2022年アフターコロナ、ホノルル往復6万円台

JAL傘下のLCC、ZIPAIR Tokyo(ジップエア)は、アフターコロナの需要増を見込んで、2022年の夏休みシーズンに成田-ホノルル便を毎日運行に増便します。ジップエアは現在、成田発で週3回(火・木・土)の往復便を運航していますが、これを7月16日から8月31日の期間、毎日運行とします。期間中の往復航空券は66,000円程度からです。

以下は成田からの往路の料金です(2022年4月18日8時現在)。日本的に言うところの繁忙日でもかなり安く設定されており、8月の往路の成田発は33,210円からでした。

復路はもう少し安く、32,917円からでした。なお、これら料金には施設使用料などを含んでいます。

ジップエアの往路、ZG2便は成田発が19時15分、ホノルル着が7時35分、復路のZG1便はホノルル発9時35分、成田着が13時15分(翌日)です。

※ZG2便は、木曜、土曜のみ成田19時30分発、ホノルル8時10分着。
※ZG1便は、月曜のみホノルル10時10分発、成田13時30分着。

かなり魅力的な料金ですが、リゾートトラストの会員権から海外交換機能が失われた今、現地ホテル手配に、せっかくの会員権(海外交換のために購入された方も多数)が使えなくなってしまったところが悩ましいところです。

(ジップエア公式)ZIPAIR公式サイト
(RTCC公式)RTCC|リゾートトラスト株式会社

2 comments

  1. ZIPAIR、とてもお安くて驚きですね。
    このコロナ禍が落ち着いたら、海外交換機能で旅行するのを夢見ていたので、本当に残念です。なので今回最後に、海外交換で予約してみました。
    ハワイは4月から、感染状況レベル2になり、他の旅行会社が動き出しているのに、RTCCはレベル1にならないと催行しないとの事。JALプレエコも予約しましたが、とてもレベル1に下がりそうもないですね。
    出発日の1ヶ月前には、催行するか連絡が来るので、少しの間だけ夢を見させて貰います。

  2. tugaruさん、コメントありがとうございます。

    僕が過去に旧RTCCでハワイの交換をしたときには、中身は近畿日本ツーリストのホリデイ(パック旅行のブランド)でした。近ツリは普通にゴールデンウィークや夏休みのツアーを売っているので、レベル1しばりは基準としてわからなくはないけれど、やや釈然としない部分が残りますね。

    僕もようやく介護が終わって子育ても最終コーナーなので、まさにこれからというこの春でした。「本当に残念だ〜」と穴に向かって叫びたいようなところがあります。それでブログにもいくつか関連記事を書いてみましたが、あまり反響もなくて不思議に思っています。

    海外交換(特にハワイ)を目当てにエクシブ買った人って、昔はもっといたように思うんですが、時代が変わったのかな。リゾートトラストは日本でのRCIを取り仕切っていた(子会社だった)ので、まさかそれを一方的に放棄するなんて、思いもしないことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。