エクシブらしいお部屋

にわかにエクシブ鳴門で盛り上がっているので、今日は鳴門のスイートグレード、Eタイプのお部屋の写真を紹介しよう。実にエクシブらしい内装で、足を踏み入れた瞬間に、何かうれしくなってしまうようなお部屋である。

お部屋は海側で明るく、ナチュラルカラーの調度品、ピンク系のファブリックと相まって、豪華さと可愛らしさがうまく同居している。

Eタイプのお部屋はほとんどが海側なのだが、わずかながら山側のお部屋もある。山側がはずれといっては申し訳ないが、やはりエクシブ鳴門まで来たのならば、お部屋は瀬戸内海を望む海側であってほしい。予約の時にはくれぐれもリクエストをお忘れなきよう。

13 comments

  1. resortboyさん、こんにちは。
    鳴門のEタイプはあまり目にする機会が無いので「おぉ〜!」と感動しちゃいます。
    E1タイプかE6タイプのどちらかなのかと想像しますが、もしかして410号室でしょうか?resortboyさんのブログにはいつもマニア心をくすぐられます(笑)。
    それと、図面では山側に思えるかもしれないけれど、実は海側に面しているE5タイプも気になりますね。

    所で、今まで無かった山側の、今年リニューアルオープンしたEタイプ(413、422、426号室)も、初島クラブのリニューアルオープンしたE4やE5タイプの良さに釣られ、どんな内装になっているのか気になって仕方ありません。

  2. ともさん、こんにちは。山側のEタイプは、リニューアルしたお部屋なんですね。それならそれで、新しいお部屋を満喫できるかも。

    写真のお部屋番号ですが、惜しい!となりの409号室でした。しかし、これだけでよくそこまで分かりますね。さすがです。

    さらに深い話をしますと、リゾートトラストの図面集、4階の平面図は、バルコニーの付き方が間違っているんですよ。これ以上ないマニアな会話ですみませんが、実際のバルコニーは以下の写真のようになっているんです。

  3. resortboyさん、こんにちは。
    実に深いです。ディープ過ぎます(笑)。
    それにしても意外にスッキリした印象のお部屋ですね。一度泊まってみたいです。

  4.  こんにちわ。
     今年のお盆は鳴門に行き、このタイプの部屋に泊まって来ました。
     resortboyさんの紹介にあったように、豪華でかわいらしくとても素敵な部屋でした。間取りは浜名湖や琵琶湖のスイートと多少異なり、一長一短ありますが、大変使いやすく気に入りました。また部屋からの眺めも最高でした。瀬戸内海を見下ろす景観は素晴らしく、眼下にはエッジレスプールもあり、子供たちが楽しむ姿も眺められます。こんな景観を部屋からぼ~っと眺めていると幸せな気分になります。
     

  5. マイリゾート77号の38ページに鳴門のアロマハウスの温泉が再分析の結果温泉法に基づく基準に満たない為に温泉ではなくなったと発表がありました。会員権の価値にも影響するポイントだと思うのですが、皆様いかがなものでしょうか?

  6. 有馬さん、コメントありがとうございます。「温泉」じゃなくなったっていうのは、結構大きなポイントのように思いますね。気分の問題と言えばそれまでですが、リゾートですから気分がすべてであって、その点ではかなりのダウングレード感につながる気がします。

  7. 箱根離宮の温泉ソムリエさんが温泉の定義を書いていましたが、定義の一つは湯温で、もう一つは、所定の温泉成分が所定量以上含まれていることでした。このどちらかを満たせば温泉と称せると言うことだったと記憶します。定期的な再検査で温度が下がったり含有成分が減ると温泉と言えなくなることもあるのですね。天然物ですからまた温泉に戻ることもあるかもしれませんが鳴戸の場合はどうでしょうか。

  8. ラブホ化?
    最近よくデイユースの利用促進がされてますが、稼働率UPのためでしょうか?

  9. この先、エクシブのラブホ化が進めばイメージが悪くなる感じですが、皆さんどうおもわれますか?

  10. jinさん、

    もちろん稼働率向上策の一つだと思いますが、私は余り気にしていません。利用者はオーナーとその紹介した人に限られますから、一寸困る客層が節度なく入ってくるとか増えるとかいう様な心配はしていません。日帰り利用は前にもあったと思いますがそれで特にエクシブのイメージが落ちたという印象ももっていません。(ちょい悪おやじオーナーの利用回数がすこしは増えたかもしれませんが(笑))

  11. よくデイユース導入されるとそういうことが言われたりしますけど。。わたしもシルバーユーザさん同様あまり気にならないほうです。

    デイユース自体は早朝着や、夜発に使えて便利だと思いますし、海外ではわたしも早朝便で着いたときに利用したことがあります。宿泊できないけど足を伸ばしたい方とかにも便利なのでは。

    仮にちょい悪オヤジさんが増えたとしても(笑)、部屋の中のことは設備を壊したりしないかぎりプライベートなことだと思っています。

    普通の利用でレストランとかに膝の抜けたジャージと部屋のスリッパで来られたりするほうが、個人的には気になります。

  12. サンメン会員の私がコメントするのはおこがましいですが、デイユースについては賛成です。
    活況を呈してくれば、ムリくり結婚式を入れる営業がなくなって、イタリアンのランチ休業が減るだろうし、スキーシーズンの早朝INといった新サービス(もう始まっている?)が始まれば便利になりますので。

    zuboradegoさんがおっしゃるように、マナーの問題が気になるところ。
    ルッチコーレで、20時スタートのディナーにスキーウェア姿(上下)でいらした家族には本当にビックリした。
    一瞬、ここはスキー場内のレストランかと錯覚しました。

  13. いよいよ鳥羽別邸の開業が迫ってきましたね。何かの写真で見たら、部屋からの眺めも素晴らしいようだし、
    部屋風呂もあの治療泉が引いてあるようで楽しみ。来月早々に、交換成立の知らせが来たので泊まってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。