エクシブ湯河原離宮の1ベッド洋ルームB04

エクシブ湯河原離宮のスタンダードグレード(正確にはCBグレード)、1ベッド洋ルーム(禁煙)のお部屋を紹介します。ルームチャージは12,960円(税込:本体12,000円)で、定員は2名。湯河原離宮の中で一番安いお部屋の1つです。

湯河原離宮についての詳しい資料を持っていないので正確にはわかりませんが、お部屋の面積は50平米強程度と思います。また、お部屋のタイプ名は、予約システム上はB04と呼ばれているタイプです(ホームページや図面集におけるタイプ名は予約システム上の呼び方とは別になります)。

お部屋は1ルームなので、お部屋を入ったこの写真がほぼ全体です(後は水回りなど)。

入ってみて感じるのは、なんとなくハーヴェストっぽいな、ということです。新建材の仕上げがあっさりとしていて、エクシブらしくないというのが第一印象です。調度品もシティホテル風味で、華美さはありません。

このソファまわりは、なんとなくニトリっぽい印象で、こじんまりとしたものです。

しかし、ベッド周りを見ると印象が変わりました。

ベッドボードの装飾は湯河原離宮らしくキンキラキンで、やはりここはエクシブなんだな、という思いを強くします。

残念ながら山側の一番低層のお部屋でしたので、眺望はまったくなく、閉塞感があります。

ホテルでは、湯浴みを楽しんで、美味しいものを食べる、というのが目的のときに使いたいという印象のお部屋です。お部屋でのステイそのものを楽しめるタイプのお部屋ではありません。

例えば、テレビで映画でも見たい、と思っても、ソファはテレビから一番遠いところにありますし、ベッドからは90度の向きです。

お部屋の居心地という点では、このタイプはかなり低評価にならざるを得ないと感じました。

関連記事


Comments

  1. juicyma2 says:

    GWに初めて湯河原に宿泊しました。
    主人が、最近は和食が良いというので華暦でプレミアムスモールポーションをいただきました。
    4月に芦屋。これまでも有馬、京都、鳥羽別邸等でプレミアムスモールポーションをいただいていますが、湯河原はザンネ~ンでした。
    東京からきた娘たち夫婦と待ち合わせて一緒に利用したので、華暦の和食のおいしさを伝えたかったのにな…(朝ごはんはよかったですよ)
    愛知県住みなので、鎌倉の珊瑚礁に行って湯河原イン。翌日は、ヨロイヅカファームと御殿場アウトレットにいったので、箱根に宿泊すればよかったと後悔しています。
    確か浜名湖にみえたシェフがイタリアンにみえたんだったかな…イタリアンにすればよかった(*_*)
    Hpのレストラン案内にシェフの名前を全て載せてほしいなと思います。

  2. fumufumu says:

    東京在住ですが23区ではないので、夕食後お酒も入り満員電車を乗り換えて帰宅するのも嫌。
    タクシーで帰れば1万円以上。
    では夫婦2人でエクシブに泊まって、温泉に入り、お食事を楽しむ方が良いかと考えたのが会員権の購入の動機でした。

    エクシブにはお食事を楽しみにいくので、シェフのお名前をホームページのレストランに記載してもらえればといつも思います。
    テーブルに置かれているメニューにもシェフのお名前の記載があったり、なかったりですね。
    和食の場合はたいていあるように思いますが。

    同じシェフの方でも、その時々で良かったり、ウーン?だったりしますが。

  3. 先月、湯河原離宮に家族4名で行ってきました。何度か昼食で立ち寄った以外、宿泊では今回が初訪問です。rion point対象施設になった日が、我が家にとっての新規開業日と心得るケチな人間ですので、ポイント付与は翌月以降ながら4月から使えるようになった平日利用金券を使用しての泊まり初めでした。

    中田シェフのお料理は、家族も浜名湖以来のファンですので、レストランは迷わずイタリアンのマレッタへ。相変わらず創意工夫に満ちたメニューで、見た目も味も大いに楽しめました。フロア・スタッフとの会話も楽しく、初訪問ながら馴染みの店で過ごすような和やかな時間は、エクシブの真骨頂を見た思いでした。

    目や耳に届いていた湯河原離宮の低い評価で家内も期待値は低かったようですが、行ってみれば案に相違して抜群の高評価に変わりました。何よりも大きなポイントはスタッフの対応です。お部屋へ案内して下さった女性スタッフの丁寧かつ親しみのある対応に始まって、支配人さんや先述のレストラン・スタッフをはじめ、初めてお会いする全スタッフが愛想良く声掛けをして下さるなど、全体にとてもアットホームな印象を感じました。

    その印象をより深めたのが、温泉スパにガウン着用で行ける点でしょうね。ハーヴェストでも毎回体験していますが、やっぱりリラックス度がまるで違います。お部屋が幸いにして1号棟最上階の山側(裏手側)でしたので、窓に映る山の新緑が心地よく、閉塞感や圧迫感はありませんでした。それより娘たちは、館内の美術館的な雰囲気に感銘を受けていました。たしかに随所で景色の悪さを補う努力が感じられますね。

    ラウンジは思っていたよりずっと居心地が良かったですね。ここでも中田シェフ作のケーキを頂きました。難点を言えば、ロビーや各所にもう少し腰掛ける場所がほしいかな。無駄と思えるほど椅子があちこちにあるエクシブも多いんですから。ちなみに、お部屋からタブレットでチェックアウトの予約ができるのはいいですね。他の施設でも順次タブレットが配備されるようですので、今後はこの湯河原方式が採用されていくのでしょうか。

  4. juicyma2 says:

    湯河原滞在時のスタッフの対応は、私もとっても良いと感じましたよ。
    ラウンジでコーヒーをいただいているときに、水庭越しにガウンで歩いている方が丸見えですが、(お部屋からスパへのガウンはオッケーなのは了解しています。多分ガウンで歩いてよいとこだと思いますが)これってちょっとどうかなと感じました。何号棟からの移動かかちょっとわかりませんがのスパへの渡り廊下のようなところ(水庭ごしの通路)ですが…

  5. フドウ says:

    私も湯河原宿泊時にスタッフの対応にとても好感を持ちました。
    有る意味悲しいですがエクシブで接遇面でとてもよい印象に残ったのは久しぶりの様な気がします。
    職員の異動などがあってもその部分だけは変わらないでいてもらいたいと願っております。

  6. 皆さんこんにちは。コメントありがとうございます。

    湯河原離宮はオープン当初は大変に混乱してサービスレベルも低かったと思いますが、リゾートトラストの底力で盛り返しましたね。内向きにこもって利用して、食を中心に楽しむにはよい施設になったように思います。逆にオールドエクシブが好みな方には開放感に乏しいなど真逆の施設なので、好みが分かれるところかと。

Speak Your Mind

*