コロナウイルス感染症の大騒ぎのなか、ひっそりと例の「インターナショナル会員権」が発表されていました。リゾートトラストが保有するハワイの高級ホテル(会員制ではない一般ホテル)「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」の宿泊権利をまとめ売りするもので、正式名称は「THE KAHALA CLUB HAWAII – ザ・カハラ クラブ ハワイ」です。みなさんそれどころではないと思いますが、大事なことなので速報します。

公式サイトは以下です。

(公式)THE KAHALA CLUB HAWAII – ザ・カハラ クラブ ハワイ

会員権の内容は、ハワイ州オアフ島の「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」に、年間4泊で10年間、計40泊分利用する権利を、会員権という名目で、まとめ売りするというものです。

お部屋の眺望によって2種類のバリエーションがあり、「シーニックプラン」が292万円(税込)、「オーシャンプラン」が398万円(税込)です。単純計算すると、シーニックで1泊1室7.3万、オーシャンで9.95万円となります。

なお、一般ホテルなので当たり前ですが、権利泊数超過の場合も、追加料金にて利用が可能です。また、シーニックプラン契約で、オーシャンビューのお部屋を希望する場合も、やはり追加料金で利用できます。

宿泊対象除外日は12/25~1/3、4/28~5/5、8/10~16。ただし、これらの期間内でも、希望日の1カ月前に空室があれば予約可能となっています。

利用人数については現在のところ詳細不明ですが、カハラの場合、客室は通常1室につき2名までで、各部屋の最大収容人数は大人(13歳以上)3名、もしくは大人2名+子ども(12歳以下)2名です。

第一期販売は1,350口で、リゾートトラストグループ会員限定で販売されます。個人会員は契約者本人と2親等以内の親族3名(計4名)まで登録できる一方、法人会員の登録は法人代表者だけです。

年会費の記載はありません。

むむ、これは一体なんなのでしょうか。

これまでのリゾート会員権とはまったく性質が異なるもので、単なる10年分の前売りであることに驚かされます。登記などもちろんないでしょうし、ホテル側の追加投資も特になさそうです。

会員の特典は上記サイトに明記されていますが、One Harmonyなどのカハラが用意する既存の会員プラン(会員権ではないいわゆるロイヤルティプログラム)を通じて予約するのと、違いが明確でないように感じました(余裕が出たら検証してみます)。

(One Harmony公式)One Harmony(オークラ ニッコー ホテルズ 会員プログラム)のザ・カハラ・ホテル&リゾートにおける特典

(One Harmony特典利用が可能な一般予約の例)$395 Best Available Rate | The Kahala Hotel & Resort

この会員権をリゾートトラストがどうやって会計処理するのかわかりませんが、一定額を入会金として即時に売上に立てて、後は宿泊料の前受金として負債計上するのかなと想像します。

無から有を生み出している感じがして、こうした商品を売り出せる業界トップの立場というものはなかなかにすごいものだなと、改めて同社の営業力の強さに感嘆しました。

なお、冒頭の写真はお台場のグランドニッコーです(すみません)。お台場では、よくハワイフェア的なものが開催されています。

(参考)今年で18年目!昨年10日間で約57万人の動員を記録したGW最大のハワイアンイベント!『お台場ハワイ・フェスティバル 2020』開催決定!|森ビル株式会社のプレスリリース

10 コメント

  1. 公式サイト一番下にリンクがある「貸金決済法に基づく表示」を読むと、これは会員権というより40泊分の前売り宿泊券のようですね。

    個人的にはあまり魅力を感じませんが、10年分の宿泊費を固定できる(それも日本円で)という点に魅力を感じる人もいるかもしれません。
    一種の先物取引ですね。

    会計処理としては、権利の前倒し利用も可能とのことですので、販売額を40等分して権利利用時に利用泊数分を売上計上だと思います。
    この場合、販売時の処理は全額負債計上です。
    公式サイトに詳細説明がないので、私の想像と異なる性質の商品である可能性は否定できません。

  2. この会社は、自転車操業になってるから前売りをしないと大変なことになるからね!
    会員制のほうでも、とてつもなく暇になってたりとかで!ホテルとしては、好きですけどね、特にエクシブ琵琶湖が!ラウンジが素敵でね!

  3. resortboyさん、皆さんこんにちは。
    自分にも募集解禁当日に営業さんから電話がありました。
    オーシャンプランが450口、シーニックプランが900口で、25日から募集オープンになったらしいですが、不思議なことに事前の募集?でオーシャンは完売したとのことで、オーシャンはキャンセル待ちの状態らしいです。
    翌年以降の分の先取り出来ますが、今年使わなかかったらその4泊分は権利消失するそうです。
    1部屋は2名+エキストラベッドを使って3名までで、家族4名なら2部屋使用になるので毎年2泊ずつか、翌年以降から宿泊権利を持って来るかです。
    極端な話、今年40泊して権利をすべて使えば、来年以降の9年間は、日本語対応コンシェルジュとレストラン・スパ30%オフのみ使えるらしいです。
    自分は仕事の関係で、使えない期間しか連休がとれないので興味はありませんでしたが、いつでもハワイに行けてお金に余裕のある人にはいいんじゃないでしょうか。

  4. 皆さん、情報をありがとうございます。僕の記事の不足な部分を補足いただいて感謝です。

    公式サイトに「貸金決済法に基づく表示」PDFへのリンクがあるのは気付いていませんでした。この商品の本質は、以下のページで説明されるようなものの仲間、ということなのですね。

    具体的には、商品券やカタログギフト券、磁気型やIC型のプリペイドカード、インターネット上で使えるプリペイドカード等がこれにあたります。

    via: 一般社団法人日本資金決済業協会|前払式支払手段発行業の概要

    そのPDFには「本会員権」と明記されているので、会員権と表示することに問題はないということなのだと思いますが、それが契約書や利用規程などでどのようなものと定義されているかは、研究の素材として興味深いものがあります。特に、「資金決済に関する法律に基づき払戻しが認められる場合を除き、購入後の払戻しはできません」とあるので、権利の譲渡などもできないとも読めます。果たしてそれは会員権と呼ぶべきものなのか、という疑問があります。

    ところで、カハラは、10月の勉強会でmichiさんにご講義いただいた「LHW」に属していますね。すっかりチェックから漏れていたので(iPreferは気付いていて無視しました)、以下、簡単に補足します。

    ハワイには、LHW加盟ホテルが、カハラのほかに、ハレクラニがあります。年会費175米ドルで客室アップグレードや毎日2名の朝食、アーリーチェックインおよびレイトチェックアウトなどの特典が得られるので、このリゾートトラストの「インターナショナル会員権」を購入検討されている方には、LHWとの比較も必要ですね。

    (ベネフィット)リーダーズクラブ・ステータス比較〜 The Leading Hotels of the World
    (LHW加盟のハワイ施設)Available Luxury Hotels in Hawaii : The Leading Hotels of the World

  5. 営業さんから連絡がありました。
    オーシャンは、完売でめちゃ好評なんですって営業トークでした。
    冷静に考えるとカハラの稼働率が悪いから作った会員権かなと思い購入していません。
    翌年に繰り越せず、先に使うのは可能と言われたので、40泊ハワイに行くきっかけになりそうですね(笑)

  6. オーシャンの398万円が会員権としての正式発表前に450口完売とは、びっくりですね。すでに現金収入が18億近くあったということですか…。

    32室の軽井沢パセオの総工費が26億でしたから、小さなホテルなら新規で建ってしまうほどの金額規模です。単なる前売券なので売上高には寄与しませんが、キャッシュフロー、資金繰り改善には大きく貢献したのではないでしょうか。

  7. オーシャンで何度も話がきてますが、とりあえず仮契約してからキャンセルをする人が多いみたいです。
    営業さんが仮契約だけでもしてくれれば自分の顔がたつからとお願いされます。
    キャンセルされてるところを見ると、皆様がそれほど魅力的な話ではないと思ってらっしゃるのだと思います。
    ダイナースでもカハラ専用のコンシェルジュがありますし、やはり冷静に考えるといらないかな(笑)

  8. マークさん、情報をありがとうございます。仮契約ということは期末に向かって売上を上げたい、押し込みたい、ということなんでしょうかね?

    昨日、リゾートトラスト社の業績の下方修正が発表されていましたが、しばらくは会員権を購入するような富裕層が明るいマインドになることは難しそうですね。株式市場の暴落で、かなりの方の資産が毀損しているのではないでしょうか。

    マークさんにご紹介いただいた、ダイナースのカハラ(オアフ)における特典を調べてみました。

    ダイナースクラブ会員様優待
    ■お部屋のアップグレード
    ■3連泊以上でUS$100.00分のHoku’sクレジットのご提供(1室あたり)

    ザ・カハラ・ホテル&リゾート | ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

  9. クレジットカード保有者限定のため先のコメントには書きませんでしたが、ダイナースの話題が出たので補足させていただきます。
    The Diners Club Hotel Collectionで、以下のような特典があります。

    ■プルメリアビーチハウスでのコンチネンタルブレックファスト(2名分)
    ■ホクズでの$100USDクレジット
    ■ウェルカムアメニティ
    ■ルームアップグレード(1カテゴリー)
    ■アーリーチェックイン
    ■レイトチェックアウト

    アップグレード以下は確約ではなく、空室状況によります。

    似たような特典はアメックスにもありますが、プラチナカード以上が必要なのに対し、ダイナースのこの特典はノーマルカードでも利用可能です。

  10. michiさんに教えていただいたダイナースの特典はなかなかすごいですね。

    Hotel Collection

    そのカハラですが、現在は営業が停止されています。インターナショナル会員権は発表できるのかな…。

    The Kahala Hotel & Resort Suspends Operations | The Kahala Hotel & Resort

    2020年3月24日から2020年4月30日まで休館、今のところ5月1日から再開の予定。
    婚礼や披露宴は2020年5月31日まで休止で、今のところ6月1日より再開の予定。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here