お台場民が教える今だけの秘密の場所

桜は終わりましたが、この週末は初夏のような陽気で、とても気持ちがいいですね。おだいばビーチにもすっかり観光客が戻って、とても賑わっています。もうコロナ禍は終わりましたね。

おだいばビーチはオリンピック会場だったために、2020年と2021年は延々とフェンスに囲われて閉鎖されていましたが、やっと2019年以来の気持ちのよい風景が戻ってきています。

ずっと禁止されていたマリンスポーツも元のように利用できるようになり、スタンドアップパドルボードやウインドサーフィン、シーカヤックをレンタルして楽しむ人も今日は数多く見られました。こんなところはまるでハワイみたいです。

自分はハワイが好きで(だからRTCC廃止問題には関心があるのですよ)、その雰囲気を日常的に味わえる場所としてこの場所に住んでいるんですが、まぁ実際には湿気が多くて、初夏と初秋のわずかな時期しかハワイっぽい気持ちの良さは味わえません。

これから5月下旬にかけてのわずかな期間がお台場のベストシーズンですので(秋は天候が変わりやすくて難しいです)、今のうちに皆さんぜひお越しください。

ヒルトン東京お台場もグランドニッコー東京台場もまだ価格は安いですよ。有明でよければベイコート倶楽部もありますし(近隣は工事現場が多いですが)、トラスティ東京ベイサイドも健在です。

これから都民割などがはじまるとあっという間に値段が戻ってしかも混雑してしまいますからね。今のうちです。

さて、今日は今だけの秘密の場所を教えますね。

お台場には、隣町の青海も含めて4つのショッピングモールがあり、そのうち一番大規模だったビーナスフォートが先月閉館しました。現在3つあるモールは、三井不動産のダイバーシティ東京プラザ、三菱地所のアクアシティお台場、東急不動産のデックス東京ビーチなんですが、もっともおだいばビーチに近くて立地のいいデックスが、この3つの中で一番「荒廃」しています。

コロナ禍の影響で仕方ない面もあるんですが、デックスはちょっと困った状況が続いています。

冒頭はそのデックスの5階のテラスからの撮影です。ここが僕の秘密の場所です。

ここは、2019年の12月に、勉強会と花火見物を兼ねたオフ会の後で忘年会を行ったレストランがあった場所です。そのレストランはコロナ禍で撤退し、その後はずっと空店舗になっています。

和食レストランのテラス席が合った場所は、以下のようにパブリックスペースとして開放されています。レインボーブリッジ正面のオープンエアで、ワールドクラスの絶景だと思います。

申し訳程度に10席くらい椅子が置いてあって、ひさしもあるのでちょっとした休憩に最適な、今だけのフリースペースです。

いつも誰もいませんが、今日行ってみたら先客がいて読書をしていました。よくここをご存知で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です