何かの記念日だったり、プレゼントを渡したいような特別なシーンでは、ホテルに集まって食事をすることがありますよね。でも、ばっちり個室でコース料理をキメるのも、なんだか気恥ずかしいような、もう少しサラッと格好を付けたいというときがあるのではないでしょうか。そんなときに役立つホテルレストランを今日は紹介します。

というわけでやってきたのは赤坂アークヒルズの中核施設でもある「ANAインターコンチネンタルホテル東京」です。古い方には「東京全日空ホテル」と言った方がピンとくるかもしれません。

Photo by resortboy

このホテル、今はシンガポールの政府系投資会社傘下の企業が所有しています。IHGグループに所属してインターコンチネンタルブランドとなりましたが、開業当初からインタコだった横浜などとは違って、インターコンチネンタルホテルズグループと全日空との資本・業務提携によってリブランドしたため、名前に「ANA」を冠しています。

ロビーラウンジは横浜ベイシェラトンと同様に中2階を挟んだ3層構造になっていますが、スケールが違います。アークヒルズの中核施設として全日空が気合を入れて作った、1980年代のまだ登り坂であった日本の勢いを今に伝えています。

Photo by resortboy

ロビー階(2階)からエスカレーターで3階に上がって、向かったのは中国料理レストラン「花梨」です。

(公式)3FL.中国料理「花梨」 | レストラン&バー | ANAインターコンチネンタルホテル東京

全188席、個室7室の大きなレストランですが、現在の席数はコロナ対策のために最大で130席に絞っているそうです。

Photo by resortboy

さて、冒頭に「個室」のワードを出しましたが、このレストランには大小合わせて7つの個室があります。しかし当然ながら、個室料が1室6,000円~かかりますし、それなりの(高額な)お料理を注文することが期待されるでしょう。

そこで今日の記事の第一のポイントなのですが、このレストランの平面図をご覧ください。

(画像出典:ANAインターコンチネンタルホテル東京)

左の端に注目してください。個室とは書かれていませんが、6人がけテーブルの「ほぼ個室」があるのがわかると思います。これがこのレストランの「30番テーブル」と呼ばれる「半個室」です。テーブル扱いですから、個室料はかかりません。

Photo by resortboy

写真は会食の後で帰り際に撮ったもので食器が残っていてアレですが、雰囲気はわかっていただけるでしょう。通路に面した部分は開放されていて扉はありませんが、利用した感じとしてはまさしく個室です。

予約サイトなどを通さずに直接予約を行って、30番テーブルをリクエストとして指定すれば、よく知っているな、ということで、悪い扱いにはならないと思います。

次に第2のポイントなのですが、実際にいただいた飲茶のコースをご紹介します。平日ですとお得なランチコースもあるのですが、土日にはなく、普通のコースは5,500円++(このホテルのサービス料は13%)なので、税サ込で7,000円近くなってしまいます。

飲茶のコースだと3,500円++なので、ドリンクを入れて4人で税サ込2万円で上がります。土日でもやっています。1人5,000円でANAの旗艦ホテルの個室ランチだったら、結構いいオファーなのではないでしょうか。

以下、その「厳選飲茶ランチ」を一通り紹介します。

最初は、前菜三種盛り合わせです。

Photo by resortboy

左から、豚トロのロースト、香鶏の冷菜、合鴨のローストです。クルマだったのでウーロン茶のフリーフローを頼みましたが、できればビールと合わせたい感じです。

次にスープ餃子。

Photo by resortboy

見た目はラーメンスープみたいですが、ふくらみのあるいい感じのスープです。

蒸しものはせいろ出しで、点心三種。

Photo by resortboy

左から、ほうれん草入り蒸し餃子、シューマイ、海老の蒸し餃子です。ほうれん草のも海老蒸し餃子でした。ごろっとした海老が美味しいです。

続いて、揚げもの、焼きもの。

Photo by resortboy

左から、干し海老入り白菜と豚肉の焼き饅頭と、五目入りタロ芋の揚げ物です。点心が続きますが、どれも食感がかなり違うので、飽きさせません。

点心続きなのでメイン、という感じのものはないのですが、敢えて言うと、この腸粉(チャーシュー入り蒸しクレープ)がチャーシューがたくさん入っていて、メイン風という感じでしょうか。

Photo by resortboy

最後にお食事で、炒めビーフンで締めでした。量的には僕にはちょうどよく、食の細い方には多いと思います。

Photo by resortboy

デザートには香りのいいジャスミン茶と「季節のタピオカミルク」が出ました。今はピーチ味です。

Photo by resortboy

お料理タイムが約90分、前後を入れておよそ2時間、ゆっくりと久々に会うメンバーでの会食を楽しみました。

全員のウーロン茶フリーフローを入れて、お会計は4人分コミコミでだいたい2万円ですが(駐車場4時間付き)、僕はさらに8,000円を引いてもらいました。Go Toイートもはじまっていないし、Go Toトラベル対象外の東京でなぜそんなに割引が効いたのか、気になる方は以下の記事をご覧ください(キャンペーンは終わっているのでここでは説明しません)。

IHG Ana Hotels Japan "Relax For Longer" Staycation Offer Through August 31, 2020 (Book By July 31) | LoyaltyLobby

2 コメント

  1. オフ会に参加の予定でしたが
    都合が悪くなりました
    今回は残念ですがパスさせて下さい
    申し訳ありません

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here