アラカルトという自由

ここのところ、この10年で最高に多忙な状況になってしまっていて、更新もままならず、読者の皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいである。今日もあまり時間がないのだが、前回の続きをちょっと書いてみたい。

前回の記事では、エクシブ蓼科のコース料理について取り上げたが、実は料理を追加したのだった。少々盛り上がりに欠ける内容だった、というのは見てのとおりなので、お刺身を追加したのだ。

冒頭の写真が「本日の盛り合わせ」(税サ別で2,000円)である。ボタンエビに中トロ、ハマチに鯛が4切れずつと、なかなか充実した内容だった。一般的な値ごろ感としては普通だと思うけれど、この場における「相対的」な話としては、かなりリーズナブルに感じた。この1皿で一発逆転、という気分である。

あまり量を召し上がらないという方は、コースはもうやめにして、最初からアラカルトでもいいのではないだろうか。刺盛りにごはんセットを付けて、茶碗蒸しとシャーベットを付ければ、もうそれは立派にコース料理である。

エクシブの場合、アラカルトでお食事をすると、はじめに無料で先付けを出してくれる。すなわち、「先付け」→「蒸し物」→「お刺身」→「お食事」→「デザート」というプチコースがアラカルト注文で成立する。

これは「エア花木鳥」だけれど、この例で計算してみると、2人で4,800円で済む(蒸し物600円×2、お刺身2,000円、お食事500円×2、シャーベット300円×2。すべて税サ別)。

エクシブにはこういう「自由」もあるので、僕もまだまだ工夫して利用していきたいと思っています。

4 comments

  1. エクシブに限らずリゾートトラストの施設での料飲は、消費税込みの価格にサービス料10%が付きます。
    4月以降は1泊1人が税抜きで1万円の料飲をしたとしたら、10000×1.08×1.1=11880円かかる
    わけで、税抜き価格の2割弱増しのコストがかかることをかんがえると、やはり税サービス込みプランでの利用の
    方がお勧めです。

  2. エクシブでの食事の選択は難しいですね。

    先々週、蓼科の翠陽でコースをいただきましたが、量が多すぎでした。
    出された料理は残さず食べる習慣があるので、きつかったです。
    一品減らしてもらえば、ちょうどよい量でした。

    先週は箱根離宮のイタリアンブッフェを利用しました
    約1年前に利用した時には料理のテーブルを回って、とりたいものがなく、
    イタリアンブッフェはだんだん好みに合わなくなってきたので、
    もう利用しないと決めていましたが、今回、同行者の希望で利用しました。
    これが、意外にも満足な内容でした。
    たまたま私の好みに合うものが多かったのか、
    レストランのスタッフが料理に工夫を凝らして改善したせいかわかりませんが、
    次回も利用したくなりました。

    我が家では上の子が来年から中学生で大人扱いになります。
    大人のコース料理ですとまだ持て余してしまうので、4月からはもっぱらアラカルトの利用を考えています。

  3. 私も中華や和食はアラカルトで利用することが多いです。
    resortboyさんの「熱海の夕食、アラカルト編」や
    「勝手にローエンドコースを…(箱根離宮)」に影響され
    リゾーピア熱海でアラカルトにしたのがはじまりです。
    当初は遅く昼食を取った時や連泊のなか日の対策として
    軽く済ます為の利用でした。

    ですが、白浜で気に入ったコースが無かった時
    コースと同じ予算で好きなものを頼んだら
    伊勢海老や鮑などかなり豪華になりました。
    それ以来、メインだらけで豪華に…に徹しています。
    あの記事を読むまで
    アラカルトで頼めるのを知らなかったので
    resortboyさんには、本当に感謝しています。

  4. 私も中華はアラカルト利用が多いです。鳥羽のお寿司カウンターも少量で良いときはアラカルトが良いですね。
    でも鉄板焼きや焼肉はコース料理のほうがお得かな?なんて思います。
    先日エクシブ唯一の焼肉レストラン、びわ湖の近江亭で一品メニューを見せていただいたら、
    黒毛和牛ロース100gがサービス別で5500円超で(泣)鉄板焼きならあり得る値段設定でしたが…。
    東京は存じませんが、関西の焼肉屋さんはいいお肉でもそんなにしません(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です