私事で申し訳ないが(っていうか個人ブログなのですべてが私事なのだが)、最近少々太り気味である。ベスト体重からプラス3キロというところで、そろそろ対策をしないと戻れなくなる危険水域だ。というわけで今日は、リゾートの滞在先で試したダイエットメニューの一例を紹介する。

今日取り上げるのはリゾーピア熱海のレストラン「潮騒」。ここのローエンドコース「遊楽御膳」はコスパが高いので、プラン利用でなければ滞在時はいつもこれをいただくのだが、この日はアラカルトで構成してみた。

まずはレストランに行く前に、お部屋で前菜だ。

昨年からサンメンバーズ会員が宿泊すると「ウェルカムコーテシー」といって特別な部屋菓子が付くのだが、昨年の夏からずっとところてんが付いている(夏だけかと思ったら冬になってもところてんであった)。これはほとんどカロリーゼロなのでダイエットにぴったり。これをお腹に入れてから潮騒へと向かうことにした。

潮騒に入ってまず注文するのは、やはりサンメンバーズ会員特典の無料ワンドリンクである。

部屋菓子の方は宿泊者全員に供されるが、ワンドリンクの方は会員本人と配偶者に限られる。いつものように冷酒をチョイスすると、先付けの前菜が運ばれてきた。こちらも無料サービスである。まだ何も注文していないのにスミマセンねぇ。

ここまででそれなりにお腹も満たされてきたので、いきなりメインメニューである。この日のチョイスは「彩り鍋」、お値段は1,260円(税込サ別)だ。

1名用の鍋メニューで、具材の方は冒頭の写真で見てほしい。伊豆らしく金目鯛なども入っていて、なかなか充実した内容。写真だとコンパクトに見えるが、実際にはかなりのボリューム感がある。

具材をお鍋に投入して、目の間のコンロで煮ていただく。ちょっとだけだがうどんが付いているので、食の細い方はここまでで軽い夕食として成立すると思う。

僕の場合はちょっと足りなかったので、さらにごはんセット(525円)を注文。ごはん一膳に、香の物と赤だしのお味噌汁で仕上げた。

気分的には和食のミニコースという感じで、お値段1963円(税サ込み)と、二千円を切りました。これで総カロリーのイメージとしては、700kcalってところでしょうか?

2 コメント

  1. resortboyさん、皆さんこんにちは。濱野です。
    っこのごろこのブログでは、リゾーピア熱海がヘビロテですね。
    私も、先週末に誕生日招待券利用で行ってきました。

    RT社の各施設では料理長の異動があったようで、ここ熱海には有馬離宮から来られたとの事です。
    そのせいかどうか、夕朝食とも満足できました。

    サンメン会員の特典は、私が冷酒、家内が白ワインを頂きました。
    夕食時の一杯必須の我々夫婦には、とても有り難いサービスです。
    この制度変更があったおかげ?で、サンメンを手放すことができなくなってしまいました。
    お部屋のところてんは、自宅へのお土産になりましたが。笑)

    夕・朝食は、私の分はご存知のように無料。
    同行した家内の二食分とデラックスルーム利用の差額3,150円、入湯税で合計11,962円の支払い。

    帰りは箱根湯本にまわり、箱根離宮で購入した「温泉ソムリエ手形」を使って吉池旅館のかけ流し温泉を楽しんで来ました。
    RT社の施設は温泉の塩素臭が強いように感じますが、今回のリゾーピア熱海は特に強く感じました。

    それでも来週はこのブログで紹介いただいた「1万円で熱海の休日」予約済みだったりします。

  2. 濱野さん、こんばんは。僕もタダ酒に釣られて昨年来、サンメンの重要度が増しておりまして、そのせいで熱海のお店の話などを続けて書いています。

    温泉ソムリエ手形はなかなかの企画でしたね。毎年やってくれるといいなぁ…。

    (公式)箱根の“温泉ソムリエ手形”販売中

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here