フリフリチキンとガーリックシュリンプの旅 – 2 ノースショア編

ノースショアに向けてクルマを飛ばした「フリフリチキンとガーリックシュリンプの旅」の後半をお届けします。前回はワヒアワのマウイマイクスの話で終わってしまったので、今回はその後の行程をまとめてご紹介します。

ワヒアワの街を出てノースに向かう途中に、ちょうど「Dole Plantation」(ドールプランテーション)がありますので、立ち寄ってみます。ドールプランテーションについては、超有名スポットなので僕が説明するまでもないでしょう。

(公式)ドールプランテーション日本語ウェブサイト

この日はドライブとB級グルメが目的なので、「Plantation Grille」で名物の「Dole Whip」だけいただいて先を急ぎます。

脱線しますがこのDole Whipには、公式のDIYレシピがあります。材料はパイナップルジュース、バナナ、砂糖、ココナツミルクととてもシンプルなので、ステイホームの暇つぶしにいいかもしれません。

(公式)DIY Dole Whip | Dole.com

材料をブレンダーで混ぜるだけという、恐ろしく単純なレシピなのが興味深い。素材で勝負!という感じでしょうか。

さて、ドライブコースは以下です。ハレイワタウンに入ってRay’sのフリフリチキンを食べ、適当なシュリンプワゴンに立ち寄り、最後はカフクまで足を伸ばしてディナーとしたいと思います。

というわけで、フリフリチキンのお店で最もポピュラーなRay’s(レイズ)でハーフチキンをテイクアウトしました。

お天気が悪かったせいか、この日は早々にチキンのグリルが片付けられていて、「フリフリ」しているところを見られなかったのが残念。

(Yelp)Ray’s Kiawe Broiled Chicken – 66-190 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI – Yelp

ところで、Ray’sは土日だけパーキングで営業、という話をよく見かけますが、Yelpの記載を見ると月曜休みですが平日も営業しているみたいですね。

個人的にはマウイマイクスの方が美味しいと思いましたが、レイズの方はお店が閉まりかけで、分が悪かったかもしれません。

さて、フリフリチキンの食べ比べをして満足したので、続いてはガーリックシュリンプの食べ比べをします。

ノースにあるガーリックシュリンプのお店で一番メジャーなのは「ジョバンニ」だと思いますが、レイズから戻るのもアレなので、まずは近場の「Camaron」(カマロン)にしてみました。2つのお店の位置関係はこのようになっています。

カマロンは日本人シェフのお店で、クリームベースのソースが特徴です。シュリンプの殻が剥かれていてとても食べやすいし、ガーリックバターの王道系とは違いますが、もしかしてここが一番ウマいんじゃないかと思いました。

(Yelp)Camaron Shrimp Truck – 66-236 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI – Yelp

さて、シュリンプワゴンは4時とか5時で終わってしまうところが多くて、夕ごはんに食べるには適当ではないのですが、ハレイワからエビの養殖地として知られるKahuku(カフク)まで行くと、もっと遅くまでやっています。一番遅くまでやっているのがFumi’s(フミズ)で、Yelpによれば19時30分までです。

というわけで、ハレイワタウンを散策して時間をつぶしてお腹を空かせてからカフクまで足を伸ばしました。

Fumi’sには1号店のトラックと、もう少し先に2号店(青い建物)があります。夕食なのでいろいろ頼んでシェアしました。

本場ですからシンプルな「オリジナル」(写真)を含めて、人気メニューの「バターガーリックシュリンプ」やそれの辛いバージョンの「スパイシーガーリックシュリンプ」などを頼んでみました。

うーん、カフクまで来てよかったな、というほどではなかったです。カマロン美味しかったな、という感じで(個人の感想です)

(Yelp)Fumi’s Kahuku Shrimp – 56-777 Kamehameha Hwy, Kahuku, HI – Yelp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。