ワイキキ・パーク・ホテルのお部屋リクエスト – 2

ワイキキ・パーク・ホテルには2室をつなげて利用できる「コネクティング・ルーム」があります。2部屋でのファミリー利用である僕がこのホテルを選んだのは、ここが決定的なポイントでした。しかし実際のところ、「行くまでわからない」状況だったのは以前の記事に書いた通りです。

(関連記事)resortboy’s blog – リゾート会員権ブログ – RTCCにワイキキのホテル交換を申し込んでみた

このような状況ですから、RTCCを通じてリクエストは出してもらっていたものの、いさかか心もとない感じです。そこで、独自に情報を集めてホテルと直接交渉することにしました。

前回の記事で紹介したこのホテルの各階平面図を再掲します。

この図面には書かれていませんが、8階を除く9~23階の各階の03と04、13と14がコネクティング・ルームとして利用できるようになっています。03と04は海側、13と14は山側(駐車場側)です。

ただし、このホテルのコネクティング・ルームは一般的なコネクティングとはかなり様子が違います。お部屋の中に2部屋をつなぐドアがあるのではなく、ドアの外側の廊下をその2部屋の手前で仕切ってしまう、というスタイルなのです。

冒頭の写真がその「仕切った」状態。コネクティング利用でないときには、このドアは開け放たれていて突き当りまで廊下になっています。

コネクティング利用のときはドアを閉じ、廊下の奥がこの2室専用の「前室」とも言えるスペースに変身します。扉を開けて奥に入ると個別のお部屋の扉がある、という変わった形式で、「こんなのはコネクティングじゃない」という意見もあるようです。

お部屋はカードキーによるオートロックなので、ドアストッパーをひっくりかえしておくなど工夫をしないといけませんし、空間としてつながった感じがしないなど、事前に情報がないと期待と違うこともあるでしょう。

一方で、この廊下部分を前室として使い、荷物スペースなどに有効利用できるという考え方もあります。

ワイキキパークのお部屋は1室約29平米とそれほど広いわけではありませんから、もう1部屋、新たなスペースが追加されると考えれば、この形式も悪くはありません。

というわけで、お部屋リクエストは第一にコネクティング・ルーム、第二に高層階として、事前にホテルに直接メールを送っておきました。結果、18階の「デラックスマウンテンビュー」のお部屋が割り当てられました。お部屋からの景色はこの通り。

マウンテンビューとは名ばかりで、見えるのは駐車場と高層ビルだけ。ハワイのマウンテンビューで感じられる「癒やし」のようなものはほとんど感じることができまんでした。

それでも、ともかくコネクティング・ルームを確保できて一安心。「前室」は家族が寝静まった後に、翌日の準備をしたりするのに大いに役立ちました。

2 comments

  1. コネクティングルームと言うと、確かに、「お部屋の中に2部屋をつなぐドアがある」と思いがちですし、
    私が数多く使ってきた経験でもそうだったのですが、約10年位前にスイスのホテル(チューリッヒ・シェラトン)に泊まった時に、この記事にあるような「扉を開けて奥に入ると個別のお部屋の扉がある」という形式を初めてこの目で見て、驚きました。
    余談ですが、この話には悲しい思い出があり、実はコネクティングを予約し確認を二度もして行った上なのに、
    深夜到着してみると、フロントの係に、「あいにくコネクティングの一方が空かず、片方のみになる。もう一部屋はおなじ階に用意したのでm(_ _)m」と宣告され、外国の場合こういうの抗議しても、係は「オレの責任じゃない」と逆ギレされるだけのことをよく知ってるので、泣く泣く疲れている家族に事情を説明、離れた部屋に泊まったのですが、「ドアの中のドアの部屋」との行き来をしたので、その後、コネクティングの利用には、超敏感になっています。ちなみに、このホテルの各フロア、角のところが、その造りになっています。
    http://www.starwoodhotels.com/sheraton/property/overview/index.html?propertyID=118&language=ja_JP

    そういうことで、コネクティングの意味はもっと広く解釈したほうが良さそうですが、ワイキキパークの関連で
    ハレクラニを見てみても、コネクティングは「扉の中の扉」の造りのようですね。
    フォートラに旅行記をUPされてるのを発見したので、以下にリンク貼らせてもらいます。
    http://4travel.jp/travelogue/10800349

  2. 「コネクティングの作法」は深いですね。リゾートトラストが擁するカハラのサイトでは、以下のようになっています。適切な訳語が存在しないので、 inner and outer の訳出をはしょったのでしょうか。

    (日本語サイト)306室の通常客室、32室のスイートルームは、リクエストにてコネクティングルームをご利用いただけます。
    ザ・カハラ・ホテル&リゾート – ホノルル・ハワイ | 客室&スイートルーム
    (オリジナルサイト)306 Rooms and 32 Suites with inner and outer connecting rooms available on request.
    Oahu Hotels | Kahala Resort & Spa | Oahu, Honolulu, Hawaii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です