エクシブ山中湖のカジュアルコース2018

昨年の今頃、エクシブ山中湖の中国料理レストラン「翆陽」の5,000円コース(税サ込5,940円)を紹介する記事を書きました。作り置きの点心を多く取り入れた構成で、思い切ったことをするな、と感じたものです。それから一年、そのコースはどのように変わっているでしょうか。

まず最初に大事なことを書きますが、各エクシブでは今年4月1日より、前日の夕方5時までに予約をしないと5,000円のローエンドのコースは注文できなくなりました。つまり、当日の状況で決める、ということができないので注意が必要です(当日決めると、より高額なコースしか注文できないルールとなっています)。

ではコース内容に行きましょう(この内容は7月4日(水)まで提供されているものです)。最初の写真は青島ビール(コース外)ですが、瓶ではなくあらかじめグラスに注いで提供されるようになっていました。

最初は「中国前菜盛り合わせ」です。

見てのとおりですが、手前中央はお魚の南蛮漬けで、昨年バージョンと比較するとここが増えています(細かい?)。

続いて「紅ズワイ蟹入り卵白スープ」。

昨年はズワイガニではなくて干し貝柱でした。多少バージョンアップした感じでしょうか?

次は「蟹爪フライと咸水角」。

咸水角(ハムスイコー)は、言わば中華ピロシキです。昨年春巻き1つだったのがカニ爪フライ2つになって、咸水角も2個とボリュームアップしていました。

メインっぽいパートに入ってきて、まずはお魚の「海老の四川チリソース 花巻パン添え」。

これは昨年とほとんど同じです。

お肉は「豚ヒレ肉の黒酢酢豚」。

昨年のお肉は牛バラ肉でしたので、ここはグレードダウンでしょうか。

昨年バージョンではここで再度点心が出てきましたが、2018年バージョンではカットされました。カットされた分は、蟹爪フライと咸水角のところでボリュームアップしたので、トータルでは変わらない感じです。

お食事は2種類から選べますが、個人的にはボリューム感に欠けるコースなので、2種類とも出してもらいました(特に頼まなくてもそのように声掛けしてもらえます)。

お食事1つめは「広東炒飯」。

そしてもう1つは「冷やし担々麺」でした。

最後にデザートで、「杏仁豆腐と中華菓子」。

というわけで、整理してみると、昨年とほとんど同じ内容、グレード感であることがわかりました。ただ、印象はかなり違っていて、昨年はメインの後で点心が出てきたことで「?」という印象が強かったのですが、その並びが整理されていたせいか、好印象でした。

好き嫌いはあると思いますが、ファミレスで食事をしているような気楽さのあるコースで、自分は嫌いではありません。品数も多く、テンポよく供されるので楽しいと思います。

この内容でいいので、プランに組み込んで週末に2食付きコミコミ1万円台前半(1室2名で)で利用できるのであれば、エクシブにはまだ競争力・優位性があると感じています。

9 comments

  1. resortboyさん、こんにちは。
    値上げ値上げでしばらくエクシブから遠ざかっていたのですが、最近またお得なプランが出始めたため、山中湖の「リゾートディスティネーションプラン サタデー」を予約したばかりでした。
    https://www2.wondernet.ne.jp/top/eventplan/search_result/detail.php?t=1528606715&id=7820
    土曜日・人数差額無しでこの価格はお値打ちだと思います。
    今回予約したのはまさにご紹介の翆陽5000円コースですが、なかなか良さそうですね。

    軽井沢でも、土曜日以外の設定ですが、人数差額無しで同額のプランがあり、エクシブがまた少しだけ使い易くなってきたのは喜ばしい限りです。

  2. resortboyさん、皆さんこんにちは。
    私もこの5000円コースはいつも利用してます。苦手な食材があるので以前はアラカルトを利用していたのですが家内と二人だと2~3品でお腹いっぱいになってしまうので、事前にお願いするとメニュー内容を変更してもらえるので最近はこのコースばかりです。オーナーデータベース入っているのでほとんどのレストランで対応してくれるので助かります。このへんが会員制の良い所かと思ってます。
    他の施設は調べてないのでわかりませんが、蓼科「翆陽」では5000円コースが★マーク付いているので当日でも注文できるみたいです。

  3. 6月の土曜日限定、ディスティネーションサタデーというプランは、離宮とSV,那須白河以外、全てのエクシブで展開されています。
    ふむふむさん、軽井沢でも本館のみですが、人数差額なしで利用できるようです。
    梅雨時ですがお天気に恵まれるとラッキーですよね。
    あとはオーナー限定、しかもサンクスフェスティバル対象のプランも少し充実してきたので、改善は見られるように思います。

    先日六甲SVに行ってきましたが、はっきり言って、山中湖SVの方が勝ち!という印象でした。
    まずこれは私の好みですが、せっかくの山というか高原のリゾートなのに、窓が開かない、テラスがない。
    新緑の季節で外気浴を愉しみたいと思っていたので、とても残念でした。
    お部屋はたまたま角部屋だったこともあり、とても開放感があり広く感じられ、温泉は毎日有馬から運ぶということでしたが、かけ流しだったのにはこれには感心しました。
    ロビーも天井が高く、他のSVより広々していましたが、飲み物はセルフサービスです。
    次の日、有馬離宮のロビーで相変わらず感じの良いスタッフに(有馬のスタッフは私はエクシブNO.1!と思っています)お茶をサービスしてもらって、とてもほっとしました。
    オーナーズレセプションで「昨日六甲に行ってきました」と話したら、こちらが何も言わないのに、「あそこも新人が多くて慣れないことが多くて・・・」と弁解のようなことは話し出したので、「ん?クレームを言う方が多いのかな?」と勝手に想像。
    レストランも一箇所で、館内で食事をとることが多い我が家は、やはり連泊するとなると考えてしまいます。
    料理長は銀座の割烹「六雁(むつかり)」から転職した人で39歳とか。斬新なお料理でした。
    施設自体は今後を期待しますが、しばらくリピートはないかな。

  4. blueroseさん、情報をありがとうございます。
    ディスティネーションサタデープランは軽井沢でも利用できるのですか。
    ウェブサイトではフライデーナイトプランしか見当たらず、てっきり軽井沢では設定が無いのかと思っていました。いずれにせよまた利用しやすいプランが徐々に出てきたのは良かったと思います。

    我が家は子供が一緒についてくる年齢ではなくなり夫婦二人だけの利用になってしまいましたので、人数差額のプランではコスパが悪く感じられ、年末の箱根離宮を最後に遠ざかってしまい、今年はハーヴェストばかりでしたので今月の山中湖が初エクシブです。

  5. オールドエクシブですが、金曜日のお得なプランがありますね(^^♪
    https://www2.wondernet.ne.jp/top/eventplan/search_result/detail.php?t=1528775918&id=7826&hc=
    繁忙期じゃない時期には、差額なしプランを展開してほしいですね!

    でも…こちらのサイトで見つけちゃってエクシブサイトで確認しました(*_*)
    https://www.ty-kenpo-kikin.or.jp/kenpo/content/wp-content/uploads/20180607MRP_2.pdf
    (従業員ではありません…)

  6. 皆さん、続々とお得なプラン情報を集めていただいてありがとうございます!!

    6月は閑散期なので、反動でお得なプランが出やすいと言えますが、2名以上均一料金やフリードリンクのプランが出てくるのはイイですね。

    今月は箱根離宮に予約しているけれど、オールドエクシブに変えちゃおうかな、なんて思ってしまいます。

    ところでエクシブのスタッフの方にお願いですが、現在はグレード別にプランの料金を設定をしているのに、「ルームチャージ差額なし」とする呼び方には、違和感があります。

    かつてはグレード別に基本の設定人数があり、その人数に満たない場合に「ルームチャージを満たすための差額」が発生していたのですから、意味が違います。別のものに同じ呼び名を使って、あたかもお得であるかのように喧伝するのはやめてほしいです。

    現在のプランは、グレード別料金になっているので、人数による価格変動があるかないか、というだけのことです。人数変動が通常だとすれば、「グレード別均一料金」とでも言えばいいのではないですか?

  7. blueroseさん、こんにちは。
    再度教えていただきありがとうございます。
    どうも私の探し方が悪かったようでお手数をお掛けいたしました。
    どちらかというとオールドエクシブが好きなもので軽井沢の予約もさっそく入れたいと思います。

    juicyma2さんもおっしゃっていますが、この種の人数差額無しのプランを繁忙期以外でけっこうですので秋以降も設定してほしいですね。エクシブの稼働率向上にも寄与するのではないでしょうか。

    resortboyさんご提案の「グレード別均一料金」は確かに分かりやすいですね。
    ルームチャージ差額制度は廃止しましたと言いながら、その後も時々「ルームチャージ差額なし」と名打ったプランを見掛けますが、「何言ってるの?」という感じで見ていました。

  8. 週末、急に蓼科に行くことになりまして、リゾートディスティネーションプラン サタデーを二人で利用してきました。一人11300円でお部屋は、B4タイプをちゃっかりリクエストいたしました。
    5400円の中国料理は、高級食材はもちろんありませんが、なかなかいいんじゃないってのが主人の感想です。
    インスタですが、お食事内容アップしてあります。
    https://www.instagram.com/p/BkFhq58hz4MywVIymeRKo0wXM6DZxJVhe6Kzes0/?taken-by=lululun14
    翌日が結婚記念日だったので、デザートにメッセージを添えていただきました。(来週結婚記念日ディナーは京都が予約してあります)
    酒代がかかる我が家なんで…夫婦二人でもいつも子連れ価格になってしまいますね(*_*)
    後半席だったのですが、料理長さんは、お食事の感想を聞きに席まで来て下さり、出口でご挨拶いただきました。
    チェックアウトの明細書の裏には、次回のおすすめにHpで掲載していないというオーナー様限定プランも載っていましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。