東京ドームシティでクリスマス気分

およそ2週間のご無沙汰でした。まずは繰り返し訪れていただいている方々に、個人的な近況報告をさせてください。9月上旬に父が死にまして、11月末までの3カ月で実家を片付けて12月から解体、とその時点では考えていました。ですが結局、四十九日までは何もできず、11月に入ってから本格的に片付けを始めたので11月中にはまったく終わりませんでした。結局、解体工事がはじまったのは12月22日からでした。

その間は片付けの現場からZoomでリモートワークの日々。まぁ人生でこれほど辛いことがあるだろうかという感じで、ブログ更新もままならず、来ていただいた方には期待はずれで申し訳ありませんでした。

解体がはじまったとはいえ、実家から大量の荷物が僕のマンションに来てしまい、今度はそれを捨てる作業に追われる日々となっています。我が家はやや特殊なところがあるとはいえ、普遍的な話題もあろうかと思いますので、「実家の手じまい」については稿を改めたいと考えています。

そんなわけで、クリスマスには間に合わせたい、という思いで必死の日々でしたが、イブをはさんでクリスマスの週末には、所属している大学の集中講義(2日で8コマ12時間)が入っており、レポートも2本課されておりまして、休む間もなく学業に勤しむこととなりました。

Photo by resortboy

少しでも時間を有効に使えればと、大学の近くに宿を取って、そばにある東京ドームシティでクリスマス気分を味わってきたのですが、これがまた大規模で素晴らしかった。皆さんにもおススメする次第です。クリスマスは終わりましたが、ウインターイルミネーションはまだ続いていますので(2月末まで)、機会があったらぜひ訪れてみてください。

Photo by resortboy

僕が訪れたのは25日土曜日の夜で、この日までクリスマスマーケットのイベントが行われていました。常設店舗に加えて、多くの飲食店やクラフトショップなどがテントを出していて、写真にあるようにもう大賑わい。コロナ禍の影響はまったく感じられませんでした。

Photo by resortboy

一番ひとが並んでいたのは大観覧車で、いったい何時間待ちなのだろう、という大行列。実はこの前週にもクリスマス気分を味わいに週末は某所を訪れていたのですが、そちらはまったく閑散としていましたので、東京ドームシティの大賑わいには驚かされました。

開催されていたクリスマスマーケットでは食べ物もいろいろ手に入ったのですが、寒さをしのぐテントのようなものはコロナ対策もあってか設置されていませんでしたので、寒空の下で食べるほかはありませんでした。

食事に関しては、「えん」「叙々苑」などのチェーン系のお店がテナントに入っているビルがありますから、そこに席を取って、こうしたイルミネーションを見ながらいただくのがよさそうです。

Photo by resortboy

さて、今日は28日。僕は明日から年末の旅に出て、年内は北へ、年明けは西へと向かいます。皆さんはどんなお正月をお過ごしでしょうか。

2021年は僕にとっていろいろなチャレンジがあり、多くの経験を得た年であった反面、ブログの運営が少々手抜きになってしまったことが悔やまれます。

2022年はもっとサステナブルなブログ運営を心がけるつもりですので、これに懲りずにどうぞよろしくお願いします。

今年もお世話になりました。楽しい年末年始をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。