羽田からソウルへ 機内からの絶景!

羽田からソウル(金浦)への航空機は、Boeing 777-200ERでした。座席指定の狙い目は41番以降のA、つまり進行方向に向かって左側の窓際です。SeatGuruでシートマップを確認してみましょう。

SeatGuru Seat Map Korean Air Boeing 777-200ER (772) V1

左側に陣取るのは、富士山を空の上から眺めるためです。単に左側というだけではだめで、エコノミークラスがはじまる28番から39番までは翼のすぐ横ですから、できるだけ後ろ側の席が眺望の上からは望ましいと言えます。

この日は首尾よく「44A」を確保できました。離陸してすぐのトーキョーベイの景観は見応えがあります。

とてもいいお天気で、早くもお台場越しに富士山が見えるではありませんか。

富士山上空の絶景には言葉もありません。

飛行機はこのように本州を横断して日本海に出て、韓国を目指します。

羽田を離陸して2時間余りで金浦国際空港にランディングしました。

5 comments

  1. いよいよ始まった新たなハワイ旅行記、楽しみに拝見させていただきます。
    出だしからこの絶景ならば、経由便もまんざらでもなかったですね。
    ところで「ハワイへの道、ラストシーズン」とありましたが、もうハワイは十分?でしょうか?

  2. maimaiさん、こんにちは。前回コメントいただいたときは、テンパっていてコメ返しできなくて失礼しました。

    おっしゃるとおりで、行きにソウルを経由する分には「体力さえあればアリ」だと思いました。長男と2人でのプチ韓国観光も結構楽しかったですし。ただし、帰りの経由便はツラいだけかなと思います。

    ところで、「ラストシーズン」と言ったのは、たぶん家族全員で行くのは最後かなぁと思ってのことです。次回からは子どもたちが「自分の旅」としてハワイ旅行を楽しんでくれるといいなと思っています。そのためにいろいろな場所に連れて行って、いろいろと面倒くさいやり方をして、旅の仕方のデモンストレーションを親としてやった、という感じです。

    中学受験を自宅でやったのと同じで、親の仕事として生きていくためのツールを授けるっていうイメージでやっているんですが、果たして家庭内ではどう受け取られているんですかね。10年くらい経ったら聞いてみたいと思います。

    ハワイはいいところですから、違った立場でまた行きたいですね。

  3. 「スター・トレック」という、超長いドラマシリーズ(あまり、TV見ない僕が、相当ハマって見てた)にちなんで、
    「ハワイへの道」(別名「ハワイ・トレック」)という超大作になるのを期待します!
    これですと、今回オアフ編として、ファイナル・シーズンとなっても、今後メンバーは多少変わっても、
    「新・ハワイへの道」(新ハワイ・トレック)では、他の島々への遠征も続きます。
    さらには、子どもたちが成長し、それぞれのハワイを探る「新新・ハワイへの道」(ハワイ・トレック・ボイジャー)や、
    ご長男が隊長となって、年老いた(失礼、笑)リゾートボーイ氏を再び、ハワイへ連れて行く
    「ハワイへの道・リターンズ」(ハワイ・トレック・エンタープライズ)・・となるわけです、
    孫まで出てくるまでブログ続けてくださいね。
    僕は、この作品、ずっと追っかけますよ!!

    さて、第1編、最終シーズンということですが、前シーズンは、ジジババを連れての難行でしたが、
    今回も、まずは、ハワイとは反対方向に飛んで行くという荒行からスタート、
    まさに、トレック(いい意味で、ゆったり旅、悪い意味で、骨の折れる旅)では、ありませんか(爆)。
    喜びも疲れも、記事で楽しませて頂いたらと、更新をお待ちしてま~す。

  4. 奇遇ながら、リゾートボーイさんと同時期に大韓航空利用でソウル経由バリ島に飛びました。
    最近何かと評判の悪い大韓航空ですが、飛行機も機内食も結構良かったですね。

    旅行記「スカイ・チーム空港ビジネスラウンジ巡り1(名古屋→ソウル→バリ島)」を作りましたので興味のある方はご覧下さい。格安エコノミーチケットでもビジネスクラスの各種サービスが受けれる裏ワザ紹介があります。
    http://4travel.jp/travelogue/10997002

  5. ずきさんすさん、実にいい話ですね。僕もぜひ「ハワイへの道・リターンズ」を綴ってみたいと、ファイトが湧きましたよ。

    ハワイという場所は日本人にとって特別な場所で、世代を超えて楽しめる、普遍的な価値があると考えて、「ハワイへの道 トリロジー」(第一部 退院翌日からの旅、第二部 三世代の旅、第三部 好評連載中?)を実戦してきましたが、ぜひとも、未来に向けて、新三部作も期待していきたいです。

    話は変わりますが、funasanには大変刺激を受けまして、現在、さまざまなステータスマッチについて調査中です。クレカ取得(デルタとかSPGとか)→なんちゃって上級会員→ステータスマッチで本丸へ→ステータスの維持、という流れについて整理していますが、これはこれでリゾート会員権以上のヤマですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です