2017年版・ワイキキのRTCCホテルを検討してみる

エクシブに付帯している海外リゾートホテルの手配サービス「RTCC」の2017年度(2017年4月から2018年3月)のカタログが届いていましたので、久しぶりにハワイ(オアフ島限定)のホテルについてチェックしてみました。2013年にこのテーマで記事を書いていますが、ホテルの入れ替えなどもありますので、2017年バージョンということで再度お送りします。

例によって、JTBが設定している「ハワイのホテルグレード一覧」にしたがって、ランクの上のものからチェックしていきます。

(参考)ハワイのホテルグレード一覧-JTBの海外ツアー

残念ながらいわゆる最高級グレードのホテル、例えばザ・カハラだとかハレクラニだとかはRTCCでは手配してもらえないので、JTB的に一番よいホテルは「ハワイ・プリンス・ホテル・ワイキキ」になります。これはRTCCで手配してもらえる中で、唯一のJTBでAグレードのホテルで、これについては以前から変わりはありません。

冒頭の写真がそのハワイ・プリンスですが、前回ハワイに行ったときに、クルーズに出て洋上から撮りました。前回の旅行記は尻切れになっていますが、余裕が出てきたらまたハワイの記事も書きたいと思っています(昨年来、エクシブでないホテルにいろいろ行っていて、そちらのネタ在庫も多数あるので実現するかはわかりませんが…)。

以下からはBグレードに行きます。2017年の目玉は、総工費1億1500万ドルという大規模リニューアルを行っている最中の「パシフィック・ビーチ・ホテル」です。

2017年1月現在、お部屋の改装は全て終わっていますが、リニューアルオープンは今年の秋になります。

リニューアル後は「アロヒラニリゾート・アット・ワイキキビーチ」と改名して、新しいホテルとして再出発します。リニューアルではインフィニティプールができますし、カバナを備えたプールデッキもできます。以下のCG画像は報道発表資料からの引用ですが、こういうピカピカの状態に、RTCCを使ってタダ同然に泊まれるかと妄想するだけで期待が高まります。

(公式)Pacific Beach Hotel Waikiki Transformation

グレードBには、以前なかった「アラモアナ・ホテル」が追加されていました。このホテルはアラモアナ・ショッピング・センターに隣接しているので、ワイキキとは違った意味で便利だと思います。

その他、グレードBでは、ビーチに近くて定評のある「アストン・ワイキキ・ビーチ・ホテル」、

RTCCのハワイでは珍しい朝食付きの「ハイアット・プレイス・ワイキキ・ビーチ」などもいいですね。

また、改装するといってまだ相変わらず営業中の「シェラトン・プリンセス・カイウラニ・ホテル」や、

新装オープンしたインターナショナルマーケットプレイスを挟んでお隣の「ホリデイ・イン・リゾート・ワイキキ・ビーチコマー」などはワイキキの中心にある大型ホテルなので、無難なチョイスだと思います。

うーん、ここまですべて現地に行って撮った写真がありましたが、ビーチコマーだけないですね。

ところで、グレードBのホテルでは、以前RTCCにラインナップされていた「ワイキキ・パーク・ホテル」が消えています。僕も交換利用したことがありますが、シェラトンワイキキの隣でビーチにも近く、死ぬほどロケーションがいいのでちょっと残念です。

以上がグレードBのホテルで、まぁどれに当たってもなかなかのものだなぁと思います。

グレードC以下は面倒くさいので紹介しませんが、新たに「コートヤード・バイ・マリオット・ワイキキビーチ」がラインナップに加わりました。このホテルの前はトロリーバスの停留所です。

カラカウア通りはダイアモンドヘッド方向への一方通行なので、ワイキキからアラモアナ方面に行くにはコートヤードの前から乗るのが便利で、よく使うロケーションです(アラモアナからの帰りはTギャレリアから歩けばOK)。

4 comments

  1. RTCCでオアフ島ホテルを利用することは、
    ツアー旅行の航空券・送迎・お土産屋「抜き」
    みたいなもので、自分で航空券や送迎を
    手配するのが大変な方だと、メリットがどれだけ
    あるのかちょっと疑問ですね。

    問題なのは、RCI時代と違い、RTCCだと1週間確定
    ではなく、5日とか、ヘタをすると3日だけ!
    とかになって、結局ツアーを選んだほうが
    コスパが良かったりします。

    航空券がマイレージで手配できる場合はメリットがありますが。

  2. ウチの場合3人旅なので、一人追加の料金が発生しないRTCCはとてもありがたいです。
    今度の旅行を単純にANAツアー(往復送迎なし)で同じ条件で検索してみたら、約100万円でした。
    実際にかかった費用はビジネスクラスを特典航空券で二人分予約し、一人分のエアと二人分の税金手数料、
    RTCCの交換手数料込みで26万ちょっとで済んだので、その差額70万円…!
    RTCCと特典航空券の組み合わせはとてもお得ですよね。

  3. 東京からハワイへビジネスクラスで行く場合、安くて20万×2=40万
    オアフ島の上級ホテル1泊3万円×7=21万円として、
    エクシブの宿泊権利1泊分1万円と見積もると、
    1万円×7=7万円で総額68万円なので、

    差額70万円というのは、とても妥当なところですよね。

    RTCCの不思議なところは、ペナン島やバリ島といった
    ホテル代金が安くてメリットがあまりないところでの
    設定はあるのに、

    行きやすくて人気が高くけど、ホテル代金が高い台湾や
    香港での設定がないところですよね。

    もしRTCCの担当者が見ていたらお願いしたいんですけど、
    台湾や香港での設定をお願いしますね。

  4. パシフィックビーチにきています。
    ロビー階はまだ改装中ですが、一週間前にリクエストをした効果のせいか、お部屋はとっても快適で、ハンドシャワーウォシュレット、お部屋からは見えないですがラナイからはワイキキビーチが見られます。
    口コミではリノベーション後なのにシャワーが固定式、ウォシュレットなしのお部屋もあるとか。
    ワイキキパークホテルよりもずっといいと、親子共々喜んでおります(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。