待ち時間の過ごし方

熱海港の待合室は、この夏のR-Asiaのオープンに合わせてピンクをベースに改装され、かなり雰囲気が変わっていた。それはさておき、奥の3人組が眺めているのは、初島航路の時刻表である。

エクシブ初島クラブへは熱海港から高速船でアクセスするわけだが、乗り継ぎのタイミングが合わないと待ち時間が生じてしまうのが悩ましい。大体1時間に1本のペースで出ているのだが、どういうわけか14時10分の次は16時と、ここだけ2時間ほども時間が空いてしまう。

昼食をすませて14時10分の船に乗り、チェックインして15時にお部屋に滑り込む、というのが理想のタイミングだ。僕もいつもそれを目指すのだが、うまくいったためしはなく、いつも遅刻してしまい、2時間の待ち時間をもてあますことになる。

まぁ、それも旅というもの。2時間もあれば、観光アイテムが1つ追加できる。そんな風に考えて、熱海のミニ観光コースをいくつか自分なりに開拓した。

ファミリー向けにお薦めは、港の隣にある温泉プール「マリンスパあたみ」である。一般の利用だと大人1,300円とちょっと高いのだが、90分料金というのがあって、それだと大人700円、小人350円である。温浴施設に加えて、流れるプールや本格的なスライダーなどもあって、大人も子どもも楽しめる。(2006 Autumn)

[2007年7月追記]マリンスパあたみの「90分料金」は2007年3月31日で終了しました。そのため、熱海港での待ち時間に利用するには少し高いかな、という感じになっています。ちなみに、90分料金廃止の代わりに、18時以降の入場が大人700円、小人350円となりました。

3 comments

  1. マリンスパあたみに関して、本文中に追記をし、情報をアップデートしました。また、下記の関連記事を書きましたので、併せてご覧ください。

    (resortboy)マリンスパあたみ

  2. たたおさん、こんばんは。マリンスパあたみはもともと熱海市の事業でしたが、平成20年に民営化されて、明治スポーツプラザの運営になりました。民営化で合理化がどんどん進んでしまい、現在ではなんと入場が17時までとなり(18時クローズ)、まったく使いでのない施設になってしまって残念です。

    熱海は他に行き場がないこともあって非常に混雑します。ですが、混んでいるときにわざわざ行く施設ではないと思います。というわけで、ここもまた、思い出の中の施設となってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です