オールドエクシブに創業時の心意気を見る

初期型のエクシブが今も輝きを失っていないのは、バブル前後に企画されたという時期的なものもさることながら、リゾートをライフスタイルの中に位置づけるという当時の意気込みが、施設というハードを通して今に伝わっているからである。

最もそれがよく表れているのが、エクシブ第一弾である鳥羽本館のアスレチックジム「P・A・C」だ。見てのとおり、エクシブ鳥羽でもっとも眺望のよい場所はこのジムに与えられたのだ。

この清々しさはいったいなんだろう。健康あってのリゾートライフであることを、この場所は語りかけてくる。エクシブが会員たちをひきつけてきたコンセプトの源泉とは何なのか、この場所が教えてくれるような気がするではないか。

ちなみにこのジム、中学生から利用できるので、僕も行った際には親子で利用するようになった(軽井沢のジェネシスは中学生はダメである)。貸靴があるので、特に準備はいらない。

残念なのは、平日の夜はクローズしていることと、朝は9時からとのんびりしていること。これで早朝オープンしていれば最高なのだけれど!

20 comments

  1.  同じエクシブという名前を冠しているとはいえ、鳥羽と京都では印象はまったく違います。
    初期型エクシブがリゾートを志向しているのに対し、最近の京都や箱根といった離宮シリーズのエクシブが高級感を前面に押し出している印象がありますね。
     多分、プールやアスレッチック施設は運営費の割りに、特にエクシブのメインターゲットである高年齢層に対して、リゾートの魅力を高めるのに貢献していないと考えられているのでしょうね。
     特にプールはどうしても稼動期間が夏休みに限られますが、管理が悪くゴミや藻がたまっているとリゾート全体の印象が悪くなってしまいます。

  2. resortboyさんこんにちは。
    鳥羽本館のプールを冬に使用したときに、更衣室から廊下を通ってプールの入り口の下駄箱まで自分の靴で歩かされました。距離はさほどありませんが、プールが終わって更衣室まで戻る時に自分の靴がずぶ濡れになりました。カウンターの係員にマットをひくとか、サンダルを用意できないか質問をしましたが、以前マットをひいていたが撤去したとのことでした。更衣室からプールの入り口までの導線が何とかならないものでしょうか。
    そういえば蓼科、軽井沢、山中湖のプールでは帽子の着用を厳しくいわれますが、鳥羽はフリーだったような気がします。
    プールの前にマレット?ゴルフがありますが、あれは子供たちに大受けでした。しかし面している海岸はプライベートビーチでも目指していたんでしょうか、海水は汚れていた印象があります。

  3. 軽井沢さんへ。

    エクシブはプールでの帽子着用が厳格になったようですよ。
    今まで帽子なんて必要なかった伊豆でもこの夏から帽子着用が必須になりました。
    しかも、軽井沢や初島のように帽子のレンタルがないため、持参していなかったら
    強制購入(確か300円だったかな)決定です。

    プール利用の予定のある方、帽子をお持ちでしたら水着と一緒に持参することを強くお勧めします。

  4. 情報確認です。
    蓼科のプールも帽子着用になりましたか?

  5. resortboyさん、こんにちは。
    日々の更新、いつも楽しみにしております。

    鳥羽のジムに貸靴があるとは知りませんでした。
    てっきり持参しないといけないと思っておりました。
    子供も中学生になったので今度利用してみます。

    オールドエクシブ・・・ってなんだか良い響きですね(^^)

  6. 皆さんこんにちは。

    エクシブ鳥羽の更衣室とプールやジムへの動線は、とてもイマイチですね。ジムでトレーニングしていると、水着のグループがご家族で入ってくることもありましたし、スタッフがそれほど多くないこともあって、少々乱れ気味のオペレーションになっているのは、やや残念なところです(まぁ仕方ないですけれどね)。

    帽子については、どんなプールでも着用されるのがよいと思います。最近は100円ショップでも売っていますので、みなさん持って行きましょう。僕は軽井沢のナイキのアウトレットで買ったキャップを使っています。

  7. この連休中に鳥羽に行ってきました。
    遠距離であるがゆえに、今まで行くことがなかったのですが、行ってみてとても気に入りました。
    本館から眺めは素晴らしく、リゾートではロケーションが何より重要であることを再認識しました。
    Resortboy さんのブログを読み返して予習をし、伊勢参り、志摩スペイン村、大家族を経験してきました。
    大変参考になりました、いつもありがとうございます。

    英虞湾にある「真珠の里」というところで、真珠のアクセサリー体験をしたのですが、今回の鳥羽の観光ではここが(家族全員一致で)一番満足度が高かったのでご紹介します。
    英虞湾にある入り江(スペイン村から30分)に工房(作業小屋)があります。この入り江がこじんまりとしていて実にのんびりとした雰囲気を味わうことができます。
    真珠養殖の講義を受けてから、養殖筏から取り出したあこや貝を各自一つ選びます。
    貝からどんな真珠が出で来るかはお楽しみ。
    私が最初に選んだ貝は真珠なし、2つ目は黒ずんでダメ、3つ目でようやくきれない真珠にめぐりあいました。
    取り出した真珠を塩もみをして洗い、布で研磨をします。
    真珠を取り付ける金具(指輪、携帯ストラップ、首飾り、ネクタイピンなど)を選び、真珠に加工用の穴をあけて接着材で固定します。
    真珠をとったあとのあこや貝はさばいてもらい、貝柱を試食しました。
    食べない部分は魚の餌としして海にまいて、魚が食するところを観察します。

    真珠を一つとるとあこや貝が一つ犠牲になることや、きれいな真珠は100個に5個程度しかとれないことから、真珠のアクセサリーが高価であることも実体験として理解できました。

  8. てるちゃん、こんにちは。初のエクシブ鳥羽を楽しまれたようでなによりです。少しはお役に立てたようで嬉しく思います。

    ご紹介いただいた「真珠の里」のホームページはこちらです。うちにも女の子がいるので、こういうのはいい思い出になりそうだな~(^^) いつか行ってみたいです。

    真珠工房 真珠の里

  9. エクシブ鳥羽は大江戸温泉に勝てるか?

    突然ですが…
    先日、中日新聞に新しいホテルの宣伝が大きくのっていました。
    「ゆったりと、たおやかに。温泉リゾートTAOYA誕生。」
    2019年4月19日グランドオープンとあります。

    新聞に大々的に宣伝されたホテルのロケーションや建物が見覚えがあったので、すぐ、分かりました。ここは、私がエクシブ鳥羽に連泊した時に愛用した「タラサ志摩ホテル&リゾート」https://www.ooedoonsen.jp/taoya-shima/
    でした。妻と2人でここのダイニングルームでよくランチを食べました。
    鳥羽湾を望む風光明媚な場所にある素晴らしいリゾートホテルです。
    しかし、いつ行っても静かで(お客が少なく)閑古鳥が鳴いていました。
    当時は1泊2食で1人2万円以上する高級リゾートなので庶民は泊まれません。

    ここが1泊2食9980円~の大江戸温泉物語になる。
    これは私にとっては驚きで、風光明媚な地方の観光地にある「(大型の)高級リゾートホテル」の終焉を感じさせます。高齢化・縮小化、そして貧困化する日本では地方の高級リゾートホテルは生き残れない。それを証明しているような事件です。

    一方で、これだけ素晴らしいリゾートホテルが1泊2食1万円そこそこで楽しめるなら、お客は大挙してやってくる気がします。日本社会は確実に2極化してきてますので、大衆層の求める価格は1泊2食付き1万円程度です。しかも、快適で贅沢な食生活に慣れた今どきの日本人は陳腐なホテルや食事では見向きもしません。 タラサ志摩ホテル&リゾートの生き残り作戦は成功すると思います。

    さて、問題はエクシブ鳥羽です。
    閑古鳥が鳴くあまり、遂に平日クローズとなってしまったエクシブ鳥羽・本館、
    記念すべきエクシブ1号店としてオープンし、リゾートトラストの理想と意気込みが今でもホテルの随所に残っています。
    本館、コテージ棟、アネックス、そして別邸、総合リゾートとしてエクシブ鳥羽はタラサ志摩ホテル&リゾートなど軽く圧倒します。文句なくエクシブ鳥羽の勝ちです。ただし、1泊2食1万円の宿泊プランが通年利用できることを前提とします。

    日本社会の2極化を考えれば、
    鳥羽別邸はじめ、離宮シリーズ、ベイコートシリーズは高級・高額化を進め、日本の富裕層を狙えばいいです。しかし、その他のエクシブは大江戸温泉化する必要があります。サンメンバーズやオールドエクシブの会員は決して日本の富裕層ではありません。
    リゾートトラストとしてオールドエクシブを切り捨てるか?それとも大江戸温泉化するか?今後の方向性を決める重大な岐路では?
    10年以上、エクシブを愛してきた会員として、オールドエクシブ復活(1泊2食1万円の宿泊プランの通年運用)を切に願います。

  10. funasanさん

    タラサ志摩が大江戸温泉とは驚きですネ!
    行った事はないですが、行きたくて調べていたホテルでした。
    大江戸温泉の価格なら是非とも行きたいです!

  11. 最近よくテレビCMが流れていますね。
    私は、湯快リゾートプレミアム ホテル千畳が一番衝撃を受けました。
    時代を感じ、さびしく思ったものです。

    2泊の場合1日目は、豪華に夕食を。2泊目は軽くなど選択肢が多い方が
    利用しやすいですね。

    鳥羽にしろ白浜にしろ2泊する時は、レストランが営業しているか
    お知らせとにらめっこです。レストランの休業が多いのが利用しづらい
    要因と思っています。
    そう言う時にオーストラリア牛のステーキセットは、助かります。
    この年になると和牛は食べれません。

    とにかくオールドエクシブには頑張って頂きたい。応援しています。

  12. 奇遇です。funasanのタラサ志摩のいまを伝えるコメントを、僕は大江戸温泉の中で見ました。うちの近所のww。

    わかる人にはわかるのでどことは言いませんが、まぁすごいお客で、入場に30分、出る(清算)のに15分。リラクゼーションルームは完璧な満席、フードコートも数時間に渡って満席。まさに満員御礼・大御礼。外国人(韓国、中国、その他)も大勢。一番目立つのは日本の若いカップル。

    ホテル事業とまた違うところはあると思いますが、彼らの集客力には舌を巻きました。

    いまここで話題に出ている大江戸温泉や湯快リゾート、それに伊東園ホテルなどを、そうですね「リゾートホテル再生プロバイダー」とでも呼びましょうか。タラサ志摩は星野リゾートがやっていましたが、星野は高級志向の再生プロバイダーなので、大江戸温泉がやることになったという文脈ですね。

    実際問題として、オールドエクシブが1泊2食1万円のプランで対抗しても、彼らの徹底的な顧客志向に対抗するにはさらなる努力が必要だと思います。

    エクシブ蓼科がいま、新宿からのバスツアーを出していますが、価格が普通(別にそれほど安くない)なので効果が限定的です。伊東園の以下のページで調べてください。土曜日以外は東京から伊豆などのホテルへの送迎が「タダ」なんです。

    往復バス便のご案内 | 伊東園ホテルズ公式サイト

    せっかくの会員制組織なのですから、うまく地域営業を使ってアクセスをまとめて、タダで都会から送迎してエクシブに「来ていただく」という仕組みづくりが必要かもしれませんよ。それこそ、自宅からバスタ新宿まで、営業車で送迎するくらいのことをしないと、大量の休眠会員の重い腰を上げさせるのは難しいんじゃないですかね。

  13. エクシブ鳥羽は大江戸温泉に勝てるか?(続編)

    「タラサ志摩ホテル&リゾート」は本当に素晴らしいリゾートホテルです。
    大江戸温泉にさせてはいけないホテルなんです。

    実はかなり前(10年くらい前)ですが、私はこのホテルのジム・プール会員になって、エクシブ鳥羽に泊まるたびにここに通ったことがあります。
    海を見渡せる素晴らしい温水プールがあり、プールの水は何と海水なのです。
    ホテル前の鳥羽湾の沖合からホースで海水を吸引して温めてプールに流し込んでいます。
    プールで泳ぐだけで海洋療法(タラソテラピー)になります。
    ここは日本でも数少ないタラソテラピー施設の整ったリゾートホテルでした。

    私は平日のエクシブ鳥羽に連泊して、ここのジムで汗を流し、海水プールで泳ぎ、
    屋上の展望ジャグジーでつかり、完璧なタラソテラピーを(格安で)してました。
    お客は少なく究極のリラクゼーションになりました。

    再度言いますが、ここは本来、大江戸温泉にさせてはいけないホテルなんです。
    時代は変わりましたね。

    そんな素晴らしい「タラサ志摩ホテル&リゾート」の様子が分かる旅行記が、
    以下の私の4トラ旅行記にあります。御覧ください。

    ◎エクシブ鳥羽(5月連休編)その2
    https://4travel.jp/travelogue/10883637

    funasanこと舟橋栄二

  14. resortboyさん、皆さん、お久しぶりです。
    10連休も今日(5月6日)が最後になりましたね。

    令和元年を記念?して5月連休にエクシブ鳥羽に行ってきました。
    孫連れ家族5名で5月3日から本館スタンダード2部屋、2連泊して昨日帰ってきました。満員御礼、大賑わいのエクシブ鳥羽でしたが、勝手知ったホームエクシブなので時間差利用で快適な滞在をしてきました。
    娘夫婦の孫は3才半になり少々やんちゃになってきましたが、顔見知りのスタッフの暖かい対応に安心してエクシブライフを楽しめました。久しぶりのエクシブでしたが、やはり来て見ると、「エクシブって、いいな~」と感じる令和元年の5月でした。
    ただし、朝食・夕食ともにビュッフェにしましたが、「???」がつく内容でした。
    詳しい旅行記を今、アップしました。制作中ですが、昨日までのエクシブ鳥羽の雰囲気を御覧ください。
    https://4travel.jp/travelogue/11487997

  15. funasanさん

    いつもブログ楽しく拝見しております。お孫さん随分大きくなられましたね!
    以前も鳥羽本館のリニューアル部屋にお泊りになった記事も拝見しました。
    子供の成長は本当に早いです。
    今度私も鳥羽本館を利用し、朝夕ビュッフェを利用予定です。
    鳥羽の夜ビュッフェはサザエがあったと記憶してるのですが、なくなってますか?
    朝食ビュッフェもだいぶ質が落ちたのでしょうか?
    よかったらご感想をお聞かせください。

  16. ゴールデンウイークの鳥羽は1年で最高に過ごしやすいですよね。今年は行けなかったのですが、3年連続で鳥羽本館に2泊して、自虐ネタのスペイン村&横山展望台に行くのが我が家の定番コースです。スペイン村の花火最高ですよ。鳥羽の朝食バイキングを1月に食べたのですが、僕は2度と食べたくない内容でした。

  17. まこままさん、いつも私のブログを愛読?して下さってありがとうございます。
    鳥羽の夕食ビュッフェは2か所あって、本館が洋食中心ビュッフェ、アネックスが和食中心ビュッフェに一応なっています。夕食を予約したのが遅かったので、2夜ともアネックスのビュッフェになりました。
    さざえのツボ焼きは以前と同様ありました。刺身2種盛り合わせ、カツオたたき、海老の焼き物、その他、色々です。
    夕食ビュッフェとしては良くも悪くもないかな~、という感想ですが、
    1つ残念だったのは、「牛ステーキ又は牛しゃぶしゃぶ」がなくなって、鶏のステーキになっていたことです。
    洋食中心の本館ビュッフェに行けば牛ステーキがあるかもしれませんが、確認していません。
    デザート類は豊富で満足いくものでした。

    孫連れ3世帯の夕食なので前半の午後5時からスターに間に合わなく、5時半頃に我々夫婦がレストランに入り、遅れて娘達が6時頃入り、その後、延々と、午後7時半から(2日目は)8時頃まで飲食お喋りしてました。時間制限で追い出されることなく、ゆっくり食事ができました。注:連休にもかかわらず2回目のビュッフェが混んでいなかったです。

    サッカー小僧さん、確かに朝食ビュッフェのレベルは低いですね。どこにでもある食材を一応そろえた、ってな感じです。これではエクシブの名に恥じるのでは?という感想です。ひどかったのは、アネックスの朝食でパンコーナーにバターしかなく、ジャム類がなかったことです。スタッフに聞くと、「在庫がなくなった」という返事でした。
    あ然!甘党の私はコーヒーだけで朝食を終えました。これならセラヴィリゾート泉郷の朝食ビュッフェのほうがいい。

    でも、久しぶりのエクシブ鳥羽は十分楽しめました。

  18. hunasanさん、サッカー小僧さん

    鳥羽ビュッフェ情報ありがとうございました!
    夕食では利用したことがあったので、お二人の投稿から朝食ビュッフェについてとても興味深く読ませていただきました。
    牛から鶏への変更は明らかに質の低下ですね。残念だなあ。
    朝食はいままでアネックスのコンチネンタルを利用することが多かったのです(すぐに出発することが多くて)が、今回は宿泊プランを利用する予定でビュッフェをお願いしてました。
    こちらの投稿を見て、和食があれば和食に変更してもらうかなあ、と検討してます。

  19. 日本ブッフェ協会、一般会員のresortboyです。

    気になります。ディナーでビーフステーキまたはローストビーフが出ないのは、「普通」と「異常」を分けるものであると、個人的には考えています。普通はありえないものだと思います。

    僕の住んでいる街にはブッフェレストランがたくさんあって、代表的なものはダイバーシティの「ララドリーム」、アクアシティの「THE OVEN」だと思います。前者は平日ランチ1,599円、平日ディナー2,299円で、後者は平日ランチ1,600円、平日ディナー2,200円です(価格は税別)。これに対して各種割引が受けられるケースもあります。いずれも週末は数百円アップで、市場原理による相場形成が行われていることが価格からよくわかります。

    いずれのブッフェも、ランチに行くと牛肉メニューはありません。しかし、両方とも夕食ではローストビーフの食べ放題はあるのです。

    まさかそんなことはないと思いますが、万一その水準をエクシブが下回っているのなら、きわめて悲しい話だと思います。和食中心バイキングだから、という特殊事情によるものと信じています。和食でローストビーフは普通にありだと思ったので…。

    THE OVENについては記事にしたことがあるのでご紹介しておきます。お台場ヒルトンの向かいで素晴らしいビューです。ララドリームはガンダムビューなので別の意味で素敵です。

    お台場のベストビューレストラン | resortboy's blog – ホテルの会員制度を楽しむサイト

  20. 今までエクシブ鳥羽の夕食ビュッフェでは「牛しゃぶ」が普通にありました。これが今回、消えましたね。
    また、刺身や鯛しゃぶの具材がひと口サイズの小皿に分けて置いてあり、一度に多くの食材を持っていけないようになっています。やたらめったら皿が多いです。食材費節約の策でしょう。

    resortboyさん、私の新刊本の紹介ありがとうございました。
    アマゾンの電子書籍キンドル版なのでネット拡散が一番の援軍になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です