口から見て右側に行くほど景色がいいのでしょうね。

    > 8925円は非常にお値打ちではないかと思いました。

    まったく同感です。僕自身も、リゾート会員権を持っている意味を自分に問いかけ直す機会となりました。

    リゾート会員権って、僕も含めて持っている人たちは、何百万円も出して会員権を買って、年会費や固定資産税も負担して、それでも利用の度にルームチャージを払っているわけです。この一連のDグランデの記事を読んで「あ~あ」って思っている人は少なくないでしょうね。

  3. 早速ご返信いただき光栄です。

    おっしゃる通り、お部屋はむかって右よりの2室(和洋室)でした。
    和室も、布団のかわりにある低反発のマットレスを重ねて使えましたので、
    寝心地は快適だったようです。
    食事は和食を想定していたので、中華では地元のよさがでないのではと思いましたが、
    野菜や山の素材や地元のお肉などが使われていて嬉しかったです。
    (個人的にはキノコが気に入り、特に和食膳のなめこが美味でした)

    確かに、豪奢な施設や至れり尽くせりの接客に価値を求めないのであれば、
    リフレッツ倶楽部のようなシステムを利用するという選択はアリだと思います。
    私も気の置けない人との旅行や両親とのんびりするのに使いたいです。

    と言いながら、実は来月初島にも行きます。記事を読んで再度勉強したいと思います。

  4. まーしーさん、resortboyさん、こんばんは。
    たくさん、旅行がしたい時は、お財布と相談しながら、このようなお値打ちの施設も組み合わせながらの旅も好いものですよね。そう、おもてなしの心がいろんなシーンで私も感じる事ができました。
    中華で正解。お食事だけでもOKだったらいいのになって思いました。

    小規模施設って大規模ホテルとはちがったやすらぐものがあるんですよね。

    ・・・ぶつぶつ文句言いつつ、エクシブの良さも感じられたりで・・・
    浮気とは言わないでしょうけど、これからも会員権に固執しないであちこち楽しみましょうね。まーしーさん、箱根はどんなか教えてくださいね。城が崎の新しい施設は、期間限定ですが、さらにお値段お安く利用できるお知らせがきていましたね(^_^)

  5. まーしーさん、エクシブもご利用なんですね。またお気軽にコメントくださいませ。

    チョコたん、こんばんは。

    > これからも会員権に固執しないであちこち楽しみましょうね

    っていうのは、まさにその通りだなぁと思っています。

    城ヶ崎のリフレッツ倶楽部ですが、ここは以前は「四季の旅」のパルアクティブの直営施設「四季ホテル 伊豆城ヶ崎海岸」でした。パルアクティブがこの手の保養所活用事業者のはしりではないかと思います。

  6. チョコたんさん・・・ 初めまして、こんばんは。
    私はresortboyさんのように公開スペースを持っておりませんのでご報告場所に迷いますが、
    機会があればぜひお話させていただきますね。
    箱根はちょうど美術館に隣接しているようですので、借景が楽しみです。

    resortboyさん・・・ エクシブは知人の紹介で泊まるので実は初めてです。
    ハーヴェスト那須だけ泊まったことがありますが、稼動し始めということもあり、
    フロントやレストランの対応が不慣れという印象を持ちました。
    タイミングなどによって違うとも思いますが。 エクシブ楽しみです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here