ロイヤルホストを守る市民の会

「ロイヤルホスト」を運営しているロイヤルホールディングスは、コロナ禍以降、大変な苦境に陥っています。そんな状況の中、「#ロイヤルホストを守る市民の会」とハッシュタグを付けてロイヤルホストを応援しようという運動が起きているのをご存知ですか? 僕はTwitterをやらないので、ブログ記事の形でこのムーブメントに参加してみようと思います。

#ロイヤルホストを守る市民の会 – Twitter検索 / Twitter

主要事業がすべて苦境に

同社の事業は、ロイヤルホストや「てんや」などの外食事業、空港・高速道路内のレストランなどのコントラクト事業、機内食事業、「リッチモンドホテル」ブランドのホテル事業、といった分野で成り立っていますが、コロナ禍でこれらすべてが低迷を余儀なくされました。

(少し古いですが参考記事)債務超過寸前だった…ロイヤルホスト運営会社が双日の傘下入り、裏で起きた衝撃の事態

僕は「これらのすべてのファン」と言ってもよいのですが、ここ数年はあまりロイヤルホストを利用しなくなっていました。

Photo by resortboy

実は以前の居住地には生活圏に複数のロイヤルホストがあって、当たり前のように日々利用していましたが、引っ越してからここ数年はご無沙汰でした。わざわざ出かけていくほどに僕の同社へのロイヤルティは高くありませんから、この「市民運動」の話を聞くまでは、気にもかけていなかったのです。

ですが「あぶない」と聞けば応援したくなります。改めて同社の店舗を利用してみると、どの業態も素晴らしいんです。

そんなわけで今は積極的に利用するように。ビジホはリッチモンド、洋食はロイホ、和食はてんやですよ。

ファミレス界の至宝、ジャワカレーとコスモドリア

では、具体的に好きな利用シーンをいくつか切り取って、皆さんにご提案してみます。

まずロイヤルホストですが、なんと言っても冒頭の写真に掲げた「ビーフジャワカレー」と「コスモドリア」(以下の写真)です。昭和40年代からの定番メニューで、高額メニューの目立つロイヤルホストの中でも、これらは3桁メニューでリーズナブルです。

Photo by resortboy

例えば2人で食事に行くとしましょう。メインはこれらの2皿をシェアするとして、まずサラダ(ミニサラダは100円です。以下、ロイヤルホストの価格は税抜)と瓶ビール(中瓶580円)でスターターとします。

喉をうるおしているとメインがやってきます。ジャワカレーは900円、コスモドリアは880円です。

Photo by resortboy

デザートを付けても良いですね。4種から選べるこの「ダブルチョイスアイス」はアプリクーポン利用で190円です(通常380円)。若者ならともかく、中高年ならこれでお腹は満たされるはずです。

ここまででトータルの支払は2750円。税込みで3025円です。2人でサクッと3000円ですから、なかなかこれを超えるコスパと美味しさを兼ね備えた外食はないんじゃないでしょうか(ただしサイゼリヤを除く)。

てんやのクラフトビールセット

次にてんやです。てんやでは、昔からビールと天ぷら盛り合わせのセットがあって、見かけると反射的に利用してきましたが、今は店舗限定でクラフトビールのバージョンがあります。

Photo by resortboy

写真はクラフトビール2種とてんぷらの盛り合わせのセットですが、価格は税込1000円です。値付けがバグっているとしか思えません。

てんやでこれを頼んで2人でシェアしてから、ロイヤルホストの上記コースに流れると、2人およそ4000円で超幸せになれます。あぁ、食べたくなってきた。この2店が近くにあるロケーションってあるのでしょうか??

Photo by resortboy

リッチモンドホテルも素晴らしいんですよ。これについてはまた別稿で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。