インターコンチの会員プログラム

今回宿泊したヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのお部屋はこんな感じのツインルーム。スーペリアツインというこのホテルで最も一般的なツインルームで、広さは38平米。初期のエクシブでのスタンダードグレード程度の広さだ。

ラックレートはおよそ5万円だが、ネット上の格安サイトで予約すれば、平日は1万円台後半、休前日でも2万円台前半で宿泊できるだろう。僕は「Priority Club Rewards」というインターコンチネンタルホテルズグループが全世界で展開しているプログラムの会員なので、チェックイン時に会員証を見せたせいか、ぎりぎりの予約だったが20階と高層階にチェックインできた(このタイプの客室は8~25階)。

Priority Club

Priority Clubはよくあるホテルの顧客優遇プログラムだが、無料で獲得ポイントも無期限なので、是非入っておきたい。会員がホテル純正の予約システムを利用した場合には、「最低価格保証」がついていて、他のサイトで安い予約条件がある場合には、それを提示するとさらに値引きしてくれるという制度がある(僕は使ったことはありませんが)。

Priority Clubには利用状況に応じてステータスがあり、ヒラ会員のほかに、ゴールド会員、プラチナ会員とある。僕のようなヒラの会員でもレイトチェックアウトの特典が利用できるのはうれしいところ。今回もこれを利用して、週末であったが、追加料金なしで13時のチェックアウトが可能であった(最大で14時まで)。

Priority Clubにはさらに「InterContinental Ambassador」という有料の上位プログラムもある。リゾート会員権を買うようなホテルフリークの方には、これは知っておいた方がいいかもしれない。日本語での案内ページはないから、日本で加入している人は非常に少ないと思われる(僕も未加入である)。

入会に150ドル、年度更新に100ドルかかるのだが、特典がかなり大きくて魅力的だ。空室がある限りお部屋の無料アップグレードが保証されており、ウェルカムフルーツにチョコレートなどのギフトが付き、有料の映画(Pay TV)や新聞も無料で、それに年に1泊の無料宿泊券(全世界のInterContinental Hotels Groupで利用可能。週末に2泊すると1泊無料、というのが条件)がもらえる。

もっぱら2人で利用するなら、リゾート会員権なんかよりも、InterContinental Ambassadorの方がよっぽど得に思える。 これまで日本では対象ホテルが少なくてメリットが少なかったのだが、これからはぐっと利用の幅が広がりそうだ。この4月から2009年にかけて、全国でANAブランドとして営業している13ホテルが、すべてInterContinental Hotels Groupのいずれかのブランドとしてリニューアルすることが決まっており、Priority ClubやInterContinental Ambassadorが利用できるようになる(はず)であるからである。

すでに溜池の全日空ホテルは「ANAインターコンチネンタルホテル東京」になったし、ストリングスホテル東京は「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」に、万座ビーチホテル&リゾートは「インターコンチネンタル万座ビーチリゾート」になるのである。

このように、インターコンチの顧客囲い込みはかなり魅力的で研究に値するように思う。興味のある人はコメントしてください。僕も分かる範囲でお答えしたいと思います。

3 comments

  1. すごーい!

    どうして resotboyさんは、こんなに情報通なのでしょうか???

    えーと、なにかと後手後手の私は、以前とっておきの情報として教えていただいた「大人の休息」倶楽部の申込はしていたものの、お金の振込みを忘れてて、今週やっと10万円を送金したところでございます!
     ( エクシブさん! エクシブ離れはいよいよ始まりますよ~)

    チケットがついたら、9月の伊豆今井浜と12月の蓼科(雪ふってくれるかな~)とかを、上手に使ってみようと思っています。(いつも素敵な情報をありがとうございます)。

    ところで、我家のマイルは、一応ANA なので、ANAブランドが増えるのは、なんだか嬉しいな~ エクシブが無くって、必ず飛行機を使う沖縄とか北海道に、ANAマイルも溜まる素敵なホテルがあるといいな~ 

    とくに、のんきなお父様がお勧めの「北海道の大沼」とかの近くにないかな~(北海道の大沼はとても美しいところらしいのです。)。

    なんだかちっとも、まとまらない文章になってしまいました。ごめんなさい。

  2. るるるさん、こんにちは。ご家族3人でいらっしゃると、ツイン+添い寝とか、ツイン+エキストラベッドで対応できるので、利用できるホテルの幅が広くていいですね。

    ちなみにPriority Clubのポイント(PCRポイント)は、ANAのマイルに移行することができますし、そもそもANAマイルを貯めるように設定することもできます。くわしくはこちらを。

    IHG ANA ホテルズ/Priority Club Rewards・PCRのご案内

    むむ、4月から1年間はボーナスマイルが200マイル付くみたいですね。これは知らなかった。今回は普通にPCRポイントで貯めちゃったので、200マイル損したなぁ…(苦笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です