私のコレステロール物語

ゲルソン療法からプチ糖質制限へ

私は2005年3月に早期退職し、念願の自由の身になりました。しかし退職の翌年、「甲状腺がん」が見つかり、第1回目の手術(2006年:54歳)をしました。さらに2年後、がんが首のリンパ節に転移していることが判明し、2回目の手術(2008年:56歳)を受けました。天国から地獄への転落です。

ここから私のコレステロール物語、第2ステージがはじまります。

funasan日記の第1部で詳しく記したように、私はがんのリンパ節転移に衝撃を受け、2回目のがん手術の後、がんセンターと縁を切り、「がん難民」になりました。

その後、「福田-安保理論」を知り、私のがんの原因が「交感神経優位の長年の生活によるリンパ球激減にある」と確信し、地元の心療内科に通院して無血刺絡治療(針治療)と血液検査をしました。

心療内科には月1回以上通院しましたが、同時に、血液検査も年間5回から11回も行っています。今回はその時の膨大な検査結果を引っ張り出してきて、1年ごとに各項目の平均値を算出しました。上記の表の左端の回数は、年間の血液検査回数です。

血液検査の結果は受診時の食事や体調によって変動します。しかし、上記の数字は1年間の平均値なので、かなりの信頼性があると思います。ただし、糖質制限を開始した1カ月後の2014年11月の検査結果だけは、単独で示してあります。糖質制限によって劇的な効果が現れたからです。

3 comments

  1. おはようございます

    とうとう本気度を試される事がやって来てしまいました。
    痩せたいと口ではなんとでも言えますが…
    やる気は無かったようです。
    夫の介護が本格化して来た今、身体を整える大切さ身に染みてます。
    いつも
    真摯なデータから見る素晴らしい解説をありがとうございます。K

  2. 39歳の時から現在まで健診結果を残しているとは凄いですね。

    ガン闘病も経験された32年間に亘る健康診断の記録に基づく分析は説得力があります。
    funasanの旅行記で高級ホテルでスイーツ食べ放題の様子を拝見しているので、funasanが糖質制限をされているとは思いませんでした。
    いずれにしても半日断食の暮らしに挑戦し、継続された事によりオートファジー効果が発揮され飛躍的に数値が改善したのには間違いないですね。

    改めて『空腹は最強の薬』である事を確信しました。

  3. Kさん、ご主人の介護が本格化してきたとは大変ですね。
    介護は先が見えないので体調を崩さないようお気をつけ下さい。
    私はまだ介護を受ける身ではありませんが、いつかその日が来るでしょう。
    今はまだ、健康で自由に旅に立てますが、これがどんなに素晴らしいことか、もっと実感しなければなりませんね。

    Mr.Sさん、今でも高級ホテルでのスイーツ食べ放題は好きです。糖質制限と言いながら(ご飯、麺、パンを食べずに)デザートは普通に食べています。朝食抜き半日断食も“腹減って無理!”の時は少し朝食を食べます。私のやっている「プチ糖質制限+半日断食」はちょっといい加減で、厳格ではありません。それでも結構いい結果がでてきているので、とりあえず満足です。でも、今後の学習でまた新たな健康法が出てくるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です