エクシブ&コメダ

僕がはじめてコメダ珈琲店の存在を知ったのは2006年のこと。当時、東京では知る人ぞ知る存在だったが、今や首都圏にも数多く出店するポピュラーなコーヒーチェーンとなり、エクシブに向かう道中にも見かけるようになった。

僕がエクシブに出かけるのはもはや繁忙期に限られるので、アクセスには渋滞がつきものだ。したがって早出や遅発といったタイムシフトが求められるのだが、そんな時にコメダは使い勝手がいい。ゴールデンウイークの山中湖行きでも利用したのでその様子を紹介しよう。

エクシブ山中湖と組み合わせる場合、選択肢は2つ。東名を御殿場インターで降りて御殿場店を利用するか、大井松田で降りて大井松田店を使うかだ。御殿場店は2013年に、大井松田店は2014年のオープンなのでどちらもまだピカピカである。

今回は大井松田店を利用した。開店は7時なので、できるだけ早く行って渋滞を回避し、コメダで軽い朝食を採る。お目当ては無料のモーニングサービスだ。

ドリンク類にトーストとゆで卵が付いてくるモーニングサービスは11時まで。バターの代りのジャムは無料。名古屋風にするには110円で小倉あんを追加するといい。

写真はノーマル状態だが(3片が1人前で、写真は4人分)、トーストの厚みを半分にする「薄切り」や、焼き目の濃淡(「薄焼き」or「よく焼き」)、耳を落とす「耳切り」など、さまざまなオプションがある(特に聞かれないので、知らないと注文できない)。

長居が基本の店だから、2~3時間いても何の問題もない。郊外店の場合、ボックス席が主だから書類を広げたり勉強したりするのに向いている。

長居の間に小腹が減ったら、メニューを追加して楽しもう。こちらは最も人気のある「シロノワール」。温かいデニッシュパンの上に冷たいソフトクリームが乗り、シロップで味に変化を付けるという、ジャンクな一品。これだけでカツカレーくらいのカロリーがあるので、4人で分けるとちょうどいい。

「シロ」と言って頼むのが通らしいのだけれど、さすがに恥ずかしくて言えませんでした。伝票には「シロ」とあって、ああやっぱりシロで通じるんだ、と思った次第。

こんなに食えねぇよ、という向きのために小サイズの「ミニシロノワール」もあるのだが、こちらは「ミニシロ」で通じる模様(笑)。

こんな風に午前中をやり過ごしてエクシブに移動だ。早めにチェックインしてランチを取りながらお部屋の準備を待っていれば、優先的にお部屋を準備してくれるだろうから、14時を過ぎればベッドで昼寝もOKでしょう(もちろん正規の時間は15時ですので、あくまで期待値ね)。

ちなみにこの方法はエクシブ蓼科でも使えて、諏訪ICの近くに諏訪店があります。ですが、そこまで朝食を我慢するのが耐えられないので、僕はやったことがありません。

4 comments

  1. 本日の朝食は名古屋で シロ でした。モーニングはどうされますか、と聞かれましたが断ってよかったです。
    朝っぱらから満腹でした。一人で頼むときは ミニシロ で十分ですね。

  2. 名古屋では、当たり前のモーニング。コーヒーになんにもつかない時間は、名古屋人は喫茶店にいきません(笑)
    お昼2時までモーニングオッケーのおみせもありますょ。

  3. コメダの夏メニュー、ふわふわ食感のかき氷、超オススメです。
    (注、山盛りなので2人位でシェアして下さい。)
    1杯500円なので、2人で食べれば1人250円と格安です。
    たくさんある雑誌、新聞紙を見ながらクーラーの効いたコメダでのかき氷は、わが家の夏の定番です。

  4. ひっさしぶりに近所のコメダに行ったら、値上げしてたんですね。
    (値上げは4月からだそうだから、どんだけ行ってないんだ)
    コーヒー380円→420円
    シロ590円→600円
    ハンバーグサンド380円→450円!

    結構なショックを受けて、これまた久しぶりのリンガーハットに行ってみたら、こちらも
    野菜たっぷりちゃんぽん680円→730円(税抜)
    と値上げ。

    エクシブもこの時流に乗っかっちゃったんですかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。