夏のエクシブ山中湖いろいろ – 2

エクシブ山中湖の2014年の夏は、例年とはちょっと違ったよい雰囲気を感じたので、いくつかのシーンを切り取ってまとめてみたい。まずホテルに着いて驚いたのは、エントランスに生花が飾られていたことだ。

一流ホテルといえばロビーに生花、というのが定番だが、エクシブはといえば常に造花であって、しかし造花であることに触れてはいけない、というのがお約束であったから(替え歌まで作ったことがあるくらいである)、これには少々驚いた。

(関連)resortboy’s blog – リゾート会員権ブログ — 吹き抜けの秘密
(関連)resortboy’s blog – リゾート会員権ブログ — イミテイション・コーヨー

レセプションの方もこの通り。この夏は毎日こんな感じなのか、それともたまたまだったのか定かではないけれども、生花で迎えられると、ずいぶんといい気分になるものだ。

夏休み中に毎朝行われている、ラジオ体操のイベントにも参加してみた。7時15分からテルメサハラ(プール)の前の芝生で、ラジオ体操第1と第2を行う。この日はスカっと晴れており、富士山を見ながら一汗かいて1日をスタートするのは、とても爽快な気分だった。

猛暑の夏は山中湖でもまったく避暑にならないほどだが、早朝のこの場所は建物の影で日光が遮られ、1日で唯一といっていいほど涼やかに過ごすことができる。

こちらは1号館前から見た夏の富士山の様子。ちなみにテルメサハラ前からだと、富士山に向かって一番右側に陣取らないと富士山は見えません。

このラジオ体操企画は大成功だと個人的には評価していて、ぜひ来年もやっていただきたいと思う。逆に失敗なのが、同じ場所で9時から17時まで利用できるハンモックである。

事前に写真を見て、かなり期待していたのだけれど、日差しを遮るものがまったくないので、暑くてどうにもなりませんでした。写真映えはするけれど、やはり森の中でもないとちょっとね(^_^;)

4 comments

  1. 最近、reluxの加盟ホテルや旅館を使うようになり、本当の宿泊の楽しさを感じるようになりました。エクシブでの料理の質は高いのですが、ワインや冷酒の信じられないような高額の値付け、温泉の泉質や設備(なぜか鏡がない)の不可解なアンバランスさ。素泊まりに徹していましたが、あまりのワンパターン(施設が少なく、スーパースイートの値段)に飽き飽きといったところでしょうか。一回、relux(https://rlx.jp/21890)の銀水荘に止まってその御もてなしの差に愕然としました。
     エクシブではお互いのだましあい(オーナーであれば分かるでしょう)のような殺伐とした感じが、まったくないのです。こころから休まるリゾートです。そこで、エクシブ会員権を売却し、relux傘下のリゾート旅館・ホテルの資金にすることにしました。一回で10万かかっても年3回×10年はいけます。しかもまったく負担無しで。全国どこでも、質の高さは保障済みです。

  2. 最近さん、こんにちは。「お互いのだましあい」というのはなかなか言い得て妙だと思いました。そこを楽しめるか、スルーできるかが、エクシブを長期に渡って活用できるかの分かれ道かもしれませんね。

  3. 樹海ツアーなどはいかがですか?

    富士っこ号でのお出かけや、河口湖辺りの、情報があれば、教えてほしいです〜

    車でなく、路線バスのお出かけなど^_^

    エクシブ山中湖の通路で、朝、桃を販売してますが、エクシブで買うのもいいですし、道路沿いの店なら、オススメありますか?

    たくさん、お店があって、よくわかりません〜

  4. 山中湖の生花とってもうれしい(^^)
    次の山中湖の予定は、11月と先ですが、楽しみにでかけます。
    軽井沢も以前は、造花でしたよね。やっぱり生花ってよいですよね。
    最近リゾトラのグレイスヒルズに月に2回ほどでかけます。
    こちらも造花だからなぁ。生花になるといいな^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。