お台場海浜公園が再オープン

オリンピックのために2020年から断続的に閉鎖されていたお台場海浜公園のおだいばビーチが、12月1日から主要部分を再オープンしました。まだオリンピック関係の撤去工事は続いていますが、2021年12月末をもって終了予定で、2022年1月1日からはお台場海浜公園の全エリアが利用できるようになります。

地元民としては「長かった」としか言いようがありません。中に入れなくても道路から海辺の様子がわかればそれだけでもいいのですが、長きに渡って高いフェンスが張り巡らされていて海を感じることができませんでしたので、かなりストレスがたまりました。

ホテルから眺めるだけではだめなんですよね。ビーチに出られないと。地元開催のオリンピックでしたが、結局は感染拡大で観戦もままならず、長期間に渡る犠牲感ばかりが印象に残っています。

写真は土曜日(12月4日)の夜のおだいばビーチからの夜景です。ほぼゼロコロナになったことで屋形船もたくさん出るようになり、ホテルの明かりもヒルトン東京お台場は相当戻っています。グランドニッコー東京 台場はまだまだだなぁという印象ですが、いっときに比べればずっとましです。

少し近況報告をしますと、ついに週末にお出かけすることもままならなくなり、実家の掃除にいそしんでいます。あと10日ほどで解体業者が入ってしまうので、ラストスパートという時期なのですが、「区切りをつける」ということは、いつだってなかなか難しいものですね。

余談ですが、年末年始の旅行の手配もしなければならない時期でしたので、その辺の活動もしましたよ。

1月2日の初島クラブの予約をフローティングでしましたが(自分が使うわけではないけど)、スイートにはかなり空室がありました。ラージが取りにくいのは初島クラブの構造的な特性(スタンダードがツインルームしかないため、ラージの枠でスタンダード会員を受け入れざるをえない)で空きがないのは想定内でしたが、ツインルームのスタンダードがバッテン(バツ表記)だったのは意外だったなぁ。

さらに脱線。現状の予約システムでは初島クラブの客室はラージもスイートも4人定員となっていて、同ホテルの和洋室に5人で泊まろうとすると「宿泊人数が客室の定員を超えています」と出て予約ができません。これは相当困った問題だと思うんですが、直せない(直さない)理由もなんとなくわかるところが、「エクシブ(リゾートトラスト)だなぁ」という感じがします(わかりにくいニュアンスですみません)。

2 comments

  1. 初島は、女性用の大浴場の緊急工事のため、「女性風呂」をクローズするそうです。
    2022年1月4日(火) ~同年3月31日(木)は、男女入替営業、
    2022年1月12日(水)~同年1月27日(木)は全館休業になるということです。
    https://xiv.jp/hatsu/info/content.php?info=fac&cnt_cd=20211110tpc0000005

    入れ替えでは何かと不便ですね。冬季は時々初島を利用していましたが、しばらく見合わせます。今度の年末も昨年同様、湯河原で過ごします。

  2. blueroseさん、エクシブ初島クラブのタイムリーな情報をありがとうございました。

    新年も4日朝から工事とはびっくりですね。利用日として最も価値があるゴールド設定の1月3日泊でも制限があったということですから。実需との兼ね合いで決定されたのでしょうが、リゾート会員権においては、「建前」をもっと大事にしてほしいと、個人的には思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。