「お魚くわえたドラ猫」の撮影術

エクシブ初島クラブに向かう送迎バスを港で待つ間に、ついにその姿に遭遇した。反射的にサザエさんのテーマがアタマの中で鳴り響き、カメラを構えてシャッターを切った。もう少しマシな構図も取りたかったが、近くにいたエクシブのお姉さんがケータイを構えて脱兎のごとく猫を追いかけていったので、ぴゅーっと逃げていってしまい、この1枚しかシャッターを切れていない。

でも、ついに見ちゃいましたよ、ナマの「お魚くわえたドラ猫」。なんだかとてもうれしいですね。

ちなみに、こういう写真を取れるかどうかは、腕というよりはカメラによる。オートフォーカスのモードしかない普通のデジタルカメラだと、猫の動く早さに合焦速度が間に合わずに、シャッターチャンスを逃してしまうか、無理やりシャッターを切ったピンボケ写真になってしまうと思う。

マニュアルで「パンフォーカス」(画面の全体にピントが合っている状態)になるように設定できれば、ピントを合わせなくても、ただシャッターを切ればいいので、こんな写真も自在に撮れるようになる。

つまり、単にシャッターを切ればいい「写ルンです」と同じ状態にカメラを設定できるか、ということだ。ケータイのカメラにはピント合わせがないものが多いので、エクシブのお姉さんは意外とうまく撮影できたのかもしれない。

僕の愛用機にはピント位置を2.5mに固定するモードがあるので、とっても便利。「ピントを合わせをしない」っていうのが、タイムリーな撮影の1つの極意なのだ。

Camera: Ricoh Caplio GX
Exposure: 0.001 sec (1/710)
Aperture: f/4.7
ISO Speed: 64

5 comments

  1. >近くにいたエクシブのお姉さんがケータイを構えて脱兎のごとく猫を追いかけて

    その方は裸足でしたでしょうか?

    「初島には、猫が多いなあ」 上陸する度に思っていました。
    なんだか、のんびりした顔つきのネコたちですよね。

  2. そういえば先日、初島で子供と一緒に釣りをした時の事
    なかなか釣れなかったのですが、ようやく大きなベラが掛かりました。
    と、その時に子猫が一匹、タタタっと駆け寄ってきたものですから
    つい糸を持って目の前にぶら下げてみたたところ、「シタッ!!!」と
    凄い勢いで両手と口を使って魚に飛び付かれてしまい、
    暫し猫と私との綱引きが・・・。
    とうとう魚は猫に持っていかれてしまいました(なんと船着場に付いているタイヤの中に入って食べてました)が、幸運にも針が外れて一安心でした。
    教訓・野生?の猫に魚を見せびらかしてはいけません。(笑)

  3. 猫の撮影は本当に難しいです。(泣)
    我が家のブログも 結局寝ている猫の写真ばかりです。(最近は猫よりも殆どリゾートクラブの写真ですが)
    resortboyさんに本格的に撮影術を習いたいですね。(^o^)

  4. 皆さん、こんばんは。

    エクシブのお姉さんが裸足だったかどうかは見忘れました。そこまでチェックしてワンセットでしたね(笑)。

    ギャバさんはとても面白い体験をされたのですね~。初島のネコは狩猟能力が高いのでしょうか。

    お部屋の中でネコを撮るのはとても難しいでしょうね。本文に書いたパンフォーカスの技を使うとすると、どうしても絞りを絞るので、室内だとシャッタースピードが遅くなって被写体ブレが起こってしまいます。ま、一眼レフで練習するのが一番なのでしょうが、気軽さがなくてどうしても好きになれません。

  5. お魚くわえた猫ちゃん。。。実際に目にする機会はほとんど無いですよね。
    でも猫ちゃんは生きるのに必死なのです。
    初島では島の人々が猫を餓死させる運動をしています。
    知ってください。そして助けてあげてください。
    みんなが必死に今守ろうとしています。

    http://www.geocities.jp/inuneko_hl/urgent/hatushima.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です