東急ハーヴェストクラブ蓼科アネックスは、スキーの宿としても便利な立地にある。東急リゾートタウン蓼科のセンター地区にあって、各種レストランやコンビニ、それに蓼科東急スキー場がすぐそばである。

ロビーの中央には、写真のように太い柱があって、外壁と同じようにタイル張りされた自然石がインテリアを特徴付けている。さっぱりとした内装や、セルフサービス志向でスタッフもそれほど見かけないところは、エクシブ蓼科とは対照的。

蓼科東急スキー場は1982年12月年開業のスキー場で、現在もシングルリフト2基だけというアナクロ的魅力を持ったスキー場。標高差90m、最長滑走距離が600mというスケールの小ささが幸いして、週末でもあまり混雑しないという。(2005 Autumn)

2 コメント

  1. 先月初めて利用しました。
    特色は、ほかのハーベストと異なりレストランが無く、部屋にキッチン(レンジもあり)があること。フロントスタッフがペンションのオヤジのようにとても人懐っこく、聞くところでは、
    1、「会員常連が非常に多い。」チェックイン時に隣でチェックインしていた夫婦は常連で、「これで最後のチケット」と言っていましたので、今年30泊したようです。「会員さんは冬は皆スタッドレスに換えガンガン来ますよ」
    2、連泊して自炊が当たり前のよう。「皆さんマックスバリューで食材をたくさん買い込んできますよ」「連泊がほとんど。今年の夏の最高は一人で14泊した大学先生です」
    3、レストランも無く、こんな小さい施設がきちんと運営できるのも、ハーベストのシステムと思います。マンションの管理と同様に共有者がハーベストに管理を委託する概念、細かな修繕の明細も案内され、維持管理の計画と負担が明快です。

    アネックスは本来の意味で別荘を共有する雰囲気でした。

  2. 東急ハーヴェストクラブ蓼科アネックスは、蓼科が好きな方で、セルフサービス志向の方にはすごくいいホテルですね。常連さんが多いのもうなずけます。

    僕の場合、スキーの拠点としてここの利用を考えていたのですが、子どもが意外とすぐに上達してしまって、蓼科東急スキー場では物足りなくなってしまいました(^^;

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here