シーバスに乗って

僕がみなとみらい、とりわけヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルが好きなのは、いろいろと理由があるけれども、その1つに、シーバスでのアクセス、というものがある。ちょうど、エクシブ初島クラブに行くのと同じような感覚、といったらわかってもらえるだろうか。

シーバスのデッキで

初島へは熱海から高速船で25分。対してインターコンチへは横浜からシーバスで10分である。ほんの少しだけ船に乗っていくだけで、日常から離れられる感覚が明確になって、旅への意識が高まっていく。

横浜そごう

シーバスに乗るには、横浜駅の東口に出て、まずはそごうをめざす。そごうの2階から「かもめ歩道橋」をわたるとシーバス乗り場である。

横浜ベイクォーター

2006年8月24日に「横浜ベイクォーター」という商業施設がオープンして、以前よりもずっと華やかになっていた。ここから、みなとみらいの海の玄関である「ぷかり桟橋」(みなとみらい桟橋海上旅客ターミナル)までは約10分の船旅だ。

海から見たみなとみらい

右手にみなとみらいのホテル群を眺めながら、あっという間に到着。桟橋のすぐ前にはインターコンチがそびえ立っている。桟橋にあるフローティングレストラン「海鮮びすとろ ピア21」は、インターコンチの施設の1つだったりする。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

海からアクセスして、直接ホテルに到着。このプライベート感覚は、都会のベイリゾートとしてはあまりにもよくできていると思うのだ。

2 comments

  1. こんにちは。とっても参考になりました!
    横浜駅からシーバスに乗ってインターコンチにチェックインします♪
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です