香港航空282便ビジネスクラス搭乗記

香港から台北へのフライトで利用した、香港航空282便ビジネスクラスについてレポートします。この便は香港を17時50分に出て、台北に19時50分到着というスケジュールで、わずか2時間の空の旅ですが、ちゃんと食事も出ます。

2016年にできた新しいミッドフィールド・コンコースからの搭乗でしたので、ターミナル1からシャトルトレインで約6分かけて移動します。

新しいコンコースはこんな感じ。新しいせいかターミナル1とは比較にならないくらい、空いています。

機材はA330-200で、シートマップ(前方部分のみ)は以下のとおりです。

(画像出典:Seatplans.com

座席は2席3列で、2席の間にコントローラー類があります。

今回は窓際の2席を利用しました。

シートの向かいはこんな感じで、状差しと物入れがあるだけです。

エンターテインメントのディスプレイはどこにあるかというと、座席の間から引っ張り出して設置するスタイルでした。

これだと離着陸時にしまわないといけないので、ちょっとイマイチに感じる方もいるかもしれません。

シートは実に細かく調整ができるようになっていました。

完全ではありませんが、シートはほぼフラットになります。

フライトは2時間なので、十分すぎるほどです。

短距離の路線なのでミールは「スナック」という扱いでしたが、結構ちゃんとした食事が出ました。

メインは2つから選べました。1つはチキンとほうれん草のラザニア。

もう1つはハタのフィッシュボールのライス添えでした(炭水化物が多すぎ)。

この魚団子のメニューは、一緒に写っているプリンもそうですが、香港のインターコンチネンタルにある有名店、海景軒 (Hoi King Heen)が担当していました。海景軒は香港航空のビジネスクラスで、昨年11月まで、こうした特徴あるメニューを提供していました。2018年2月からは、香港の有名シェフ、ガブリエル・チョイ氏とのコラボが実施されています。

Hong Kong Airlines – Hong Kong to Worldwide Air tickets, Online Special Air fares and Airline Reservation

というわけで、あっという間の2時間が過ぎ、ビジネスクラスの楽しみもそこそこに、あっという間に台北に到着してしまいました。

1 comment

  1. 平昌オリンピック観戦に行ってまいりました。
    行きはアシアナ航空のビジネスクラス、ソウルまでも2時間ですが、同じようなグレードの機内食が提供されました。
    仁川空港では羽生結弦選手のフリーの振付師(今回のSEIMEIなど)、シェイリーン・ボーンさんとのツーショット撮影、アイスアリーナでは北朝鮮の美女(?)応援団の一人とちょっとした会話を交わしたりと、オリンピックならではの経験をしてきました。
    本文とはほとんど関係のないコメントで失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。