ダイヤモンド八ヶ岳美術館ソサエティは、八ヶ岳山麓の斜面に沿うように建てられた8階建てのホテルである。8階の上には展望塔があり、このように富士山を望むことができる。早朝、澄んだ空気の中で望む富士山は格別だ。

八ヶ岳エリアから見る富士は、写真のように完璧に左右対称で、最も美しいと言われている。例えば山中湖から見る富士山は両肩にこぶがあるように見えるが、ここではそれはない。条件が重なると、韮崎市、南アルプス市周辺に雲がかかり、いわゆる「雲海富士」を見ることもできるという。(2005 Winter)

3 コメント

  1. resortboyさんこんにちは。
    ダイヤモンドの展望塔から、この大きさの富士山を撮るのには、かなりの倍率までズームしたのだと思いますが、実にシャープに写ってますね。

    2002年の師走に、同じ場所から撮った写真をリゾートクラブネットで見直して見ましたが、その差は歴然でした。

    黎明の、シルエットで浮かび上がる富士山の姿は、神々しさも感じますね。

  2. kamesan、コメントありがとうございます。

    ダイヤモンドのお部屋はどうも空調が合わなくて、のどが渇いて朝も早くから目が覚めてしまったので写真を撮りに行ったのだと思い出しました。そうそう、冬の早朝の寒い中、窓ごしに撮影していて、窓ガラスがすぐに曇ってしまって困りました(^^;

    ダイヤモンド八ヶ岳美術館ソサエティはエクシブに比べると地味ですが、1年に1度くらいは行ってみたいと感じる、とてもよいホテルだと思います。あの俗化されていない感じがいいですね。

  3. この時だったか、その次だったか、長坂IC近くの量販店に加湿器を買いに行きました。

    その時買った大型加湿器は、これからの季節、アトピーっ子を抱える我家にとっては必需品で、今でもお出かけの際、秋以降は車に積んで行きます。

    先週連泊したHVC伊東をはじめ、一般家庭と同じような個別エアコンを備えた施設を備えるホテルも増えて来ている感じもしますが、4パイプ式でかつ湿度調整まで行き届いた会員制施設は、私の知る限りではお目にかかったことが無いので、中間期の暖房&冬場の乾燥対策は必要かなった思っています。

    ダイヤモンド八ヶ岳美術館ソサエティ「きのこプラン」は、野趣溢れる地元茸のお料理に驚きを覚えましたし、オーナー重視のリゾート施設の雰囲気は、ここならではという思いもあります。

    付近に競合?他施設も多いですが、無料家族風呂をはじめ、家族利用にも魅力あふれる上品なホテルと感じています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here