東急ハーヴェストクラブ蓼科アネックスの大浴場はスパ棟「鹿山の湯」として独立しており、日帰り温泉施設として一般客にも開放されている。写真の室内プールは、宿泊客も有料で(大浴場は無料)、大きさは15m×6mとやや小さめ。写真の一番奥には、水深の浅い子供用プールが別にある。有料であるせいか、週末の午後だというのにご覧のとおりで、のびのびと快適な時間を過ごした。

大浴場はこの階上にあり、更衣室が別々なので、エクシブ蓼科のクアプラザのようなシームレスな使い勝手ではない。ところでこのプール、温水ではなく「温泉」である。とはいえ、水温は普通の温水プール並みなので、僕も言われるまでわかりませんでした。(2005 Autumn)

5 コメント

  1. 私は信州育ちなので子どものころよく滝の湯などにつれていってもらいました。それで暖かいプールー=温泉プールだと思っていましたが、、、

    ところで、エクシブ蓼科のプールは温泉ではないのでしょうか?露天風呂が循環式なので温泉の湯量は少ないのかな~と思っていましたが、プールは水道水なのでしょうか。蓼科という温泉地からするとちょっとさみしい気がします。

  2. さちさん、こんにちわ
    温泉プールが普通なんて、信州ってとても贅沢ですね!
    エクシブ蓼科のプールは冬でも入れるのと、あの雰囲気がなんともすばらしく、特に夜、雪の中での幻想的な感じが大好きです。あのプールは確かジャグジーのところには温泉の効用とか成分とかの表示が出ていますよね!ジャグジーは温泉なのかな?!でもプール部分は普通の温水だと、スタッフの方から説明を受けたような気が・・・・露天風呂も循環でしたか・・・「源泉かけ流し」ではないのですね~ほんとちょっぴりさみしいですね。
    東急HVCのプールも美しくてすばらしいですね、しかも温泉とは!(それとも例により写真の腕がすばらしい?!)

  3. resortboyさんご紹介ありがとうございます。すっかり、忘れていました。諏訪には、立って入る千人風呂もありますね。

    暖かいプール=温泉プール!信州ならではですね。温泉といえば野沢温泉の外湯めぐりもおもしろかったです。もう、服に着替えるのがめんどうになるくらい(笑)あっ、話が脱線しちゃいました。

    そうそう、プールの話でした。私は、鼻がとても良いので(動物的で進化してないのかな)塩素の匂いは、気になりますし、(お風呂にも入れているところあります)塩素濃度によっては、皮膚も敏感でジンマシンがでるので、それで水質の良し悪しを決めているのです(笑)

  4. チョコたん、勝手に紹介してスミマセン。今日もハーヴェストクラブと軽井沢のことを調べていたら、ACAさんのところで掲載しているチョコたんのレポートが検索されました(^^)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here