ココパフを食べにリリハ・バーカリーへ

ヒロ・ハッティで落ち合って、次に向かった先は「リリハ・ベーカリー(Liliha Bakery)」です。言わずと知れたロコ・スイーツ「ココパフ」で有名なお店です。

ハワイのスイーツというと、最も有名なのはレナーズ(Leonard’s)に代表される「マラサダ」だと思いますが、最近は同じくらい、このココパフがメジャー化しているような感じがします。

向かうは2014年にオープンしたばかりのリリハ・ベーカリーの2号店です。Googleマップへのリンクはこちら

ヒロ・ハッティの向かいがジッピーズ(Zippy’s)のニミッツ店なのですが、その並びにあります。ホントに歩いてすぐ。以前は「サムチョイ・ブレックファースト・ランチ&クラブ(Sam Choy’s Breakfast, Lunch & Crab)」という有名店があった場所です。

お店に入ると、右手がベーカリー、左手がコーヒーショップ(レストラン)になっています。

レストランはカウンター席24席と、テーブル席が150席という大規模なお店ですが、人気店だけあってほとんど満席。というわけでベイカリーの方でテイクアウトすることにします。

ココパフは生ものですからおみやげにするのは無理ですが、日持ちするクッキー類も売っています。帰りのホノルル空港への道すがら、立ち寄るのもよいかもしれません。

さて、本題のココパフです。ココパフというのは要するにシュークリームです。シュークリームのことを「クリームパフ」というのですが、中にココアのクリームが入っているので「ココパフ」となるわけです(ですから「グリーンティーのココパフ」というのは正確には間違いなのですが、リリハで売っているシュークリームを総称してココパフと呼ぶケースもあります)。

中にはかなりぎっしりとクリームが入っていますが、ほどよい甘さでくどくありません。またパフに乗っているシャンテリークリームの塩気とのバランスもよく、ボリューム感があるものの一気に食べられてしまいます。

お値段が1.49ドル(ココパフの場合。他のフレーバーはもう少し高いです)という割安感もいいですね。テイクアウトしちゃったので、ホテルに持ち帰って、冷蔵庫で冷やして食べました。

Liliha Bakery Nimitz
580 N. Nimitz Hwy.
Honolulu, HI 96817
(808) 537-2488
朝6時から夜22時まで(レストラン)、朝6時から夜24時まで(ベーカリー)。年中無休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です