秋はエクシブ会員にとっては毎年の風物詩である「年会費の引き落とし」がある時期だ。エクシブ用語で言うと正しくは、「運営管理費」と呼ばれている。皆さんのところにも請求書のハガキが来ているのではないだろうか。この年会費を収めたくなくて売り急ぐ会員もいるから、秋は会員権の流通価格が安くなる、というまことしやかな説もあるくらいである。

新規でリゾートトラストから買うにしても、流通市場で名義変更で買うにしても、リゾートトラストとの契約の際に引き落とし依頼の書類にサインをして、銀行引き落としで年会費を支払うのが普通だ。僕も最初はそうしていたのだが、何年か前に思うところあって、引き落としではなく、振込み払いで支払うように変更した。

その当時は何口かの会員権を持っていたので、引き落としで自動的にお金が流れていってしまうと、その重みというか痛みというか、実感がなくなってしまってまずいと思ったのだ。引き落としをやめることにはリゾートトラスト側から何らかの抵抗が示されるのではないかと危惧したが、書類を1枚書いただけで、特に問題なく移行は完了した。

振込払いに変えると、毎年請求書と払込票が送られてくる。払込票はコンビニでは使えず、振込手数料も会員負担である。ATMやネットバンキングでも支払えるから、手数料のことを考えると払込票を使って窓口で払うよりも、そちらが現実的だ。

ただし、振込の際に名前とともに請求番号を送信するのがルール。もし、ネットバンキングなどで振込人名義が変更できないのであれば、避けたほうがよさそうだ。

また振込に変えてわかったことは、年会費はエクシブのフロントでも支払えるということだ。請求書にその旨が書かれているので、これは公式情報だ。ただしクレジットカードでの決済はできない。フロントでカード払いができれば、わずかながらポイント還元などで年会費の実質値引きになると期待したのだが、なかなかそううまい話はないようである。

さて、この年会費は、税務上は課税取引にあたるので、消費税率が改定されるとその差額が追って請求される。例えば、2014年4月に消費税率が5%から8%に上がったときは、年会費のうち4月以降に相当する部分について差額が請求された。

現状では、来年の10月から消費税率は8%から10%に上がる予定だ。そのため、2019年の10月以降に、2020年分の年会費徴収とほぼ時を同じくして、別途、2018年に支払った2019年分の年会費の追加徴収がある、というのが現状の見通しである。

ちなみに、2018年10月に届いた請求書には以下のように明記されている。

消費税は、現行税率8%にてご請求しております。消費税率が10%に引き上げられた場合、増税後の期間に対応する運営管理費は、お支払い後でありましても、増税後の税率が適用されるため、当該期間に係る消費税差額を追加でご請求させていただく予定です。ご了承願います。

(本稿初出2012年10月、追補改訂2018年10月)

6 コメント

  1. resortboyさん、こんにちは。
    リゾート会員権を購入する時、本体価格にのみ気を取られ、維持費(年会費や固定資産税)は盲点になりがちですよね?

    ちょっと妄想してみました。。。
    翡翠の年会費が 151,200円 。
    翡翠をHVC蓼科に買い換えて、年会費が 88,200円 。
    差額の 63,000円( なんと、ピッタリ! 笑 ) で
    普段、平日利用の多い我が家は、JTCのメンバーになるのも悪くなさそうです^^

  2. resortboyさん、こんにちは。
    確かに、自動引き落としだと重みを感じませんね。
    フロントで現金で10万円弱を払うと重みと言うか『え、、、そんなに高いの』って
    いまさら驚きを感じますね。年間13泊なら1泊あたり7000円強。
    1泊15000円だと思っていたルームチャージが実質22000円か、、、。

  3. たしかに引き落としだと、支払い感がありませんね。

    かつて自動車税の総額が7桁に達した時、危機感を抱き、何台かを売却したことがありました。

    しかし、カードの年会費は引き落としなので、実感がありません。やめようと何度も思いながら、きっかけがつかめず、今に至っています。リゾートの年会費とカードの年会費等で、7桁に達しようというところです。

    resortboyさんのおっしゃる通り、引き落としをやめるのもいい選択肢だと思います。

  4. 皆さん、こんばんは。年会費のことや、毎回の宿泊費用、交通費など、リゾート関連のコストのことは、考え出したらキリがないんですが、その意識なしに生きていくことはできないですよね。たまには戒めよう、ということで、毎年現金で年会費を支払うようにしています。

    ま、戒めたところで、何か改善された部分があるかというと、今のところそういうわけではないんですが(^_^;)

  5. 皆さん、こんにちは。
    我が家は平日利用が多くポイントがたまりやすいので、平日利用券に交換してなんとか年会費を軽減しています。
    宿泊費用や交通費はどこに旅行してもかかる経費ですので、そこは近隣のリゾートホテルと部屋の広さや施設のレベルとを比較して、納得の上利用しています。
    これからもオーナー重視でお得なプランを充実してほしいものです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here