冬の軽井沢ロングステイ

今回の軽井沢滞在は、めずらしく3泊4日という長めのステイで、かつはじめて軽井沢で過すお正月だった。以前だったらスキーにスケート、それに館内プールなど、スポーツを中心に旅程を組み立てるところだが、僕も40代半ばとなり、同行している子どもたちもローティーンの女の子。以前とは過ごし方が変わってきた。

スキーをしようかとも考えたのだが、結局いろいろ面倒くさくなって取りやめにしてしまった。何をして過ごしていたかというと、何のことはない、自宅がエクシブ軽井沢に置き換わっただけである。リゾートに来たからと言って、特別なことは何もしていない。

食事をして、スパに行って、テレビを見て、ゲームをして、年賀状を書いて、ちょっとは勉強もしてと、まるで自宅にいるようなホテルステイを楽しんだ。

行った所と言えば、もっぱら買い物である。初日の2日は自宅で箱根駅伝を見てから出かけたので、特にどこにも行っていない(ツルヤに行ったが休みだったのだ)。

翌日の3日は、ツルヤのある鳥居原周辺でのショッピングだ。ツルヤにしまむら、ケーヨーデイツーをはしごである(参考記事:すっかり「鳥居原」が軽井沢の要所である件)。別に軽井沢で行かなくたっていいようなお店ばかりだが、1カ所に集まっていて、なかなか予定の合わない家族でまとめて用事を済ませられるのはとっても便利である。

4日は佐久にでかけて、イオンモール佐久平で半日を過ごした(公式:イオンモール佐久平)。冬のバーゲンの最終週で、買い物が50人に1人タダになるという抽選会を行っていて大変賑わっていた。

そして最終日の5日は定番の軽井沢プリンスショッピングプラザでのバーゲン漁りである。元日から13日までの13日間に渡って「冬theバーゲン」が開催中で、まぁいつもどおりの軽プリなのだが、お正月ならではの値付けもあっておトクな品物をゲットすることができた。

さすがに冬の野外アウトレットは冷えるので、長時間の買い物にはキツい感じだったが、まぁこのクソ寒いのによく人が集まるな、と思う。

帰宅した5日はまったく渋滞もなく、高速に乗って2時間あまりでサクっと自宅まで到着した。

大して写真を撮ることもなく、4日もの間リゾートにいた感じはしないのだが、雪をかぶった浅間山を眺めながら、エクシブ御代田の立地を活かして、軽井沢のはずれの「地方都市」で過ごしたお正月は、これはこれでなかなかのものだと思うのである。

3 comments

  1. この年末年始はマレーシアで過ごしましたが、イオンモールを何箇所か(クアラルンプールとペナン)で見かけました。
    ショッピングモールは、日本津々浦々に同じものがあると、むしろ目新しさがなくなって陳腐化するような気がします。

    どこの田舎にいってもイオンモールがあって、その中にスタバとユニクロが鎮座しているような状況はどうかなと思いますが。

  2. 良いですね、エクシブののんびりステイ。私も正月・連休の喧騒が過ぎたらでかけようと思っています。RC差額なしのお得プランで別荘代わりにのんびりとステイを楽しみます。

  3. 初島で年越しでした。カウントダウンイベントは上海雑技団、面白かったです(ちなみに無料です)。
    起きたらスパに行き露天風呂から日の出を見て、朝食、お散歩して、お茶して、またスパに行って、お部屋から夕日を見て、夕食、夜空のオリオン座を眺めて、な~んにもしないのんびり正月ステイ、とても安らぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です