ホーム 著者 からの投稿 resortboy

resortboy

1925 投稿 2925 コメント

RTTGポイントの価値は何円か

昨年の4月からはじまったRTTGポイントクラブは、期待はずれな面もあったものの、はじまってしまえば「意外と貯まるな」と思っている方が多いのではないでしょうか。僕もいつの間にか平会員からひとつ上の「RTTGプレミアステージ」に昇格していました。また、何度かのポイント交換キャンペーンも経験しましたので、ここらで一度、RTTGポイントの価値は何円か、というよくあるテーマを取り上げてみたいと思います。

東京ミッドタウンクリニックで人間ドック

2年前から僕は、健康診断をリゾートトラストの子会社が運営している「東京ミッドタウンクリニック」で、毎年1月のお正月休み明けに行っています。今年で3回目になりました。3回とも少し違った形で健診を受けたので、感想を中心に記録を残しておきたいと思います。

朝日と夕日

別の記事で、横浜ベイコート倶楽部からの景色について話題にしていて気付いたことに、「太陽の位置」というものがあります。ベランダのないホテルの場合、景色を撮る(現代ではほとんどスマホでしょう)場合に、太陽の位置は極めて重要です。窓ガラスに光や影が映り込みますし、光の取り扱いが上手でないスマホもあるでしょう。

横浜ベイホテル東急「グランドコーナースイート」からの眺望

2020年のお正月休みの後半を過ごした、横浜ベイホテル東急の「グランドコーナースイート」からの眺望を紹介します。このホテルは、みなとみらいの象徴的存在である、ヨコハマグランドインターコンチネンタルのすぐ後ろ側に建っています。

横浜ベイコート倶楽部をみなとみらいの中心地から望む

今日から仕事初め、という方が多いのではないでしょうか。山中湖での年末、お台場での年越し、初島でのお正月に続いて、休みの最後の週末は横浜で締めくくりました。今年は横浜ベイコート倶楽部が開業することもあって、横浜でのお正月の過ごし方をあれこれと実践してきたところです。

初島クラブでおせちの朝食

久しぶりにエクシブ初島クラブでのお正月を過ごしています。エクシブの活用で抜群だと思うアイテムは、なんといってもこの時期の和朝食膳です。いつもと同じ2,000円++の料金で、お屠蘇からお雑煮、おせち料理までのお正月料理がばっちり味わえます。

ホテル利用学への招待 – 2

僕、resortboyが提唱している「ホテル利用学」に関する講演録の2回目をお送りします。このお正月休みはエクシブのはしごをしたり、チェーン系のホテルも組み合わせて、まさにここで話しているような、ホテルをステージとした自由な休暇の過ごし方を実践しているところです。

ホテル利用学への招待 – 1

2019年、令和最初の年の瀬も押し迫ってきました。僕はとあるオールドエクシブにこもってダラダラしております(笑)。普段は一緒に暮らしていない家族も呼んで、昔からのようにお部屋で過ごしています。子どもが宿題をしているそばで僕がPC仕事をしている様子は、家族のあり方が変わった今も、変わることがありません。まぁ旅先でブログを書くことは昔はなかったかな(受験教材の研究をしていたかも)。

2020年4月からエクシブにキャンセル料

2020年4月から、エクシブにキャンセル料が導入されます。ゴールドとレッドの利用日が対象で、3日前の17時よりルームチャージの50%、当日以降は100%のキャンセル料が徴収されます。これまでエクシブにはキャンセル料はかからなかったので、利用スタイルに関わる大きな変更と言えます。

ヒルトン名古屋で過ごすクリスマス

読者の皆さん、クリスマスイブの夜をいかがお過ごしですか? 僕は仕事の関係で、今年の12月は過去最高に多忙を極めてしまって、ブログ更新はおろかコメント返しもままならず申し訳ありませんでした。ただ、ホテル利用の研究家としての活動は、実際に忙しくなる前から予約などを入れているわけでして、せっかくの予定をキャンセルすることもできず、悲鳴を上げながらのホテルライフは継続的に行っております。

勉強会へのご参加、ありがとうございました

今日は地元お台場にて、今年4回目(名古屋開催も含めると5回目)の勉強会(オフ会)を開催しました。写真は懇親会後に有志で見に行ったお台場の花火大会(お台場レインボー花火)での一コマです。

お台場、冬のイルミネーション2019

皆さん、あっという間に今年もあと3週間ですが、お元気ですか? 僕はもう仕事でいっぱいいっぱいで、ブログの更新はおろか、コメントのレスもできていなくて本当に申し訳ありません。生存確認として、今日は僕の住んでいる街の様子をご覧いただこうかと思います。

予約の取り方2020

年末年始のフローティング予約の時期がやってまいりました。突然ですが皆さん、エクシブやベイコート倶楽部の予約をどうやって取っていますか? 僕自身は自分の変化に驚くのですが、エクシブライフをはじめて16回目の年末ともなると、かなりゆるゆるになってきているのです。だから、他の皆さんはどうしているのかなと。

ラグーナベイコート倶楽部のデザインの秘密

ラグーナベイコート倶楽部と芦屋ベイコート倶楽部は、かなり似た施設のように感じます。マリーナに面したベイサイドにあり、観光地なのか住宅地なのか判然としない立地です。しかし、その建築デザインには、かなり違った印象を持ちました。

ラグーナベイコート倶楽部へのアクセスいろいろ

ラグーナベイコート倶楽部は、リゾートトラストのホテルとしては珍しく、ホテル名に地名が入っていないホテルです。ラグーナってどこなのよ?と思いますが、「ラグーナテンボス」がある「蒲郡」にある、というのが一般的な答えになります。しかし、東京に住んでいると蒲郡がどこなのかがそもそもよくわかりません。

東京オフ会#4、12月14日に開催します

早いもので、年末までの予定がだんだんと埋まるような、そんな季節となりましたね。というわけで、さっそくですが、東京オフ会#4のご案内です。このオフ会(勉強会)がどういうものなのかについては、前回の告知記事に詳しく書かれているので、よかったらそちらの記事も再読してみてください。

ラグーナベイコート倶楽部で部屋飲みの週末

リゾートトラストのいちばん新しい会員制リゾートホテルである、ラグーナベイコート倶楽部に行ってきました。もともとエクシブとして企画されたその出自通り、エクシブとベイコートの中間的なテイストを持つ、ユニークなホテルであると感じました。おいおい、テーマ別に紹介していきます。

ベイコート倶楽部の稼働率はなぜ低いのか

僕がオフ会で催している勉強会で話題にしていることで、皆さんに注目してほしいと話していることの1つに、ベイコート倶楽部の稼働率、という問題があります。この点について興味深いデータが発表されたので、今日はそれをシェアして、皆さんと考えてみたいと思います。

芦屋ベイコート倶楽部のベイスイート、1ベッドルーム – 2

前回に引き続いて、芦屋ベイコート倶楽部のベイスイート、1ベッドルームのお部屋について紹介します。前回はお部屋全体の概要について説明したので、今回は、設備面について、利用した印象を中心にレビューしてみます。

芦屋ベイコート倶楽部のベイスイート、1ベッドルーム – 1

芦屋ベイコート倶楽部で利用したお部屋について紹介します。宿泊したのは、このホテルで一番下のグレード「ベイスイート」の1ベッドルームです。

芦屋ベイコート倶楽部へのアクセス&チェックイン

今日は、芦屋ベイコート倶楽部へのアクセスと、チェックインの様子について紹介します。この冒頭の写真は、ロビーの様子です。隣接している芦屋マリーナや、向かいにある結婚式場の南欧風の建物が見えます。

ホテルライフのコスト感覚

先週開催した勉強会でも話をしたのですが、来年以降、このサイトで15年に渡って研究してきた内容を発展させて、ホテル活用を体系化したものを発表していきたいと考えています。今日はそれに関連して、コストについて少し考えてみたいと思います。

メタボで心臓病だった私が体を作り直した話 – 4

8月に「ダイエット」をテーマに東京都港区で開催したオフ会の講演録、最初のパートの最終回をお届けします。今回は糖質制限を辞めた理由について、データを使って説明します。また、トレーニング方法についても簡単に触れ、最後にダイエット情報の選び方のヒントをお伝えします。

メタボで心臓病だった私が体を作り直した話 – 3

8月に「ダイエット」をテーマに東京都港区で開催したオフ会の講演録の3回目です。心筋梗塞になっていろいろなダイエットを試した末に「糖質制限」に出会いました。ざっくり言えば、肉を食べまくって、僕は健康を取り戻しました。今回はその糖質制限の要諦である糖質の摂取量について簡単に把握する方法と、理論を学びたい方にお薦めの書籍を紹介します。

メタボで心臓病だった私が体を作り直した話 – 2

8月に「ダイエット」をテーマに東京都港区で開催したオフ会の講演録の2回目です。前回の話で、心筋梗塞になってしまった僕は、以下のような方法でダイエットに取り組みました。努力してやせたのはいいのですが、それで体調が良くなったわけではなかったのです。

Recent Stories

東京ミッドタウンクリニックで人間ドック

2年前から僕は、健康診断をリゾートトラストの子会社が運営している「東京ミッドタウンクリニック」で、毎年1月のお正月休み明けに行っています。今年で3回目になりました。3回とも少し違った形で健診を受けたの...

朝日と夕日