新橋でホテルランチ難民

考えてみれば、まだ緊急事態宣言発令中なわけです。でも、普通に生活している分には普通にショッピングはできるし、普通にレストランにも行けていて、それほど自粛ムードはありません。ところが、久しぶりに都心でホテルランチをしようと思ったら、こりゃまぁまったくお店がやっていないんですね。

自分にとってのターミナル駅は新橋(汐留)なんですが、そこでよく利用するのは、ランチは第一ホテル東京の「ラウンジ21」、ティータイムならロイヤルパーク汐留の「THE BAR」です。それで、まずランチタイムに第一ホテルに行ったんですね。

ロビーで待ち合わせだったんですが、まずロビーラウンジが営業していません。

Photo by resortboy

いやな気がしたんですが、案の定、ランチは地下1階の「伊勢廣」しか営業していませんでした。

21階の鉄板焼「一徹」と「ラウンジ21」、2階のフレンチ「アンシャンテ」、日本料理「明石」にカフェバー「トラックス」、1階のロビーラウンジとパティスリー、地下1階のバイキング「エトワール」と「一寿し」。これらが全部クローズです(アンシャンテは朝食のみ営業)。ディナーは伊勢廣だけの営業です。

ちなみに、隣の第一ホテルアネックスは休館しています。ホテル全体が死んだようになっていて、ちょっと驚きました。

それで仕方なく、汐留シティセンターに行ってイタリアンのランチにして、その後、ロイヤルパーク汐留(ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留)にお茶に行きました。冒頭の写真がそれですが、こちらもクローズでまいりました。

ロビーラウンジのTHE BARは終日クローズで、飲食でやっているのはオールデイダイニングの「ハーモニー」と、1階のカフェ(これをこのホテルのレストランと呼んでいいのかは微妙ですが、時短営業中)だけです。和食の「大志満」と中華の「XVIN」はクローズで、ロビー階にあるパン屋(ケーキ屋)はかろうじて営業しています。

アンダーコロナでのシティホテルの壊滅ぶりを目の当たりにして、ちょっとおろおろしてしまいました。

1 comment

  1. resortboyさん、皆さん、お久しぶりです。
    現在、マリオットがダブルポイント・ダブルエリートナイトのキャンペーンをやっています。期間は2月16日から4月27日までで、事前登録が必要です。ただし、2連泊以上の宿泊が必要です。

    実はこのお得なキャンペーンにつられて、早速、名古屋マリオットに連泊してきました。色々な驚きがありましたが、一番のサプライズは15階のフロント横にある巨大なレストラン「パーゴラ」です。

    パーゴラの営業が、朝食のみで、ランチもディナーも営業中止でした。いつもの2月は「いちごフェアー」開催で、ビュッフェランチに入る長い行列が出来ていました。今は閑古鳥が鳴いています。緊急事態宣言の影響は凄いですね。サービス業は一気に縮小してしまいます。

    逆にgo to キャンペーンは破壊的に凄いです。名古屋マリオットの宿泊部支配人と話し合う機会があったのですが、go to キャンペーンでコンシェルジュラウンジが収拾がつかないほど混み合い、36階の昔のラウンジをエリートメンバー用(プラチナ以上)に新たにオープンした、と言っていました。新規のお客がgo to 半額を利用してラウンジに殺到したそうです。

    緊急事態宣言もgo to キャンペーンも「旅をしたい」という人間の自然な欲求を破壊してしまいますね。困ったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です