ホーム 著者 からの投稿 resortboy

resortboy

1890 投稿 2885 コメント

ポイントバックキャンペーンが全エクシブに拡大

今月、芦屋ベイコート倶楽部に宿泊したときに、チラシで「ポイントバックキャンペーン」のことを知りました。これは宿泊時に料金の一部をRTTGポイントで支払うと、1,000ポイント利用するごとに1,000円分の金券がもらえるというものです。

広くて豪華だけど…New Orient Landmark Hotel – 2

前回に引き続いて、マカオのランドマーク・ホテル(正式名称は、New Orient Landmark Hotel)の紹介をしていきます。今日はお部屋についてです。

クセがすごい!New Orient Landmark Hotel – 1

夏の旅先として予定していた香港でデモが起こってしまったので、急きょ決めたマカオへの旅でした。そのため、直前にホテルを予約したので、思うようなホテル選びができたわけではありません。そんな中、自分が選んだのが、この「New Orient Landmark Hotel(新東方置地、以下ランドマーク)というホテルです。

混乱する香港に来てしまった

お盆休みは例によって香港と台北を周遊してきました。しかしご存知のとおり、今年は香港で大規模なデモ活動が起きていて、香港行きをどうするのか、直前まで悩んでいました。冒頭の写真は、週末のがらんとした香港国際空港のミッドフィールド・コンコースです。言うまでもなく、香港便の飛行機は空いていました。

アーリーリタイア後のライフスタイル – 英語は世界を開く!(5)

7月に開催した名古屋オフ会のゲスト、funasanことトラベルライターの舟橋栄二さんに聞く「英語は世界を開く」の最終回をお送りします。お話の最後に、英語によってアーリーリタイア後のライフスタイルがどのように「開けた」のかを伺います。英語という観点からは脱線しますが、聴衆の皆さんがご興味のありそうな、ご家庭のプライベートなご様子にも突っ込んでみました。

英語の生情報を旅や投資に活かす – 英語は世界を開く!(4)

7月に開催した名古屋オフ会のゲスト、funasanことトラベルライターの舟橋栄二さんに聞く「英語は世界を開く」の4回目をお送りします。今回は、日本のメディアは甘い、と看破する舟橋さんが、習得した英語力を実際の「現世利益」にどうつなげているのかというお話を伺います。

文法訓練で話せる。だから聞ける – 英語は世界を開く!(3)

7月に開催した名古屋オフ会のゲスト、funasanことトラベルライターの舟橋栄二さんに聞く「英語は世界を開く」の3回目をお送りします。今回は具体的な英語のトレーニング方法について伺います。よく「英会話では文法を気にしすぎない」などということが、まことしやかに語られます。しかし舟橋さんは、「文法の反復練習こそが大事で、スピーキングができるからこそリスニングも伸びる」と、自らの体験から語ります。少しはヒアリングマラソンの努力もあったのでは? その答えは以下で。

40代で自ら仕掛けた人生の転機 – 英語は世界を開く!(2)

7月に開催した名古屋オフ会のゲスト、funasanことトラベルライターの舟橋栄二さんに聞く「英語は世界を開く」の2回目をお送りします。英語学習にかけるモチベーションについて伺っているうちに、話はもっと深い「人生の転機」について発展していきました。

英語は世界を開く!- 舟橋栄二さん(1)

resortboyが主宰するおとなのための勉強会。7月は東京を離れて名古屋で開催しました。僕のリゾートトラスト分析を第一部に、第二部には地元名古屋のfunasanことトラベルライターの舟橋栄二さんをゲストに、「英語は世界を開く」と題してお話を伺いました。その第二部の様子をいくつかの記事としてお届けします。

自宅やホテルで筋トレするための実践ガイド

6月と7月の2カ月、僕は港区内のパーソナルトレーニングジムに期間限定で入会していて、筋トレのレッスンを受けていました。アラフィフ以降の男性(女性もそうかもしれませんが)は、意識的に筋トレをする必要があると自分は考えていて、一度集中的にプロの指導を受けて体系的なスキルを身に付けたいと思ったのです。

東京オフ会#2、8月31日に開催します

今年の夏は、手薄だった関西方面の取材に注力しています。写真はエクシブ京都八瀬離宮のイタリア料理レストラン「トラットリア ジョバーノ」での一枚。祇園祭のシーズンに合わせて京都を訪れてみましたが、予想以上に暑かったです。エクシブ裏の高野川で水遊びしたい…。閑話休題。次回オフ会のお知らせです。

MADISON TAIPEI マディソン台北ホテル – 3

台北のスモールラグジュアリーホテル、MADISON TAIPEI(マディソン台北ホテル)について紹介するシリーズ。最終回はレストランとスポーツジムについて紹介します。

リゾートトラストの「コーポレートレポート」を見てみよう

10日ほど、このブログの更新をお休みしてしまいまして申し訳ありませんでした。その間に名古屋に行って、無事にオフ会をやってきたのですが、戻ってきたらいろいろと忙しくなってしまって…。オフ会の模様については、後日、funasanこと舟橋栄二さんをお招きしての勉強会パートの内容を、このブログでもご紹介していきたいと思っています。

MADISON TAIPEI マディソン台北ホテル – 2

台北のスモールラグジュアリーホテル、MADISON TAIPEI(マディソン台北ホテル)について紹介するシリーズ。今日は客室についてくわしく見ていきます。このホテルはスイートなどの特別室を別にすると、「クラシックルーム」「デラックスルーム」「オアシスルーム」「マディソンルーム」の4つのカテゴリーで予約を受けています。

MADISON TAIPEI マディソン台北ホテル – 1

このところ毎年夏には台北を旅して、いろいろなホテルを泊まり歩いて楽しんでいます。台北は海外からの観光客にとても優しい街で、高級ホテルから安宿まであらゆるタイプのホテルがあり、中国からの観光客が頭打ちになっているせいなのか、その料金は非常にリーズナブルです。

エクシブ軽井沢 翆陽のカジュアルコース

今回のエクシブ軽井沢の滞在では、例の「令和元年アニバーサリー エクシブ満喫プラン」を使ったので、格安に宿泊できました。しかもパセオに泊まったので、CBでもスタンダードの最低料金です。これは現在の全エクシブのプランで一番お得な利用ではないでしょうか。もっと言えば、オーナー本人なら1室1名利用もできます。素晴らしい。今のうちに利用しておきましょう。

エクシブ軽井沢のAmerican Breakfastは抜群!

先週末にエクシブ軽井沢で「American Breakfast」をいただいてきました。場所は本館ロビーの上階にあるイタリア料理レストラン「ルッチコーレ」です。American Breakfastという名前ですが、いわゆる「ハーフブッフェ」形式となっています。価格は2,000円++で、普通にいただくと2,376円(消費税8%の場合)になりますが、この値段で東京にあったら、自分は毎週でも行きたいです。

旧ポイントの救済をそろそろ考えよう

リゾートトラストの旧ポイント制度「POINT CLUB」は今年の3月29日に終了していますが、たまったポイントがまだ手元に残っていないでしょうか? 今日はそんなあなたのための記事です。ま、自分が期限切れに直面したってな話なんですが。

ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜が予約を開始

ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜が、1年後の開業を前に、本日6月18日より予約を開始しました。これに合わせて現地の取材をしてきましたので、最新の建築中の画像とともに、カハラ横浜および横浜ベイコート倶楽部からの、ベイビューの眺望を占ってみたいと思います。

名古屋オフ、7月15日に開催します

横浜ベイコート倶楽部に加えて、続々進出する外資系高級ホテル、それにアパの2,400室というメガホテルなどなど、ホットな横浜ベイエリアの取材をしています。写真はほぼ完成に近づいた横浜ベイコート倶楽部を、滞在したホテルから撮影しました。そのホテルがもう最高で、気に入っちゃった。ベイコートとオーケー本社の間という、なんて自分好みの…(笑)。余裕があれば記事にしますね。

キャッシュフロー計算書を読んでみよう -2

resortboyが主催する勉強会(オフ会)から、「キャッシュフロー計算書を読んでみよう」のライブ講義、2回めをお送りします。自分がよく知っている会社のIR資料を読んで財務諸表の読み方をマスターし、株式投資などに役立てる、というアプローチはなかなか有効な学びであると思います。そこで、エクシブやベイコート倶楽部を運営しているリゾートトラストの2019年3月期のキャッシュフロー計算書を読むことで、汎用的な投資スキルをマスターしちゃおう!という意欲的な企画です(笑)。

キャッシュフロー計算書を読んでみよう -1

3週間ほど前に、東京は港区の某所でオフ会(勉強会)を開催しました。かねてお伝えしている通り(ん、別にお伝えしてはいないか?)、僕はこのブログでの活動を発展させて、リアルの勉強会にシフトしていきたいと考えていて、その第一弾となる会をまずは成功裡に終えたところです。

EIGHT YEARS AFTER

このブログには2005年の開設以来の記事が全部残っていて、大人の事情で消したものを除いてはすべて公開したままにしてあります。だから、オフ会などで読者の方と会ってお話をすると、時空がねじれているような不思議な感覚になることがあります。それは新しい読者の方は、僕が書いた古い記事も新しい記事も、比較的短い時間の中でご覧いただいているからだと思います。

羽田空港国際線ターミナルの「テイルウィンド」

羽田空港にお見送りに行ったのですが、そのときに利用したレストランがなかなか素晴らしかったので紹介します。羽田空港国際線旅客ターミナルにあるホテル「ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田」内のレストラン、「テイルウィンド」です。

インターコンチネンタル横浜Pier 8が2019年11月開業

リゾートトラストのホテル開発で次に開業を控えているのは2020年7月に予定されている「横浜ベイコート倶楽部」です。このホテルはMICE施設、パシフィコ横浜の拡張である「パシフィコ横浜ノース」の建設に伴う隣接国際ホテルのニーズに対応して建設されるもので、会員制リゾートホテル「横浜ベイコート倶楽部」と一般高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」が同じ建物内に同居する形で建設が進んでいます。

Latest Stories

ポイントバックキャンペーンが全エクシブに拡大

今月、芦屋ベイコート倶楽部に宿泊したときに、チラシで「ポイントバックキャンペーン」のことを知りました。これは宿泊時に料金の一部をRTTGポイントで支払うと、1,000ポイント利用するごとに1,000円...